今回はエクセル(Excel)で「ある文字列がセルに含まれる場合」「含まれない場合」で表示内容を変える方法をご紹介します。 数式 =IF(COUNTIF(セルの座標,”*文字列*”),文字列を含む場合の表示内容、含まない場合の表示内容) 解説と例 if関数の場合の使用例です。 数値文字列とは「表示形式が文字列に設定された数値」のことです。「表示形式」が文字列になっただけで「実態」は数値。だから表面上は文字列でもmax関数が使えたのです。 ところが、この数値文字列。 条件式の例. if関数の場合の使用例です。 『4月スタート』★残業少な目/平日1日+日祝休み★【不動産関連×受付事務】@中区中心部! 『2月スタート』★扶養内/期間限定/平日1日+日祝休み★【不動産関連×ラウンダー】@中区中心部! ExcelのIF関数で条件に応じて結果の数値を色分けする方法IF関数といえば、数値を比較するときに使うことも多いかと思います。その際、例えば100点以上なら黒字、80点以下なら赤字など、結果の数値が色分けできれば、データもより見やすくなりますよね。 エクセルのIF関数使い師になれるかどうか、IF関数徹底攻略でExcelの使い方をみがくのです。エクセルが好きになるかどうかの分かれ道がIF関数。もしこの条件が成立するならA、そうでない時はBにする!条件に合うかどうかで結果をコントロールできるのがIF関数です。 範囲内の数値や文字列の出現回数 関数技12-2回. 『1月スタート』★土日祝休み/残業少なめ★【大手通信本社×インストラクター】@中区中心部, Office 全般のスペシャリスト。ユーザー向けトレーニングの実施や書籍執筆、オンライン記事の執筆、インターネット授業などを行っている。, B 列のほかのセルに数式 (セル) をコピーし、不要な作業セルを削除すれば作業終了です。. 文言、データ等の比較ツールが世に出回っていますが、開発者以外は使い方がわからない人が多いかと思います。 また、1行を比較するには目視でも事足りるかと思いますが、数十、数百行あると、大変ですよね。 そこで、簡単文字列比較ツールをexcelで自分用に作る方法を紹介します。 仕事に活用できるOfficeの使い方をご紹介。 まずは、一番単純なパターンです。 たとえば、A2セルに「新宿」と入力されていれば「○」、それ以外の場合には「×」と表示させるには、次のような数式を入力します。 「新宿」のような「文字列の条件」を入力するときには、周りをダブルクォーテーション(「"」 Shift + 2)で囲います。 もし、セルの値が日付だったら、処理A、文字列だったら、処理B というぐあいで、 セルに含まれている情報の種類(データ型と呼びます)を判別したいときの方法を紹介します。 =IF (C5 <> "", "何か入っている", "何もなし") このIF関数を解説すると、 『C5 <> “”』 が判定式となり、『<>』は否定、『””』は空(未入力)をあらわします。. よねさんのWordとExcelの小部屋 » ; エクセル関数一覧表 » ; IF関数&IS関数. エクセルのif関数 文字列ではなく、セルを指定したい! if関数を、a3に入力します。 もしa1の値がマイナスであれば、a2の値をa3に表示。 そして もしa1の値がプラスであれば、そのa1の値をa3に表示。 これってどうすればいいでしょうか? 注: 引数に文字列を入力する場合は、二重引用符 (") で文字列を囲みます。 偽 (False) の値に、IF 関数の式を入力します。 [偽の場合] ボックスをクリックし、[関数] ボックスの一覧の右側の [ ] をクリックします。次に [IF] をクリックします。 IF関数とは?. ← この方法は「条件付き書式を使って特定の文字列のセルに色を付ける」で。 今回は、b 列と d 列にも書式を適用したいので、条件と一致するかどうかを判断するセルと、書式を適用したいセルが異なります。 セルが 1 つの場合を見てみましょう。 エクセルを使い慣れてくると、数式で計算させたり、その数式を縦(行方向)や横(列方向)にコピーして繰返し計算させることがよくあります。その際、列や行の条件によって、計算式を変えたいことはありますね。if関数を使うことで、条件により処理・計算式 文字列が全て一致している場合にtrueとなります。 方法は単純に"(ダブルコーテーション)で囲んだ文字列同士を=で挿んだ数式を作ります。 =文字列1 = 文字列2. 文字列:カーソルがある状態で、名前ボックスからsubstitute関数をネストします。 ネストした引数画面に、次のように入力します。 文字列:携帯電話番号が入力されたセル(k2) 検索文字列:置換したいハイフンの文字("-") Copyright © 2020 経理・会計事務所向けエクセルスピードアップ講座 All Rights Reserved. 関連ワザ. Excelに「01」など、0から始める数字を入力すると0が表示されなかったり、セルに数式を入れたにもかかわらず計算されなかったりして困った経験はありませんか。これらの現象が起きる原因は、Excelが数字の表示形式を自動変換するからです。この記事ではExcelの数値と文字列の違いや表示形 … エクセルでセルに指定の文字列が含まれるか判定したい時ってありますよね。 そんな時にはif関数ですが、条件式でワイルドカードを使うだけではうまくいきません。 エクセルで下記のような表を作りました。まず、「b列」でワイルドカードに対応した「countif」関数を使って、「a列」から該当する文字列の個数を数えます。 「かれん」は該当する文字列なので、「countif」関数の結果が「1」になっています。 【注意】ISBLANK関数で空白の判定ができない例. 数字や文字列以外にも、「もしセルが 空白 の場合は~」といった条件にも対応できます。 IF 【 イフ 】 ( 文字列, 文字数 ) 論理式を満たす場合は真の場合、満たさない場合は偽の場合を返す IF関数の使用例. 文言、データ等の比較ツールが世に出回っていますが、開発者以外は使い方がわからない人が多いかと思います。 また、1行を比較するには目視でも事足りるかと思いますが、数十、数百行あると、大変ですよね。 そこで、簡単文字列比較ツールをexcelで自分用に作る方法を紹介します。 表計算の機能を駆使するにあたって、空白セルの取り扱いを面倒に思う方も多いかと思います。でも、実は、ちょっと手を加えるだけでとっても便利に使えるのです。今回は、エクセルが便利になる空白文字列の使い方をご紹介します。 Excelで「&」や関数を使って文字列を結合する方法をご紹介します。複数のセルに入力されている文字列を結合して1つのセルに表示することができます。応用編として文字列結合時に空白や区切り文字などを挿入する方法もご説明しています。 表計算の機能を駆使するにあたって、空白セルの取り扱いを面倒に思う方も多いかと思います。でも、実は、ちょっと手を加えるだけでとっても便利に使えるのです。今回は、エクセルが便利になる空白文字列の使い方をご紹介します。 エクセルの if関数 では「もし~なら〇〇、そうでなければ××」のように、セルの値を条件分岐で変化させることができます。 『80点以上なら “合格” そうでなければ “不合格” 』 みたいに。. COUNTIF関数は、「COUNT」と「IF」という文字列が使われていることからもわかるとおり、 条件に当てはまるセルの数をカウントする関数です 。C 文字列が範囲内にあるか、countif関数. ISBLANK関数を使って空白の判定をすると、下記のようにOR関数と組み合わせて使います。. エクセルの istext 関数の使い方を紹介します。istext 関数はセルの値が文字列か判定します。文字列なら true を返します。if 関数と組み合わせて、セルが文字列のときだけ処理できます。 IF(イフ)関数は、論理式の結果(真また偽)に応じて、指定された値を返します。. b 列に、「=if(countif(チェックしたいセル , チェックしたい文字列) , "該当" , "")」となるように数式を作成します。 たとえば下図の場合は、「=if(countif(a2 , "*a*") , "該当" , "")」という数式を作成しています。 下線の部分が if 関数で処理を分岐するためにチェックを行う論理式です。 IF関数の使用結果. IF関数に複数条件を指定する基本的な使い方です。文字列には「”」(ダブルクォーテーション)で囲みます。 参加がB列に「○」「×」「△」で入力されています。C列に「○」だったら「参加」、「×」だったら「不参加」、「△」だったら「未定」を入力してみましょう。 C2に、IF関数の条件式を入力します。 C2 =IF(B2=”○”,”参加”,IF(B2=”×”,”不参加”,”未定”)) C2には、「参加」が入力されました。 C2の式を下にドラッグしましょう。 すると「○」は「参加」、「×」は「不参加」、「△」は「未定」が返さ … Microsoft Officeシリーズのエクセルは、代表的な表計算ソフトです。今回は、エクセル(Excel)を使った資料作成で絶対に押さえておきたい「IF関数」の使い方の基本から、上級者にステップアップするための応用Tipsを解説します。エクセルでIF関数を使うことで、条件に合致するデータの … そして、IF関数の内容を解説用としてE列に表示させています。. エクセルの if関数 では「もし~なら〇〇、そうでなければ××」のように、セルの値を条件分岐で変化させることができます。 『80点以上なら “合格” そうでなければ “不合格” 』 みたいに。. エクセルの if 関数の使い方を紹介します。if 関数は条件により処理を分けます。セルの値が空白なら何もしない、値が入っているときに計算したいときに使用します。if 関数を入れ子にして複数条件に対応で … 引数については下記の記事で図解入りで説明していますのでご確認ください。. すぐに役立つWordやExcel、PowerPointの基本操作やコツ、テクニックをお届けします。, A 列 ([項目] 列) のセルに「A」という文字列が含まれていたら、B 列 ([表示] 列) に「該当」という文字列を表示し、それ以外は空白を返す、としたいとします。A 列の値が数値なら、「~以上」 (>=) とか、「~以外」 (<>) というあいまいな条件を IF 関数の論理式の部分に直接かけるのですが、今回のように A 列の値が文字列の場合は、「A を含む」 (“*A*”) を書けないのです。(書けないというより、書いても正しく動作しない), まずは練習というか、確認というか。COUNTIF 関数で A 列のセルに「A」という文字が含まれているかどうかを作業セル (最終的に非表示にしたり削除したりするセル) でチェックしてみます。, 「=COUNTIF(チェックしたいセル , チェックしたい文字列)」となるように数式を作成します。たとえば下図の場合は、「=COUNTIF(A2 , "*A*")」という数式を作成しています。「A」が含まれていれば「1」が、含まれていなければ「0」が返ります。(厳密には、含まれているセルが 1 つ、含まれているセルが 0 ということだけれど), 前の手順で確認用に作った COUNTIF 関数の数式を IF 関数の論理式として使用します。B 列に、「=IF(COUNTIF(チェックしたいセル , チェックしたい文字列) , "該当" , "")」となるように数式を作成します。, 今回、“該当” とか空白とかの文字列を返すという単純な処理で記述した処理の部分は、実務ではもっと複雑かもしれません。IF 関数の第 2 引数や第 3 引数には、True / False の場合の “処理” を記述できるので、さらに関数が組み込まれているかも。文字列を返すなどの単純な数式でまずはやってみて、それから実務に対応させる数式になるように修正して育ててください。ポイントは、IF 関数の論理式には、文字列の場合は直接的にあいまい条件を指定できない、ということでしょうか。石田 かのこ, 中区中心部求人♪『1月スタート』紹介予定派遣!【大手通信本社×一般事務】土日祝休み&残業少なめ♪. 「 IF 関数 」と組み合わせて、セルが文字列のときだけ処理できます。 文字列以外か判定するには「 ISNONTEXT 関数 」を使用します。 数値か判定するには「 ISNUMBER 関数 」を使用します。 文字列、日付、数値などを識別したい|IsDate Isnumeric. countif関数は、条件にあったセルを数えることができます。 』 という判定になります。. もし、セルの値が日付だったら、処理A、文字列だったら、処理B というぐあいで、 セルに含まれている情報の種類(データ型と呼びます)を判別したいときの方法を紹介します。 ← この方法は「条件付き書式を使って特定の文字列のセルに色を付ける」で。 今回は、b 列と d 列にも書式を適用したいので、条件と一致するかどうかを判断するセルと、書式を適用したいセルが異なります。 セルが 1 つの場合を見てみましょう。 エクセルで下記のような表を作りました。まず、「b列」でワイルドカードに対応した「countif」関数を使って、「a列」から該当する文字列の個数を数えます。 「かれん」は該当する文字列なので、「countif」関数の結果が「1」になっています。 IF関数の書式は「=IF (論理式,値が真の場合, [値が偽の場合])」のように記述します。. ここではエクセルで「文字列の中の指定の文字を簡単に消す方法」を紹介します。 始めに「文字列の中の指定の文字を削除する」とはどういうことか確認し、次に「subtitute関数を使った方法」と「エクセルの置換機能を使った方法」の2種類を解説します。 D5には次の数式が入力されています。. つまり、『C5 <> “”』は 『C5のセルが空(未入力)でないか?. =IF( OR(COUNTIFS(A2,”*新宿*”)>0, COUNTIFS(A2,”*渋谷*”)>0, COUNTIFS(A2,”*品川*”)>0), “○”, “×”), =IF( AND( COUNTIFS(A2,”*新宿*”)>0, COUNTIFS(A2,”*西*”)>0), “○”, “×”), 【エクセル初心者】表の縦・横の項目を指定して値を検索する(INDEX、MATCH). Excelで数値を合計するSUM関数や、平均するAVERAGE関数などはよく使いますが、集計を行う以外の関数も活用していますか? Excelでは集計を行う以外にも、使いこなすと格段に作業効率が向上する関数が搭載されています。 今回は知っていると便利な2つの関数をご紹介します。 Excel(エクセル)のIF関数とAND関数を組み合わせれば、「複数の条件をすべて満たしているかどうか」で、セルの表示を変えることができ、IF関数とOR関数を組み合わせれば、「複数の条件のうち、どれか1つでも満たしていれば」セルの表示を変えることができます! 条件判定(IF関数)および複数条件を設定する時のAND関数、OR関数の使い方、セルや数式の状態を調べるIS関数の説明をしています。 WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". 数字や文字列以外にも、「もしセルが 空白 の場合は~」といった条件にも対応できます。 文字列の場合でワイルドカードが使えるのはsearch関数だけです。第2引数が数値の場合も文字列とみなされるので、エラーになりません。 検索文字列は原則として文字列のみであり、数値を指定した場合は文字列とみなされます。 数値文字列とは「表示形式が文字列に設定された数値」のことです。「表示形式」が文字列になっただけで「実態」は数値。だから表面上は文字列でもmax関数が使えたのです。 ところが、この数値文字列。 ExcelのIF関数の使い方|論理式の条件(IF文)によって処理を分岐. 文字列が全て一致している場合にtrueとなります。 方法は単純に"(ダブルコーテーション)で囲んだ文字列同士を=で挿んだ数式を作ります。 =文字列1 = 文字列2. IF関数&IS関数の使い方:Excel関数. ExcelのIF関数で条件に応じて結果の数値を色分けする方法IF関数といえば、数値を比較するときに使うことも多いかと思います。その際、例えば100点以上なら黒字、80点以下なら赤字など、結果の数値が色分けできれば、データもより見やすくなりますよね。 ExcelのIF関数を使ってセルが空白かどうかを調べる方法をご紹介します。数式が入っている請求書などで空白があるとエラーが表示される場合、空白を判定できるとエラー処理に便利です。空白以外のセルかどうかを調べる方法も説明しています。 「A2セルの中で内容が*新宿*であるセルの個数」を計算することになります。, 上で書いたcountifs関数には、2つ目の引数に「”*新宿*“」というように「*」マークが「新宿」の前後に出てきます。, この「*」マークは、「ワイルドカード」と呼ばれる文字の一種で、特殊な意味を持っています。, たとえば、「”新宿*“」というように、新宿の後ろだけに「*」(アスタリスク)マークをつけると次のようなものは、すべて「条件に合うもの」として判断されます。, 「”*新宿*“」というように、単語の前後に「*」を入れると、次のように判断されます。, ということになるので、結局「”*新宿*”」=「新宿を含む」という意味になるのです。, ワイルドカードという便利なものがあるのなら、それをif関数に使って、次のように数式を書きたいところです。, IF関数で上のような数式を書くと、「*」は「*」という文字として認識されてしまうのです。, 要するに、ワイルドカードを使うために、無理矢理COUNTIFS関数を使っているだけなのです。, たとえば、あるセルに「新宿」「渋谷」「品川」のどれかが入力されている場合のみ「〇」、それ以外のときは「×」と表示させるためには、次のようにOR関数を使った数式を入力します。, IF関数の中にOR関数の中に「複数のCOUNTIFS関数を入れた」数式を入れることで、処理ができます。, たとえば、あるセルに「新宿」「渋谷」「品川」のどれかが含まれている場合のみ「〇」、それ以外のときは「×」と表示させるためには、次のような数式を入力します。, 少し前に説明した《COUNTIFS関数にワイルドカード「*」を使った条件》をOR関数でつなぐことで、「いずれかの文字を含む」という条件を表現しています。, IF関数の中に、AND関数の中に「複数のCOUNTIFS関数を入れた」数式を入れることで、処理ができます。, たとえば、あるセルに「新宿」「西」の両方が含まれている場合のみ「〇」、それ以外のときは「×」と表示させるためには、次のような数式を入力します。, 少し前に説明した《COUNTIFS関数にワイルドカード「*」を使った条件》をAND関数でつなぐことで、「すべての文字を含む」という条件を表現しています。, 「経理事務のためのエクセル基礎講座(初級編)」(動画マニュアル 総収録時間162分)を無料プレゼント中です!, このマニュアルで解説していることを一通り学べば、経理事務を行う上で最低限必要となる知識が得られます。, ご登録者の方には、合わせて、公認会計士が実体験を通して身に付けたエクセルを使う技をメールにてお伝えしていきます!, ※ご登録頂いたメールアドレスに、エクセルを使いこなすための情報を配信するメールセミナー「エクセル倍速講座」も合わせて配信させていただきます。. 経理・会計業務を行っている方向けに、エクセルでの作業を劇的に速く、効率化する方法をお伝えします。, このページでは、if関数を使って「指定した文字列が含まれているか」を調べる方法を紹介します。, たとえば、A2セルに「新宿」と入力されていれば「○」、それ以外の場合には「×」と表示させるには、次のような数式を入力します。, 「新宿」のような「文字列の条件」を入力するときには、周りをダブルクォーテーション(「"」 Shift + 2)で囲います。, 単に「A2="新宿"」という条件を入力すると、セルA2に「新宿」と入力されている場合のみ「〇」となります。, 逆に言うと、「新宿」という文字が入力されているが、他の文字も入力されている場合には、「×」と表示されてしまいます。, たとえば、A1セルに「新宿」という文字が含まれていれば「○」、それ以外の場合には「×」と表示させるには、次のような数式を入力します。, if関数の最初の引数が「 COUNTIFS(A2,”*新宿*”)>0 」というようにかなり複雑になっています。, A2セルに「新宿」という文字が含まれていなければ「0」、含まれていれば「1」になるのですから、, countifs関数は、1つ目の引数で指定した範囲のうちで、2つ目の引数で指定した内容のセルが何個あるかを数える関数です。, という数式であれば、「B2~B6セルの中で内容が出であるセルの個数」を計算することになります。, 1つめの引数が「1つのセル」しか指していないので、違和感を感じるかもしれませんが、考え方は先ほどの数式と一緒です。, さきほどの数式と同じように考えて、 数値は書式設定された文字列に変換されます、その計算結果は数値としては計算に利用できなくなります。 text関数では表示形式を引数に使います。 なお、「セルの表示形式」で表示を変更するとセルの表示が変わるだけで、文字列には変換されません。 文字列、日付、数値などを識別したい|IsDate Isnumeric. E8セルの例:=IF (OR (ISBLANK (C8),ISBLANK (D8)),"",D8/C8*100) 式の意味は「もし、C8が空白であるか または D8が空白であったら、「""」 (空白)を表示しなさい、そうでなかったらD8/C8*100の結果を表示しなさい」となります。.