幸い、安全な場所での試験中の火災で電池が燃え尽きて事なきを得ましたが。 万が一リチウムイオン電池が発火した場合には、不用意に水をかけてはいけません。水と反応してより激しく燃焼したり、場合によっては爆発したりします。 何しろリチウムイオン電池は、内部に膨大なエネルギーを溜め込みます(だからこそ充電したら長時間使えるわけですが)。その構造上、発火・爆発しやすい、とてもデリケートな特性を持っているわけで … リチウムイオン電池は鉛蓄電池等に比べ小規模でも大容量の電力を貯えられるの で、今後、リチウムイオン電池を用いた蓄電池設備の普及が見込まれる。 一方、リチウムイオン電池はエネルギー密度が高く、電解液に危険物を使用して 解決済み リチウムイオン二次電池は発火すると大爆発を起こし、死亡事故に発展します。. 本題に入る前にまずリチウムイオン電池について簡単に紹介し、そのあと、保護ICの必要性について説明したいと思います。 リチウムイオン電池は旭化成で発明され、ソニーが1991年に「リチウムイオン電池」と命名して最初に商品化した二次電池です。従来の二次電池に比べて重量エネルギー密度、体積エネルギー密度ともに3倍以上あり、小型、軽量化が可能なうえ、従来の二次電池が1個で1.2Vの電圧しか取り出せなかったのに対して3倍の電圧が得られる高性能な電池です。このような特徴によって、携 … ということで リチウム電池を加熱することはご法度(はっと) 。 最初にはんだ付けできていたと思った電池のリードも、強く引っ張ったら取れてしまった。 ボタン電池にはんだ付けはできない。 破裂してしまった電池と同じ規格の電池は持ち合わせていない。 リチウムイオンバッテリー(電池)を冷凍しても復活することはないようです。 同記事には、リチウムイオンバッテリー(電池)を冷凍させると復活するという噂があると書かれていますが、インターネットで調べてみると確かにその噂があります。 逢沢 明 捨てたと思っていた iPad が出てきたので、充電しようと思ったら、できませんでした。 リチウムイオン電池には「過放電」という現象があります。 誰でもできる簡単な方法です . 製品評価技術基盤機構のホームページです。nite製品評価技術基盤機構 2019/01/24 「5年で2倍以上に!リチウムイオンバッテリー搭載製品の事故~モバイルバッテリーは購入時にPSEマークを確認しましょう~」の情報を掲載しました。 では、なぜそんな物を使うのだろう? それはリチウムイオンバッテリーのエネルギー効率が信じられないほど高いからだ。企業が膨大なエネルギーをその小さなパッケージに詰め込むことで、スマートフォンもノートPCも1日中使えるようになった。 初めて商用化された充電式リチウムイオンバッテリーは、約25年以上前にソニーのハンディカムで使われたものだという。現在では世界中に何十というバッテリーサプライヤーが存在する。リチウムイオン電池は非常に成熟したテクノロジーなのだ。 しかし … こんな使い方で大爆発! 時計や電卓などに使われるコイン型のリチウムイオン電池。このコイン型電池をひとつの容器に入れ、さらにほかの電池も一緒に入れて保管することは非常に危険です。 リチウムイオン電池はスマホのモバイルバッテリーに使われていたりと非常に身近な存在ですが廃棄方法をご存知ですか?便利な反面、廃棄の方法を間違えると発火事故など深刻な事態を引き起こしてしまう可能性も…今回はそんなリチウムイオン電池の廃棄方法についてご紹介します。 多くのリチウムイオン充電池には[T]と表記された電極があります。 Nikon のデジタルカメラ Coolpix S620 用リチウムイオン充電池の [T]電極とマイナス電極の間の抵抗を測ってみました。 13.83kΩでした 電池を握って温めてから同様に抵抗を測ってみると リチウムイオンバッテリーが発火、爆発したという話をご存知ですか。リチウムイオンバッテリーは私たちの身近なところにもある一般的な電池ですが、発火や爆発といった事故が世界中で起きています。今回はリチウムイオン電池のしくみと危険性、発火させない方法をご紹介します。 リチウムイオンバッテリーが発火、爆発したという話をご存知ですか。リチウムイオンバッテリーは私たちの身近なところにもある一般的な電池ですが、発火や爆発といった事故が世界中で起きています。今回はリチウムイオン電池のしくみと危険性、発火させない方法をご紹介します。, リチウムイオン式のバッテリーが爆発したという事故の話を聞いたことがありますか。皆さんの使っているスマホにもリチウムイオンバッテリーは使用されています。バッテリーには様々なものがありますが、その中でもリチウムイオンバッテリーは大容量のエネルギーを持っているため、発火の危険性が高いといわれています。今回はリチウムイオンバッテリーのメカニズムとその危険性、発火しないように使うための方法をご紹介します。, リチウムイオンバッテリーは高密度のエネルギーを持っているため、比較的軽くて持ち運びが可能な家電製品に使用されています。中でも携帯電話やスマホ、ノートパソコンのバッテリーとして使われることが多いです。その他にも電子ゲーム機、ウォークマンやアイポッドのような音楽プレーヤーにも使われています。こうして見ると、リチウムイオンバッテリーが身近なところにある様々な電子機器に使用されていることが分かります。, そもそもリチウムイオンバッテリーとはどのようなメカニズムで動いているのでしょうか。リチウムイオンバッテリーを電池に置き換えて簡単にメカニズムを見ていきましょう。, 電池には正極と負極があるます。よく「出張っている側がプラス、平らな側がマイナス」といったりしますね。そのプラスとマイナスのあいだをリチウムイオンが移動することによって充電したり、放電したりできるようになります。, バッテリーと電池はメカニズムが同じです。バッテリーは充電するための機能、電池は放電する機能として使われているだけで、もの自体に変わりはありません。バッテリーを充電しているときはマイナスからプラスに向かって電流が発生します。その際、電池内を満たしている電解液の中でリチウムイオンがマイナス側へ移動します。 反対に放電しているときはプラスからマイナスへ電流が発生します。リチウムイオンもプラス側へと移動していきます。, メカニズムだけ見ると単純そうなリチウムイオンバッテリーですが、リチウムイオンバッテリーを内蔵したスマホやパソコンなどの電子機器で膨張や発火の危険性が指摘されています。国内でもたびたび問題になり、リコールや販売中止など大きな騒動にも繋がっています。リチウムイオンバッテリーが膨張し発火する原因は何なのでしょうか。ここではリチウムイオンバッテリーが膨張し発火するまでの過程と原因をご説明します。, リチウムイオン電池が爆発するしくみを解説する動画です。動画の初めの方に無関係な映像が一瞬流れますのでご注意。, リチウムイオンバッテリーはリチウムイオン電池と言い換えた方が分かりやすいです。リチウムイオン電池の構造を細かく見ると、プラス側の素材にはコバルトとの合金、マイナスには炭素などのリチウムを吸収しやすい素材が使われています。リチウムはもともと化学反応を起こしやすい物質です。水分や火気によってすぐに燃え出してしまいます。電池の中がこのような構造になっているのはリチウムがすぐに発火しないようにするためです。リチウムイオンバッテリーはもともと発火しやすいものだったということです。, リチウムイオン電池は上でご説明した通り、プラスとマイナスのあいだを行ったり来 たりしています。電池が寿命を迎えたときや劣化してきているときに、電池の中を満たしている電解質が酸化することでバッテリーが発熱し、膨張するそうです。バッテリーが膨張するのはほとんどの場合、電池本体の劣化や寿命が原因なのです。, 動画では劣化した電池が爆発しています。映っているのは噴き出すガスでしょうか。リチウムイオン電池の怖さが分かる動画ですね。, こちらの動画では電池を意図的に発火させています。動画のように簡単に燃えてしまうものなのでしょうか。, もともと発火しやすいリチウムイオンバッテリー。通常なら発熱、膨張程度で収まりますが、発火、さらには爆発する危険性を持っています。次の章では過去に起きたリチウムイオンバッテリーの爆発事故と騒動について見ていきます。, ここでは過去に起きたリチウムイオンバッテリーの発火、爆発の事故を見ていきましょう。, 最近にあった例ですと、2016年にサムスン製のスマホが発熱、膨張し発火する危険性があるということで大規模なリコール騒動に発展しました。スマホは動作テストの段階で発火するものが多いようです。Androidのスマホにもiphoneにもリチウムイオンバッテリーは使用されているので私たちの身近なところにも発熱から発火、爆発の危険性はあるということです。, 発火、爆発の危険性があるのはスマホだけではありません。2007年にPCブランドのレノボで使われているリチウムイオンバッテリーのパックがアメリカやヨーロッパ朝せて5件発火する事故が相次ぎ、世界中で回収される事態となりました。これは電池内のショートや劣化が原因といわれていて、現在は新しいしくみのリチウムイオン電池が使用されているそうです。, かの有名なapple製の音楽プレーヤー、iPodでもリチウムイオンバッテリーは問題となりました。幸い、発火や爆発といった事故はなかったそうですが、発熱から発火にいたる可能性はいつでもあるので注意したいところです。, ここまでは小型の製品に使われているリチウムイオンバッテリーについて見てきましたが、実はこのリチウムイオンバッテリーは電池式自動車や旅客機にも使用されています。2011年には中国でつくられたフィスカーカルマという電池式の自動車が発火し、火災につながった事故がありました。また、シボレーボルトというハイブリット車でもテスト中に発火する事故が起きました。どちらも爆発には至らなかったようです。, 旅客機のボーイング787の発火騒動はみなさんも記憶に新しいかと思います。実はあの騒動の原因になったのもリチウムイオンバッテリーだったのです。2013年に相次いだボーイングの発火騒動は電池の発熱が原因とされています。, リチウムイオンバッテリーはスマホやパソコンなど身近な電化製品から、自動車や飛行機にまで利用されている画期的な電池ですが、発熱や発火、そこから発生する火災や爆発の危険性が大いにあると思うとぞっとしますね。, リチウムイオンバッテリーの他にも電池の種類はたくさんあります。リチウムイオンバッテリーほどではありませんが、他の電池も発火や爆発の危険性を秘めています, ニッケルカドミウム電池とは、マイナスの素材が水酸化カリウム、プラスの素材がオキシ水酸化ニッケルの電池のことです。電気シェーバーや照明などに使われていますが、容量はリチウムイオン電池よりもはるかに少なく、また放置しているだけで電池が減ってしまうため、発火することは少ないようです。しかし、大きな電流を流すことができるため、取り扱いには注意が必要です。, ニッケル水素電池は①のニッケルカドミウム電池の倍以上のエネルギーを溜めておくことができる電池です。充電式の乾電池などに使われています。こちらもリチウムイオン電池よりも容量はそれほどないため、発火する危険性は低いです。, それでは、リチウムイオン電池を発火させない方法はあるのでしょうか。ここではバッテリーを発火、爆発させない対策と方法をご紹介します。, これは方法というよりは予防になるかもしれませんが、劣化した電池をまだ使えるのではないかと思い込んで事故につなげてしまうことも考えられます。電池の寿命は、減りの速さや使用期間でだいたいの予測が立ちます。電池を取り扱っている会社に直接問い合わせるという方法もあります。, これは過充電をやめるという方法です。充電器は使用可能回数の高いものほど強力な電流が流れます。高温の室内で充電する場合、発熱の可能性がさらに高まりますので、充電が終わったら充電器のコードごと抜くようにしましょう。, これはあまりしられていないことかもしれませんが、継ぎ足しで充電するよりも消化しきってから充電する方が電池の持ちが良いとされています。消化しきるということは残量がゼロの状態です。継ぎ足しておかないと不安という方もいるかと思いますが、長い目で見ると消化しきってから充電した方が安全です。特に急な用事などがない場合は消化を心がけましょう。, 方法、対策というのには一般的すぎることなのかもしれませんが、この3点は電池を安全により長く使うために有効な手法です。特に電池を消化してから充電する、というのは初めて知った方もいると思いますが、電池の負担を減らすための策なので覚えていて損はないと思います。でも実際に継ぎ足しなしで電池を消化しきるのは難しいですよね。一日のあいだにスマホの電池をすべて消化してしまいそう、という人ほど予備のバッテリーを持っているものです。そう考えるとやはり電池のこまめな取り換えが重要になってきます。, 下の動画と合わせてシリーズとなっています。日本科学模型安全委員会という機関の作った動画のようです。, こちらの動画はシリーズの後半になっています。動画内でリチウムイオン電池の正しい使い方について詳しく解説されているので参考にしてみてください。, 出典: http://mussyusiawase.blog.so-net.ne.jp, ここまでリチウムイオンバッテリーの危険性についてご紹介してきましたが、現在新しく開発されているバッテリーはこれまでのバッテリーよりも発火や爆発の危険性はないとされています。事故が起こるたびに原因が特定され電池のメカニズムは改善されています。それでもまだ電池が危険なものであることに変わりはありません。みなさんもリチウムイオンバッテリーだけでなく、身近な家電製品の発熱や膨張にはくれぐれも気を付けてください。, リチウムイオンバッテリー爆発事故の原因は?膨張→発火の原因と危険性【電池】のページです。Cosmic[コズミック]はファッション・カルチャー・芸能エンタメ・ライフスタイル・社会の情報を発信するメディアです。大人へ向けた記事をまとめて読むことができるWebマガジンを無料で購読いただけます。. ペースメーカーに使われているのは、リチウムイオン電池ではなくヨウ素リチウム電池です。 リチウム電池が時々発火爆発するのは可燃性の液体電解質を使うケースが多いからですが、ヨウ素リチウム電池は液体ではない固体電解質を使用しているので、発火爆発することはあり得ません。 リチウムイオン電池は、プラスチックリサイクル工場における第一段階である「ベール解砕機」や「破袋機」の刃によって、リチウムイオン電池が押し潰されて、ショート・発火し、周囲にあるプラスチックに着火してしまうことがあります。 リチウムイオン二次電池は発火すると大爆発を起こし、死亡事故に発展します。皆さんも騙されてハイブリッドや電気自動車に乗るのはやめましょう。 電池にはたくさんの種類があり、アルカリ乾電池、マンガン乾電池、ニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池とあります。形も円形のものから角形、ボタン型と様々です。, 今回はそんな数ある電池の中からリチウムイオン電池について詳しく確認していきましょう。, リチウムイオン電池って何?と思われている方も多いでしょう。そもそも電池に種類なんてあるの?一体どんな違いがあるのか、と頭の上に?マークがたくさんついている人もいるでしょう。, このリチウムイオン電池の中でも更に種類が分かれていてそれぞれに特徴があります。今回はそんなリチウムイオン電池について細かく知っていきましょう。, まず大まかに電池についてお話をしていきます。電池には一次電池と二次電池があります。一次電池は使い捨て、二次電池は充電タイプと覚えておくといいですね。, このリチウムイオン電池は充電式バッテリーに使われる為二次電池となっており、非常に身近なところで使われています。どこのご家庭にも必ずあるのではないでしょうか。, ちなみにリチウムイオン電池とよく間違えられるのがリチウム電池です。イオンが抜けただけですが、全くの別物で、リチウムイオン電池が二次電池なのに対してリチウム電池は一次電池ですので、間違えないようにしましょう。, また廃棄の際の処理方法も違うので絶対に間違えてはいけませんよ。そんな身近にあるリチウムイオン電池ですが、実は結構危険だったりもします。, リチウムイオン電池は結構危険だったりもします。その廃棄方法を間違えるだけで火災が起きる原因ともなりうるので、しっかりと廃棄方法を確認しておかなければいけません。, 廃棄方法に関しては後程詳しく説明していきますが、ここでは電池には大きく3種類あること(使い捨て電池、充電式電池、ボタン電池)、そして廃棄の方法も3つあること(自治体のゴミステーション、充電式電池回収BOX、ボタン乾電池回収缶)は覚えておきましょう。, もしリチウムイオン電池が発火してしまったら…?と言うことを前提に次は注意事項を記載していきますのでしっかり確認しておきましょう。, リチウムイオン電池を廃棄する際ですが、絶対に水や塩水がつくようなところには捨てないでください。燃えるゴミなんてもってのほかですし、燃えないゴミにも捨てられません。, リチウムイオン電池に使われているリチウム金属はアルカリ金属である為、水と合わさる事で激しく反応してしまい、発熱~発火する恐れがあり大変危険です。ですから基本的には水等にはつけない事が重要なのです。, ですが、完全に発火してしまえば話は別です。水をかける事で冷却効果を得ることができますので、もしも発火してしまった場合は大量の水をかけるようにしましょう。, とにかく身近な電池で良く使っているものではあるものの、その廃棄方法を間違えれば大変な惨事になる可能性も否定はできません。, 廃棄方法はしっかりと守って処分しましょう。次はその廃棄方法について説明していきます。, リチウムイオン電池の廃棄方法ですが、一部他の電池でも活用されている方法があります。それはリサイクルです。一部の一次電池と全ての二次電池は「資源有効利用促進法」の対象となっています。, ゴミとしては処分されずリサイクルして使われることは覚えておきましょう。ではどのようにリサイクルしていくのか確認していきましょう。, 基本的に電池にはリサイクルマークのシールが付いています。そのシールがついている電池であればリサイクルが可能です。まず、その電池を捨てる為には機材から電池を取り外しましょう。, 次に端子部分(機械に接触する部分)に絶縁テープを巻くもしくは貼り付けましょう。そしてあとは近くの家電量販店に持っていくだけです。, 一部店舗のお名前を記載させて頂きますと、ビックカメラやヤマダ電機、ケーズデンキ、ヨドバシカメラなどの大型家電量販店であればこのリサイクルボックスは設置してあります。, ある程度電池が溜まってからでもいいのでリチウムイオン電池を捨てる際はリサイクルボックスに捨てるようにしましょう。もし捨て方が分からない場合はお店のスタッフに聞いてから捨てるようにすれば安心ですね。, スマホや携帯電話で使用しているバッテリーもリサイクル対象となります。スマホや携帯を買い替えるときに携帯キャリア店舗がそのまま引き取ってくれます。, もちろん無料でリサイクル回収してくれるのはいいですね。また家電量販店とは違い、対面にて直接電池を回収してくれるので安心して回収してもらえるのはかなりのメリットと言えるでしょう。, ただし逆にデメリットもあります。買い替えの際ではなくても回収してくれるのですが、携帯キャリアの店舗というのは結構込み合っていることが多いです。, そんな中で電池だけを回収してもらおうと行くのは大変かもしれません。来店する前に一度直接電話して問い合わせをしてみましょう。, また電池回収だけの場合ですと、お店によっては引き取り不可になる可能性も高いのでその点は十分に注意しておきましょう。, 基本的に普通の一般の人が処分したりリサイクルに出したりする分に関しては無料となっています。ですが、稀にその量によっては料金が発生する事もあるようです。, 特に企業等が集めている場合などは数もかなりのものになってしまうため、リサイクル費用に関しても多少なりとも関係はしてくるようですね。, ちなみに今まで乾電池を中心に話をしてきたのであまり頭に思い浮かばなかったかもしれませんが、車やバイクのバッテリーに関しては処分費用がかかるので注意が必要です。, 電池やバッテリー等その種類をしっかりと理解してルールに則って処分又はリサイクルするようにしていきましょう。, なんとなんと!リサイクルもしくは廃棄しなければいけないと思っていたバッテリーが実は買い取ってもらえる可能性があると言います。, ですが、当然古いものは難しいでしょう。では一体どんなものであれば買い取ってくれるのでしょうか。買取希望の方は必見ですね。, まずは現在お持ちのモバイルバッテリーの状態がどんな感じなのか、隅々までチェックしてみましょう。まず、どのくらい使用していたか?新品に近ければ近いほど高価買取の可能性が高いでしょう。, 次に傷や凹みがないかも重要です。傷や凹みがあるとそこから劣化する可能性が非常に高く特にバッテリーでの外部破損は発火や爆発の危険性も非常に高い為危険とされています。, そして3つめは、ちゃんと動く稼働品であり尚且つ充電能力もしっかり残っているかです。例えば、スマホや携帯でよくありますが、数年使ってるとバッテリーを100%まで充電していても、ものの数時間でバッテリーが残り10%…なんて経験がありませんか?そのような状態のバッテリーは買取不可になるでしょう。, あとはちょっとした余談ですが、メーカーによっても変わる事もあるようです。ちなみにパナソニックやSony等は人気のあるバッテリー機種と言えるでしょう。, ちなみに現在モバイルバッテリーを高く買い取ってくれるお店を2つほどご紹介しますのでご確認ください。1つは駿河屋です。家電から玩具まで幅広く買い取ってるお店で店頭買取や宅配買取も行っています。ここで1つ見積もりを出してもらうのもいいかもしれませんね。, 次はハードオフです。こちらも玩具から本、衣料品と幅広く買い取っているお店です。こちらのお店も店頭買取から宅配、出張撮影まで幅広く手掛けています。買取専門の知識に強いスタッフがいる事が多いので高価買取も十分期待できそうですね。, ちなみに最後に1つだけ。もしお店に買取依頼をして自分が満足する金額で買取してもらえなかった場合は、フリマやヤフオクといったオークション関係に出してみるのもいいでしょう。, ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。最大5件のプロから無料で見積もりを取ることが可能です。, 見積もり依頼をすると、プロより最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあったプロを探してみましょう。プロによって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。, お気に入りのプロがみつかったら、撮影の詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。, 不用品回収をプロの業者に依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?, 電子レンジの正しい処分方法|ヤマダ電機で無料処分?ケーズデンキやエディオンも解説!, 引越しの不用品を処分したい! | 大手引越し業者6社の対応可否・自分で処分する方法6つ. リチウムイオン電池に係る火災の発生状況について把握するため、全国の消防本部に対 し、共同住宅を除く防火対象物で発生した火災であって、リチウムイオン電池が焼損した 火災(リチウムイオン電池が出火源又は着火源になったもの以外も含む。 る。リチウムイオン電池製造工場が延べ面積1000㎡以上等の一般取扱所に該当す る場合、リチウムイオン電池の電解液や電池を取り扱う部分に対し、泡やガス消火 設備等を設置することとされている(建築物その他の工作物は屋内消火栓設備等を 2015年4月3日 . 水系リチウムイオン電池は、0℃以下の低温だと電解液の水が凍結してしまい充放電できなくなることも課題になっていた。 新たに開発した水系リチウムイオン電池は、この課題も解決しており、-30℃の環境下でも安定して充放電が行える。 リチウムイオン電池を復活させる. 近年モバイルバッテリーの普及に伴い、リチウムイオン電池は人々にかなり身近な存在となっています。しかしあまり知られていないのが、リチウムイオン電池の廃棄方法です。この記事では、リサイクルなどを使ったリチウムイオン電池の正しい廃棄の方法や費用を紹介します。 リチウムイオン電池に関しては、過去に何度も世界中で事故を起こしています。 有名どころでは、最初に取り上げた電車内でのモバイルバッテリーの発火、デルやソニーのパソコンの発火、ジャンボ機に搭載されたバッテリーの発火などが有名です。