米シカゴ大学のリチャード・セイラー教授がノーベル経済学賞(ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞)を受賞した。同教授をはじめとする「行動経済学者」たちは、心理学と意思決定理論、経済学、社会学を融合させ、世界に対する私たちの見方を変える重要 ノーベル経済学賞2013年解題 ファーマ、ハンセン、シラー教授の資産価格の実証分析への貢献 祝迫得夫(一橋大学経済研究所)∗ 平成26 年1 月27 日 要旨 本稿では、2013年のノーベル経済学賞を受賞した三人の研究者、ファーマ(Eugne F. Fama)、シ 今年のノーベル経済学賞を受賞した米エール大学のロバート・シラー教授は、1日付の独週刊紙シュピーゲルで、米株式市場やブラジルの不動産市場などの価格高騰に懸念を示した。 シラー教授がThe New York Timesへの寄稿で、市場クラッシュのレシピを解説している。 教授が2013年ノーベル経済学賞に輝いたのは資産価格の実証研究によるもの。 そこにセイラー氏が加わり、われわれ行動経済学者はノーベル賞受賞経済学者全体の約6%を占めることになった。 だが、経済学者の多くはいまだに心理学を退け、「合理的経済人」を前提として人間行動を数理的にモデル化するのが最善の方法と信じている。 "豪邸"は大いなる無駄遣いだと、ノーベル経済学賞を受賞したイエール大学のロバート・シラー教授はウォール・ストリート・ジャーナルに語った。テクノロジーの普遍性がわたしたちの"豪邸"に対するニーズに取って代わったとシラー教授は指摘し、一般的に 資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、ナラティブ経済学の必要性を語っている。この主張、単なる新著のprをはるかに超え、壮大な野望なのかもしれない。 ノーベル経済学賞受賞者である米エール大学のロバート・シラー 教授は仮想通貨ビットコインについて、 米国で地域によって人気が分かれる社会的な動きだと指摘した。 シラーperとは 株価の割高・割安を測る指標の一つで、 長期的な純利益(過去10年間)にインフレ率を調整して計算したper(株価収益率)です。 ノーベル経済学賞受賞者のロバート・シラー教授が考案しました。 シラーperの計算式: 現代外国人名録2016 - ロバート・J. 朝日新聞掲載「キーワード」 - 今年のノーベル経済学賞の用語解説 - エール大学のシラー教授、シカゴ大学のユージン・フゼマ教授とラース・ハンセン教授の3人が共同で受賞した。「株式や債券などの価格の短期予測は難しいが、長期的な方向性は予測できることを示した」という理由だった。 ノーベル経済学賞受賞者であるボブ・シラー教授が今週Bloombergに出演し 、「ナラティブ経済学」について議論した。 「ナラティブ経済学」とは、いかに報道や関連した一連の経済的出来事が人々の心理に影響し、不合理な判断をするようになるかというもの。 シラーの用語解説 - 職業・肩書経済学者 エール大学経済学部教授国籍米国生年月日1946年3月29日出生地ミシガン州デトロイト本名Shiller,Robert James専門行動経済学学歴ミシガン大学,マサチューセッツ工科大学学位Ph.D. それが、ロバート・シラー教授の「米国株市場に対する脆弱性の警告」です。 ロバート・シラー教授とは? ロバート・シラー教授といえば、2013年に資産価格の実証研究で見事にノーベル経済学賞を受賞していますから、ご存知の方も多いかと思います。 行動経済学や行動ファイナンスと呼ばれる、人間の経済行動の非合理的な側面を説明する分野では、過去に3人のノーベル賞学者が出た。 1人目はハーバート・サイモン氏(受賞=1978年)。 ノーベル経済学賞受賞者、イェール大学のロバート・シラー教授による2019年の経済予測。すべての「人」へ、今、起きている本当のことをあなたに伝えるAtlasのコラムをお読みください。 もし経済が強ければ、それは彼が築いたものであり、… 米国が再び偉大になれば、彼は再選される可能性が非常に高い!とロバート・シラー教授はトランプ大統領の再選には楽観的な見方をしている 。 ノーベル経済学賞を受賞したイェール大学の ノーベル経済賞受賞者の受賞歴を持つ、イエール大学ロバート・シラー教授は2019年3月には今後18ヶ月内に景気後退が来る可能性が50%あると悲観的な見方をしていましたが、最近では考えをやや楽観的に変えてきています。その根拠に迫ります。 シラーは、心理学的であろうが合理的であろうが、量的な予測を行うモデルを作ろうとすることを経済学者に求めていない。 シラーは、ファイナンスのやり方、語り方、書き方のすべてを根本的に変えたいと思っているのだ。 行動経済学の草分けで、2013年のノーベル経済学賞を受賞した米エール大学のロバート・シラー教授が、再び経済学の新境地を切り開こうとしている。ナレティブ・エコノミクス(narrative economics)。「物語の経済学」とでもいう新分野だ。 シラー: 67: ... ミクロ計量経済学において個人や家計の行動の統計的分析に広く使われる理論と方 … シラー教授といえば、2013年にノーベル経済学賞を受賞したイェール大の教授。行動経済学や「根拠なき熱狂」などバブル崩壊の研究でしられ、itバブル崩壊やリーマンショックも事前に警鐘をならしました。 「ノーベル物理学賞、ノーベル化学賞などと比べ、なぜ経済学賞には縁がないのか?」「そもそも経済学賞って、社会的な有用性や貢献度ってどんなもんなのか?」、そんな経済学界のナゾ&闇について経済学者である田中秀臣、小幡績両氏に加え、翻訳者兼評論家である山形浩生氏が分析。 ノーベル経済学賞受賞者 ... アメリカ: 資産価格の実証的な分析: ラース p. ハンセン: 60: アメリカ: ロバート j. ノーベル経済学賞受賞者の研究に触れるのは、なかなかにハードルが高いようです。 今回はそんなノーベル経済学賞受賞者の著作の中から、「これは売れた!」と印象に残っている本を5冊紹介します。 『ファスト&スロー 上・下』早川書房、2012年(2014年文庫化)