山の民とは、秦国の更に西ある山界に住む無数の民族。 平地とは比べ物にならないほど高い身体能力を持つ戦闘民族。 信とは少年の頃から知る者が多く、親しみをもっている接している。 山の民(死王軍)主要メンバー一覧 楊端和(ようたんわ) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); はじめての三国志は「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした歴史エンタメメディアです。(®登録商標:第5800679号). 映画『キングダム』で謎めいた「山の民」の王を熱演した長澤まさみ 古代中国の辺境に住む「山の民」を、武力で束ねる美しき女王・楊端和──女優の長澤まさみが公開中の映画『キングダム』で激しいアクションとともに演じているのは、そんな役どころだ。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); はじめての三国志は「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした歴史エンタメメディアです。(®登録商標:第5800679号). 【キングダム】かわいいと話題の楊端和(ようたんわ)の強さは異常!男を惑わす小悪魔に迫る!. キングダムは週刊ヤングジャンプで原泰久による漫画で、とある1人の少年と1人の王が中華統一を目指すお話です。 このキングダムの主要キャラクターとして山の民の大将軍・「楊端和(ようたんわ) 」といった美しくも最強の女性大将軍がいます。 楊端和がイラスト付きでわかる! 春秋戦国時代に後の始皇帝に仕えた将軍。または同人物をモデルにした漫画『キングダム』の登場人物。 史実 史書に記述は少なく +紀元前236年に、秦の将軍「王翦」「桓齮」と共に趙の鄴を攻撃した事。 +紀元前299年に、趙の首都だった邯鄲を包囲した事。 Copyright ©  はじめての三国志 All rights reserved. キングダム セブンフラッグス(ナナフラ)の双星武将 バジオウ(ばじおう)&楊端和(ようたんわ) -誓い-のステータス詳解、活躍度期待値、キャラクターボイス、モーション、ガシャ登場履歴など、これを見れば入手したくなること間違いなし 山の民の最大勢力の王。 キングダムで勇敢で美しい楊端和(ようたんわ)は、山の民(三民族)の女王として登場しています。山界の死王と呼ばれている彼女は年頃でもあったために彼女と結婚する相手は側近で右腕的な存在のバジオウ? 映画「キングダム」で山の民の大将軍・楊端和(ようたんわ)が綺麗すぎる! 映画「キングダム」のあらすじでは、長澤まさみさんが演じる 「山の民の王・楊端和が女だった」 が 最大のネタバレ でしたが、キャストが発表されている時点でバレてますね!. 名前:楊端和(ようたんわ) 所属:秦国(山の民) 生年月日:不詳; 初登場:コミックス3巻; 通称:他の山の民から「山界の死王」と呼ばれる; 主な仲間:バジ王・タジフ・シュンメン ようたんわは実は男 … 好評連載中であるキングダム! その勢いはとどまることを知りません。 今回は山の民を収める女王・楊端和の右腕であるバジオウについて説明して行きたいと思います。 バジオウとはどんな人物でしょうか。 バジオウが初登場するのは王弟反乱戦の時です。 そんな山の民を構成する、主要メンバーを紹介していきましょう! 楊端和(ようたんわ) 映画キングダムを見た。好きなキャラ、楊端和(ようたんわ)に長澤まさみとか惚れてまうやろ〜。漫画同様に、この時間が続いてほしいと思った映画だった。 楊端和(ようたんわ)はキングダムの作中で様々な名言を発言しているキャラクターです。そんな楊端和というキャラクターのセリフを名言集としてまとめてご紹介していきたいと思います。楊端和は名言集を紹介できるようなカッコいいセリフを多数キングダムの作中で発言しています。 山の民とは、秦国の更に西ある山界に住む無数の民族。 平地とは比べ物にならないほど高い身体能力を持つ戦闘民族。 信とは少年の頃から知る者が多く、親しみをもっている接している。 山の民(死王軍)主要メンバー一覧 楊端和(ようたんわ) 楊端和(ようたんわ)は秦国の武将であり山の民の王 関連記事:【キングダム】かわいいと話題の楊端和(ようたんわ)の強さは異常!男を惑わす小悪魔に迫る!, 関連記事:楊端和(ようたんわ)の最期は壮絶な戦死?キングダムの女将軍の死を大胆予想. 楊 端和(よう たんわ/よう たんか、生没年不詳)は、中国 戦国時代の秦の将軍。 秦王政(後の始皇帝)に仕えた。. 山の王という名に似合わず、作中で屈指の美を誇る山の王・楊端和。 女性でありながら武力・軍略共に山民族で屈指の実力です。 そんな美しく強いという魅力でキングダムの公式の人気ランキングでも上位にランキングされました。 ⇒キン […] キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧. “楊端和(ようたんわ)”は、キングダムの原作漫画に出てくる女性武将の中でも、人気の高い武将の一人でもあり、山界の死王と呼ばれる絶対的な強さと美しさを持つキャラクターで、まさに長澤まさみにハマリ役でした。 実写版映画「キングダム」で楊端和(ようたんわ)役を演じている長澤まさみさんですが、劇中ではカラコンをしていてますます美しいですね。着用カラコンのブランドなど調査してみました! 山の民には、史実で存在するような羌族や月氏というモデルがいました。 更に、山の民を統べる楊端和(ようたんわ)ですが、こちらもモデルがいるとされています。 漫画キングダムでは、山界の死王として登場する楊端和(ようたんわ)。恐ろしげな仮面をつけている戦闘力抜群のむさくるしい山の民の戦士達の中で、彼女は色の白い美女として描写されています。そんな、楊端和について、『はじめての三国志』では、徹底解剖しちゃいます。, 楊端和は、史実にも登場する実在の人物ではあります。しかし、史実の楊端和は山の民でも女性でもありません。紀元前3世紀に秦王政(せい)に仕えた将軍で、もちろん男です。史書に記されているキャリアは、僅かに9年ほどであり、魏を攻めたり、趙をせめたりして手柄を立てています。, 活躍していた期間が短いという事は、逆に考えれば、それ以外の期間は、何とでも描けるという事にもなりますから、今後、漫画の中で大胆に活躍するかも知れませんね。, 強者揃いの山の民を統率しているだけあり、楊端和は武力もあります。秦王政の弟の成蟜が飼っていた猿の化物のようなランカイに、山の民のバジオウは一騎打ちで勝利しましたが、そのバジオウですら、楊端和には敗北を喫している程です。ランカイは明らかに人外の存在にしか見えず、武力だけなら六大将軍にも匹敵しそうなので、楊端和は武力ではすでに、六大将軍クラスだと言えるかも知れません。, 楊端和のイメージをより強く印象づけているのは、政がピンチの時に駆け付けてくれるタイミングの良さでしょう。キングダムの序盤では、味方が昌文君(強いがお爺ちゃん)と壁(そこそこ強い)と信(めちゃ強いけどバカ)位しかいなかった, 秦王政に味方して山の民を引き連れて現れ、王弟成蟜(せいきょう)の陰謀を挫き、また、合従軍の李牧(りぼく)と龐煖(ほうけん)が咸陽の奥深くまで迫った秦軍絶対絶命の時にも颯爽と山の民を連れて出現しました。李牧は、この楊端和軍の予想外の参戦で、咸陽急襲を断念したのですからその功績は、六大将軍に推挙されてもおかしくない程に大きいです。, 関連記事:【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説!, 山の民は、秦の穆公(ぼくこう)の時代に相互不可侵の一種の軍事同盟を結んでいましたが、穆公の死後は、秦人が一方的に同盟を破棄してしまい、逆に山の民の住処を奪い、迫害した事を当初、恨んでいました。, 当初、楊端和は、その事で秦王政を殺そうとした程です。歴史上も、圧倒的に数の多い漢民族に少数の異民族が圧迫されて、土地を奪われたり、奴隷のように使役されたりというケースがあります。, 一方で漢民族が利益で異民族を釣り、自軍に加える事で軍事力を強化したというケースも無数に存在します。, 三国志の時代、曹操(そうそう)を追いつめた馬超(ばちょう)は、西涼の羌(きょう)族や氐(てい)族を手懐けて、強力な騎馬兵を自軍に組み込んでいますし、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)も涼州と結んで、強力な異民族の兵力を当てにして北伐を有利に展開しようとしています。また、周の幽王を滅ぼした申公は、これを討つのに、犬戎(けんじゅう)という異民族の武力を当てにして周軍を撃破しました。そのような事から、山の民のような山岳民族が、秦に協力して戦うというのは、まったくの絵空事ではないと言えます。, 史実で見ると、楊端和は秦の将軍として戦っているので、楊端和が六大将軍の一人として、登場する可能性はあります。しかし、同時に異民族として、友好的ではあっても、秦との間に厳格な一線を引いている感じの楊端和が、おいそれと秦王政の六大将軍任命の勅を受けるとも思えません。, その場合には、やはり六大将軍には、羌瘣(きょうかい)が就任して、楊端和は助っ人として秦軍に加わるという形になるのかなとも思えます。もし、羌瘣とコンビで戦うとなると、キングダム女性パワー炸裂の展開でこれも新鮮だなーとも思いますね。, 関連記事:キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデルが存在した!, 関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?. 漫画キングダムでは、山界の死王として登場する楊端和(ようたんわ)。恐ろしげな仮面をつけている戦闘力抜群のむさくるしい山の民の戦士達の中で、彼女は色の白い美女として描写されています。 『キングダム』では、楊端和は、穆公と結んでいた野人 (山の民と呼ばれる) の王 として初登場します。そして女将軍として秦王政の強力な助っ人として活躍します。 ここまで述べてきたように、楊端和は実在の秦の将軍です。 キングダムで圧倒的な美貌とカリスマ性をみせて、山の民の一族を率いる楊端和(ようたんわ)!その楊端和(ようたんわ)は史実で実在したのでしょうか?また女性だったのでしょうか?今回は山の民の王である楊端和(ようたんわ)についてみていきましょう! キングダム568話ネタバレと考察です。前回567話では、楊端和(ようたんわ)が敵に囲まれ絶体絶命に。仲間の兵士たちは一旦諦めるのですが、楊端和の力に満ち溢れた目を見て再び立ち上がります。後ろは山の壁、前には自軍を大きく上回る敵の連合軍。 楊端和がイラスト付きでわかる! 春秋戦国時代に後の始皇帝に仕えた将軍。または同人物をモデルにした漫画『キングダム』の登場人物。 史実 史書に記述は少なく +紀元前236年に、秦の将軍「王翦」「桓齮」と共に趙の鄴を攻撃した事。 +紀元前299年に、趙の首都だった邯鄲を包囲した事。 ヤングジャンプで連載中の漫画「キングダム」 作中に登場する山の民の女王、楊端和(ようたんわ)についてのまとめです。史実に登場した人物なのか?という点や作中での彼女のポジションについて紹介します。 キングダムの楊端和(ようたんわ)とは? 『キングダム』に登場する『楊端和』は、実在した歴史上の人物をモチーフにしたキャラクターだが、本作のような山の民族を統一した女王ではなく、秦王政(後の始皇帝)に仕えた中国戦国時代の秦の将軍と言われている。 楊 端和は、「よう たんわ」や「よう たんか」とも呼ばれていた説があるが、史実に記されている情報は非常に少なく活躍が記録として残されているのはわずか9年間のみと謎も多い。 しかし、この9年で「魏」や「趙」を攻め大きな武功を残しており、かなりの実力者であったことが伺え … キングダムでの山の民は、強靭な肉体を武器に使う、独自の文化を持った異民族として描かれています。 その中でも、王都奪還に協力した山の王楊端和(ようたんわ)の一団は、山の民の中でも強力な武器をもった最大勢力です。 キングダム571話ネタバレと考察です。前回570話では、追い詰められた楊端和とバジオウの元に、なんとシュンメンら山の民達が駆け付けます。窮地は脱しますが敵側も犬戎王ロゾや舜水樹が到着。ついでにこっちは頼もしいフィゴ軍が到着。 尚、漫画キングダムでは、楊端和を総大将とする軍は犬戎の軍と戦闘を行った事になっています。 原泰久先生は、山の民と犬戎の異民族対決を考え出したのだと思いますが、そのような事実は史書にはあり … 映画「キングダム」の山の民の大将軍・楊端和(ようたんわ)役として選ばれた長澤まさみさん 。. 映画キングダムの山の民「楊端和(ようたんわ)」役を演じた長澤まさみさんが美しいと評判です!キングダム続編が決定したと報道されました!楽しみですね。長澤まさみさんの演技力が高く評価されています。ブラウンのカラーコンタクトに衣装がセクシー。 山の民とは、キングダムの中で登場する民族の一部です。活動の拠点を山に置いているというところから、山の民と呼ばれています。もともと中国にはたくさんの山があり、春秋戦国時代にも山に住んでいた部族がいたことは想像に難くありません。その上、中国の史 経歴. 関連記事:【キングダム】楊端和(ようたんわ)は実在した女将軍?史実を元に徹底解剖. 色白の美女でありながら、山の民を束ねる力は、バジオウを上回る武力! 秦国のピンチにも、度々登場しては政たちの窮地を救ってきました。 実力だけなら既に大将軍レベルまで上がっています。 ではなぜそんなに強いのでしょうか。 荒くれ者が多い山の民の王であり、野生的な屈強な戦士である山の民を統率するには相当の実力の持ち主であることは容易に想像できます。 描写はありませんが、山界を1人で平定したとのことです。 バジオウも過去の闘いで瞬殺され、配下に置きました。 そんな美女ありな … 映画『キングダム』は山の民をはじめ、アニメに登場するキャラクター達の再現度が高いことでも高評価を得ています。 山の民のトップである楊端和(よう たんわ)を演じた長澤まさみさんには、予想を遙かに超えた美しさに魅了された人が多かったようです。 紀元前238年(始皇9年)、魏の衍氏を攻めた(衍氏の戦い)。. 『キングダム』では、楊端和は、穆公と結んでいた野人 (山の民と呼ばれる) の王 として初登場します。そして女将軍として秦王政の強力な助っ人として活躍します。 ここまで述べてきたように、楊端和は実在の秦の将軍です。 キングダムの山の民・楊端和(ようたんわ)とは? キングダムの楊端和(ようたんわ)は最後死亡する?史実は? キングダムの楊端和(ようたんわ)の活躍シーン; キングダムの楊端和(ようたんわ)の声優や実写版キャスト 山の民には、史実で存在するような羌族や月氏というモデルがいました。 更に、山の民を統べる楊端和(ようたんわ)ですが、こちらもモデルがいるとされています。 ヤングジャンプで連載中の漫画「キングダム」 作中に登場する山の民の女王、楊端和(ようたんわ)についてのまとめです。史実に登場した人物なのか?という点や作中での彼女のポジションについて紹介します。 キングダムの楊端和(ようたんわ)とは? キングダム571話ネタバレと考察です。前回570話では、追い詰められた楊端和とバジオウの元に、なんとシュンメンら山の民達が駆け付けます。窮地は脱しますが敵側も犬戎王ロゾや舜水樹が到着。ついでにこっちは頼もしいフィゴ軍が到着。 映画『キングダム』には特徴的なお面を被って、通じない言葉を喋る『山の民』が登場しますよね。 長澤まさみさんが演じる山民族の王・楊瑞和(ようたんわ)は、普通に平地で使われている言葉も喋るのですが、映画版ではその他の山の民の中に、平地の民の言葉を喋る人物は少ないようです。 実写版映画「キングダム」で楊端和(ようたんわ)役を演じている長澤まさみさんですが、劇中ではカラコンをしていてますます美しいですね。着用カラコンのブランドなど調査してみました! 山の民を率いる蛮族の女王. 【キングダム】楊端和(ようたんわ)と壁は結婚する?2人の関係を考察します。何かと気になる壁と楊端和の関係。お互いはどのように感じているのでしょうか!?ここでは壁と楊端和の関係について考察し … 史実では秦の武将。山の民の王や女性という設定はオリジナル。 【#キングダムな漢たち】 楊端和(ようたんわ) /#長澤まさみ. 関連記事:楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは? 尚、漫画キングダムでは、楊端和を総大将とする軍は犬戎の軍と戦闘を行った事になっています。 原泰久先生は、山の民と犬戎の異民族対決を考え出したのだと思いますが、そのような事実は史書にはあり … 大人気映画「キングダム」が2020年5月29日(金)に地上波で初登場! そこで、気になるポイントをお話していきます! 登場人物の中で、山の民「バジオウ」というキャラクターがいます! 原作でのバジオウは、非常に恐れられる存在であり、魅力的な謎多きキャラです! 山の民を武力で束ねる山界の死王。 その存在は謎に包まれている。 「王宮は 血の海になるやもしれぬが 【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説!, 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王. キングダムに登場する山の民。山の民は「山界の死王」の楊端和が12族もまとめ上げている集団です。今回は山の民のメンバーを詳しくまとめましたのでぜひご覧ください。 映画キングダムの山の民「楊端和(ようたんわ)」役を演じた長澤まさみさんが美しいと評判です!キングダム続編が決定したと報道されました!楽しみですね。長澤まさみさんの演技力が高く評価されています。ブラウンのカラーコンタクトに衣装がセクシー。 キングダムで登場する山の民の男衆の一人で、リーダーである楊端和(ようたんわ)の右腕として物凄い存在感を放っているバジオウ 。普段から面を被っているため素顔はわからないのですが、仲間からの信頼も厚く戦闘においては野獣のような戦い方で相手に恐怖 キングダム 人物紹介 名前 楊端和(ようたんわ) 山の民の国王 山の民は忘れない への想い 紀元前647年。 (キングダムスタートの紀元前245年より402年前) は大凶作により国が飢えていた。 それまで良好 … )(政の曾祖父)時代の将軍と政の時代に台頭した若き将軍たちによって世代交代のような時期にもありました。, 楊端和のライバルにあった将軍といえば、その筆頭はやはり王翦でしょう。キングダムで秦国大将軍といえば序盤は圧倒的な存在感を放っていた王騎(おうき)でしたが、李牧登場以降は王翦が強烈な存在感を出しています。もちろん、史実でも王翦は秦の天下統一に大きく貢献していますので、越えられない壁として存在していたと推測されます。, 次にキングダムでは蒙驁(もうごう)の副将として王翦(おうせん)と対等していた桓騎(かんき)です。史実でも一緒に遠征しているように王翦の元で戦っています。正直なところ、キングダムでは人外の力を持っていそうな山の民と桓騎軍が対決したらどちらに軍配が上がりそうか興味は湧きますね。, 大将軍を目指す信のモデルとなっている李信は当然ながら、キングダムファンには意外かもしれませんが、羌瘣も史実では楊端和と共に将軍として趙を攻めています。, 実際に秦が趙を攻めている時期は王翦や桓騎、羌瘣らと楊端和は軍事行動をともにしています。李信や騰(とう)(意外にも実在している)といった武将は他方に遠征に行っていた可能性がありますが、実在の楊端和は趙国遠征で李牧率いる趙軍と戦っていたと思われます。, 山の民として活動しているキングダムの楊端和ですが、史実では平地の将軍となっています。当時の山の民といえば羌族や月氏になりますが、秦に味方していたかは複雑で、どちらかというと攻撃的な秦とは敵対関係にあったといえます。もっぱら秦にとっては趙や魏に侵攻する際、後方の憂いにあたるのが異民族ですから、ある程度は協力関係にあったかもしれません。, 山の民と秦国は穆公(第9代秦王で政は第31代となる)の時代に同盟関係を結んだという設定になっており、残忍性や戦闘能力の高さで恐れられています。キングダムでは楊端和の強さを際正せるために女性ながら『山界の死王』というニックネームが付けられています。信や政の理解者で助っ人的な立場から秦に貢献するという、漫画ならではのキャラ設定で山の民出身ということにしているのでしょう。, キングダムでは楊端和の登場によって異民族を始めて知ったというファンもいるでしょう。三国志にはたびたび登場しますが、いつの時代も山海で暮らす部族の長はとても強く平地のものを脅かします。キングダムによって春秋戦国時代や三国志に興味を持ったというファンの方もいるでしょうから、山の民という部族が強くてカッコいいという模写を作っているのは楊端和のキャラ設定に欠かせないものでしょう。, 実在の楊端和は平地の将軍で趙との対決で活躍した男の武将であり、王翦や桓騎、李牧というキングダムでも強い存在として登場する傑物たちと、凌ぎを削って戦ってきた立派な将軍というのは間違いありません。. 山の王という名に似合わず、作中で屈指の美を誇る山の王・楊端和。 女性でありながら武力・軍略共に山民族で屈指の実力です。 そんな美しく強いという魅力でキングダムの公式の人気ランキングでも上位にランキングされました。 ⇒キン […] キングダムで登場する山の民の男衆の一人で、リーダーである楊端和(ようたんわ)の右腕として物凄い存在感を放っているバジオウ 。普段から面を被っているため素顔はわからないのですが、仲間からの信頼も厚く戦闘においては野獣のような戦い方で相手に恐怖 その楊端和(ようたんわ)の「実写クオリティが高い・アクションシーンがすごい」と話題に … キングダムで美しい美貌と死王の異名をもつ、山の王の楊端和(ようたんわ)。 キングダムの中で楊端和は山の民の王としていくつもの山民族と戦い、勝利し、仲間にしていきました。 楊端和は山の王として様々な種族を仲間にし、今もまだ山界を統一するべく戦い続けています。 映画『キングダム』には特徴的なお面を被って、通じない言葉を喋る『山の民』が登場しますよね。 長澤まさみさんが演じる山民族の王・楊瑞和(ようたんわ)は、普通に平地で使われている言葉も喋るのですが、映画版ではその他の山の民の中に、平地の民の言葉を喋る人物は少ないようです。 【キングダム】楊端和(ようたんわ) タイトル:キングダム 作者:原泰久 出版社:集英社 掲載誌:週刊ヤングジャンプ 連載期間:2006年 – ジャンル:戦国時代、中国史. Copyright ©  はじめての三国志 All rights reserved. 【キングダム】楊端和(ようたんわ)と壁は結婚する?2人の関係を考察します。何かと気になる壁と楊端和の関係。お互いはどのように感じているのでしょうか!?ここでは壁と楊端和の関係について考察し … キングダムのキャラクターの強さを議論の上ランキングにしました!果たして最強の武将は秦国最強の六大将軍の王騎(おうき)か?王騎を倒した龐煖(ほうけん)か?現時点で秦最強の蒙武(もうぶ)か?騰(とう)か?蒙武よりも強いと言われる昌平君(しょうへいくん)か? 大人気漫画キングダムに登場する人物で、最強の女性武将といえば信に味方する楊端和(ようたんわ)と羌瘣(きょうかい)といえます。とりわけ両者は女性だけに捉われず、戦国最強クラスの武将といえるでしょう。, 特に楊端和は羌瘣のように暗殺者ではなく、数万の軍勢を率いる将軍としても描かれており、屈強な山の民を率いて幾度も戦場に赴き、政(せい)や信(しん)を助けています。そんな楊端和は史実上で実在した人物なのか見ていきましょう。, 関連記事:【キングダム】かわいいと話題の楊端和(ようたんわ)の強さは異常!男を惑わす小悪魔に迫る!, キングダムでは絶世の美女として描かれている楊端和ですが、史実上では男性の将軍とされています。キングダムで初めて春秋戦国時代に興味を持ったファンの方は、楊端和をネットで調べたりしたと思われます。最初にいえるのは、キングダムに登場する楊端和は中国史に疎い初心者の方にもイメージが入りやすいように、あくまでも架空のキャラ設定といえます。女性として、しかも美人になっているのは漫画のオリジナルといえるでしょう。イケメンだったかはわかりませんが、容姿端麗として存在しているのは演出の一種といえそうです。, どれほどの強さを持っていたかは資料がほとんどない状態ですので、推測でしか分かりません。武術という点ではある程度の強さを誇っていたでしょうが、キングダムのように並み居る男たちを瞬殺していたかは疑問です。, 将軍としての才能だと、秦の天下統一に欠かせない存在といえる王翦とともに行動し、すでに戦国七雄で1強となっていた秦を一番苦しめている李牧を相手にしたことを踏まえると、楊端和は秦の中でも上位の将軍で、戦術や指揮能力にも長けていたと考えられます。, 楊端和が男性武将ということで、どの程度の位置にランクしていたかというのも気になります。キングダムにもあるように、当時の秦の将軍たちは激動の中で昭襄王(しょうじょうおう 楊端和(ようたんわ)はキングダムの作中で様々な名言を発言しているキャラクターです。そんな楊端和というキャラクターのセリフを名言集としてまとめてご紹介していきたいと思います。楊端和は名言集を紹介できるようなカッコいいセリフを多数キングダムの作中で発言しています。 河了 貂(かりょう てん)は 黒卑村(こくひむら)という乱暴者が集まる村で育つ。 暴力・人殺し・窃盗が日常的に行われる村。 そんな土地で祖父と二人で暮らすが、5歳という幼少期に祖父が他界してしまう。 祖父の亡くなると天涯孤独の身になるが、祖父の遺言である「なにがあっても生き抜け」という言葉を胸に生きて行く。 生活の為に悪党達の見張り役を買って出ることで小銭を稼ぐ。 つまり犯罪の片棒を担ぐことで生計を成り立たせた。 そして学べるものはなんでもした。 文字の読み方書き方、そして歴 … キングダム568話ネタバレと考察です。前回567話では、楊端和(ようたんわ)が敵に囲まれ絶体絶命に。仲間の兵士たちは一旦諦めるのですが、楊端和の力に満ち溢れた目を見て再び立ち上がります。後ろは山の壁、前には自軍を大きく上回る敵の連合軍。 【キングダム】山の民に関する迫害の歴史とは? 第9代の秦王であった穆公は、類まれな愛情深き王でした。 当時敵対していた、大国「普」が大飢饉に見舞われると、食べられない普民の為に敵国であるにもかかわらず、大量の食料を送る のです。. 長澤が演じた楊端和(ようたんわ)は、「山の民」の頂点に君臨する山界の王の設定で、戦いにめっぽう強く、原作漫画では「山の民」から畏敬の念を込めて「死王」の異名で呼ばれ、ミステリアスな存在として際立っている。 山の民の最大勢力の王。他の山民族からは「山界の死王」と呼ばれる。女性ながらその武力は山の民一とされ、自ら先頭に立って幾多の山民族を統合していった。