【悲報】戦車、ガチで役に立たない アルメニア軍の戦車、アゼルバイジャン軍のドローンに一瞬で撃破される 嫌儲 Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー アゼルバイジャンは軍事衝突が勃発した9月下旬から 無人攻撃機を投入し、ナゴルノカラバフ南部を奪還。 アルメニアが配備したロシア製の地対空ミサイル「S300」や戦車を見つけだし、レーダー誘導弾で破壊している。 アルメニア軍やアゼルバイジャン軍がドローンをどのくらい保有しているのか正確な情報はありません。 偵察監視だけでなく、戦車などの目標に突っ込んでいく画像も見られ、それらは自ら爆薬を搭載して目標を攻撃する自爆型ドローンです。 アルメニアvsアゼルバイジャンではドローンの可能性とその限界が見えるな . ドローン攻撃による負傷者が最多だった。 1日100件もの応急手術に立ち合ったベテラン看護師によると「第一次戦争(92~94年)よりも負傷者の数は増え傷も深い」。 第一次世界大戦(1914~)で戦車が登場し、戦争のステージを変えた。 アゼルバイジャン軍による無人機戦術の「真打ち」として登場した強力な対空防御網を携えた重厚な戦車がドン…(2020年11月17日 6時10分0秒) 空対地ミサイルを2発搭載できるトルコ製の大型無人 … ☆ドローン戦争の時代が到来した. UhoNiceGuy, ”戦車って最新式の10式でも1台10億円。性能のいいドローンはその程度し、それ程安価ではない。数発打てば弾切れのドローンと違い、戦車は安価な砲弾を敵陣地にバラまける。役割が違う。ドローンの対抗馬は有人攻撃機” アゼルバイジャン側はアルメニア陣営の戦車160両以上を破壊もしくは損傷させたと発表しており、そのおもな手段はトルコ製の安価なドローンと戦場上空を飛行する徘徊型ミサイルだ。 【ナゴルノ紛争】アルメニア占領地、アゼルバイジャンに返還完了/戦車の終焉? ナゴルノ紛争でドローンが戦車を大量破壊 12月01日(火)23:50 51件 newsplus 643 ... 疾走する戦車が一瞬にして映像から消えて煙幕が残る 厚い装甲の戦車が一瞬に溶けて消えるイリュージョン映像かばかり アゼルバイジャンが保有する、トルコ製?イスラエル製?の攻撃用ドローンの有用性が高く、アルメニア軍の防空システムはドローン攻撃の前に破壊されたほか、Youtubeにアップされた動画では戦車は単なる棺桶と化しているなど、もはやワンサイドゲームだ。 アゼルバイジャン側はアルメニア陣営の戦車160両以上を破壊もしくは損傷させたと発表しており、そのおもな手段はトルコ製の安価なドローンと戦場上空を飛行する徘徊型ミサイルだ。 戦車の方も対ドローンにciwsみたいなん付いたり 16 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ 160d-hsDi) 2020/09/29(火) 02:01:16.35 ID:4equArCs0 停戦合意に基づきアルメニア占領地、アゼルバイジャンに返還完了…ナゴルノ紛争でドローンが戦車を大量破壊! 投稿日 2020年12月2日 22:46:30 (未分類) だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン 42 :2020/09/28(月) 21:59:03.27 ID:HAtmjgbSM.net ドローンなら落とされても誰も怪我しないしな こっちだけ生き死に賭けてるのに相手はテレビゲーム感覚や 43 :2020/09/28(月) 21:59:04.62 ID:cBK9Pb6W0.net もう戦車とかいらないな ドローンばっかり注目している人が多いと思うが. アゼルバイジャン側はアルメニア陣営の戦車160両以上を破壊もしくは損傷させたと発表しており、 そのおもな手段はトルコ製の安価なドローンと戦場上空を飛行する徘徊型ミサイルだ。 今回の戦争で戦線を前進させる原動力となったのは戦車だと考えている (もちろんアルメニア軍の戦車を削った点でドローンは重要). ナゴルノ紛争は現代戦闘の見本市 ドローン駆使、動画でプロパガンダ流布 特に目立ったのが、アゼルバイジャンのドローン戦術の巧みさで、アルメニア側の防空網を早期に無力化。専門家は「今後の局地的紛争の在り方を世界に示唆した」と分析している。 アゼルバイジャン軍は本来ならnato側なのに、トルコが後ろ楯となるとどうにも敵側のように感じてしまいますね。もはやトルコ陣営として分離して考えるべきなのでしょう。 ドローンは日本やイギリスなど島国攻略にはハードルが高いのは事実です。 ヘリコプターや戦車、無人機などの被害も確認されている。 アゼルバイジャンの友好国であるトルコは同国への支援を表明し、アルメニアを非難。一方、アルメニアの後ろ盾で、アゼルバイジャンにも影響力を持つロシアは双方に自制を求めた。 アゼルバイジャンの陸軍は弱いと言われていて. アルメニア軍やアゼルバイジャン軍がドローンをどのくらい保有しているのか正確な情報はありません。偵察監視だけでなく、戦車などの目標に突っ込んでいく画像も見られ、それらは自ら爆薬を搭載して目標を攻撃する自爆型ドローンです。 ナゴルノカラバフ紛争でドローンが戦車を大量破壊 - NewSphere; アゼルバイジャンとアルメニアの衝突 従来の戦場を覆す「無人機」の衝撃 livedoor - news.livedoor.comアゼルバイジャンとアルメニアの衝突 従来の戦場を覆す「無人機」の衝撃 - livedoor