(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会 【公開】 2016年(日本映画) 【脚本・監督】 片渕須直 【キャスト】 のん(本名・能年玲奈)細谷佳正、尾身美詞、稲葉菜月、牛山茂、新谷真弓、小野大輔、岩井七世、潘めぐみ、小山剛志、津田真澄、京田尚子、佐々木望、塩田朋子、瀬田ひろ美、たちばなことね、世弥きくよ、澁谷天外 【作品概要】 原作は、第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した、こうの史代の同名コミックを、『マイマイ新子と千年の魔法』の片渕須直監督 … なにか心に残るような印象深いアニメの映画ないかな?とお探しの人のために、多くのアニメ映画を観てきた()が、実際に観たアニメ映画のなかから心に残る作品を紹介。この「心に残る日本のアニメ映画おすすめランキング」の記事を見ていただくと、「いいアニ | 片渕須直監督、こうの史代原作の映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に(以下2019年版)』が12月20日より公開される。 (3ページ目)元号が令和に変わり、初の終戦記念日を迎える。終戦から74年。戦争体験者は減り、戦後生まれの人口はすでに8割を超える。文春オンラインでは、現役大学生100人に「戦争」についてのアンケートを実施。前回は「… astrocat18120@gmail.com, Summeryさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog この世界の(さらにいくつもの)片隅に(2019 日本)監督/脚本:片渕須直原作:こうの史代製作:真木太郎製作総指揮:丸山正雄音楽:コトリンゴ出演:のん、細谷佳… 映画を観て、感想や印象に残ったシーンを 絵にしてみよう! 2020年度もコンテスト開催決定! (募集期間:2020年11月2日(月)~2021年1月17日(日)) 今年は全国どこにお住まいの方でもご応募いただけるようになりました! 片渕須直監督による2016年公開のアニメ映画『この世界の片隅に』に、30分近くの新規シーンを付け足した『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が12月に公開されると発表された。 『この世界の片隅に』を観てきました。印象に残ったシーンに関して、感想を述べたいと思います。 解離するすずさん 『この世界の片隅に』について、東浩紀さんは以下のように述べています。 アニメーションの本質はなにか。 劇場アニメ『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の公式サイトです。戦時下の日常を生きるすずの想いがより深く描かれるーー。大ヒット上映中!監督:片渕須直、原作:こうの史代(双葉社刊)、主演:のん、音楽:コトリンゴ。 『この世界の片隅に』を観てきました。印象に残ったシーンに関して、感想を述べたいと思います。 解離するすずさん 『この世界の片隅に』について、東浩紀さんは以下のように述べています。 アニメーションの本質はなにか。それはすべて嘘だということである。 インタビュー 2020/9/25 17:00 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』片渕須直監督が読者の疑問に次々回答!名作誕生の“秘密”が明らかに(画像2/14) 2019年11月21日 12時00分 『映画秘宝』2020年1月号より再録。, ※本文にはネタバレを含みます。映画をご覧になった後にお読みいただけますと幸いです。. すずは、実家を訪れた青年、北条周作に結婚を申し込まれる。あまり結婚に乗り気ではなかったすずだが、周囲の勧めに後押しされ、18歳で呉の北条家にお嫁に来る。 北条家での、すず・周作・円太郎・サンの4人での共同生活が始まる。のんびりとした性格のすずは、はじめは慣れない土地での生活に戸 … 『この世界の片隅に』を観てきました。印象に残ったシーンに関して、感想を述べたいと思います。, アニメーションの本質はなにか。それはすべて嘘だということである。すべて現実ではないということである。だからそれは解離の表現に向いている。「この世界の片隅に」は解離の作品である。すずは戦争から解離している。だがその解離こそが現実であり生なのだというのが本作の主題である。, 確かに、この作品において、すずさんは周囲の世界から解離していると思います。その解離は、映画の中では、周囲の世界、そして自分におきる出来事の、すずさんによる受けとめ方のずれという形で表現されていると言えるでしょう。, ここで問題になっているのは、すずさんによる世界の見方、つまり、認識だと思われます。すずさんの世界認識は周囲とずれている。もちろん、正しい現実認識というものは唯一絶対にはありませんが、それにしても、最初からすずさんの天然ボケっぷりやのんびりとものおもいに身を任せたり夢を現実と混同したりする感じは甚だしいものです。, そして、このような認識のずれは、すずさんの中で生起している想像と現実との混同や、絵の現実描写への貫入を映画がすずさん内部の視点から描くことを通し、観客に対して提示されています。, そうであっても、世間一般に流通する枠組みで見ることができる出来事に接する限りにおいては、すずさんの解離はそれほど甚だしいものにはなりません。周囲が出来事に対する解釈の枠組みを提示するからです。, しかし、誰に取ってもその受けとめに窮するような出来事の場合、個々人に独自の認識のあり方が、出来事を把捉しようと表に出てきます。空襲や時限爆弾など、生命の危機に接する場面で特に、絵が背景と重ね合わされることが多いのは、このようなことを示していると言えるでしょう。, 以上の考えをもとにすれば、自分の見ている世界を描くことは、解離してしまっているすずさんの側からの、世界に対する手探りのようなものだととらえられると思います。, この作品は、解離したすずさんが現実とどのように関係性を持っていくかということを一つの主題とした物語であり、そこに挟まる世界への認識という行為が、絵を描くという行為に仮託されてあらわれているということになるでしょう。ここまでが前座です。, すずさんと晴美さんが時限爆弾の爆発に遭ってしまうシーンが、私には大変印象に残りました。すずさんのような周囲とずれた、特異な認識のあり方を持つ人物が、自分の生命に到来した現実的な危機をどのように受けとめていくか、ということが問われるシーンです。言い換えれば、このシーンは、絵を描く人物を主人公として設定することに託された意味が現れる場面であると思います。, 簡単に確認をしておきます(おぼろげな記憶からなので、大変あいまいですが)。ここは、以下のような流れになっていたと思われます。, 石塀の向こうにあるものを見ようとした晴美さんが、破壊された石塀の後に接近した時、地中にあった爆弾が爆発してしまいます。その直後から、爆発に巻き込まれ、右手を失ったすずさんが、次に家でめざめるまでの内的意識の過程が描かれます。 その内的意識の過程は、以下のようなものでした。, まず、火花のような形の点滅が描かれます。次に、その点滅が、つないだ手の形になり、繰り返されます。その後に来るのは、着物です。 序盤ですずさんは、嫁いだ先の家において、着物をもんぺへと縫い直そうとします。その際、具体的にどのようにして着物を裁ち切るのか頭のなかで構想したのでした。その構想の場面で現れた、裁断される着物が、意識の流れの中に現れます。まずはそのままの形で現れ、次に裁断される、という過程が描かれます。 その後にすずさん自身の声により、問いかけがはじまります。すずさん自身が描いた絵がなんども現れながら、自分はどこにいるべきだったのか、というような問いかけが続いていました。, 上で若干詳しく述べましたが、私にとり大変印象に残ったのは、この中で現れる着物です。, 先に述べたように、この映画で、主題化されているのは、すずさんと世界との関係だと私は捉えています。このシーンが、そのテーマとの関係で着目すべき点だと思われるのは、すずさんの内的意識にカメラが入り込んでいき、時限爆弾の爆発に遭ったという事柄が、すずさん内部から描かれるからです。すずさん自身の認識と出来事との関わり合い、そして、その変容が描かれる場面と言って良いでしょう。, しかし、すずさんの認識と世界との関係が前景化するこのシーンに、着物の縫い直しの記憶が挿入されるのはどうしてなのでしょうか。このことがわかれば、着物という形象が映画全体といかなる関係のもと現れているかわかるはずです。また、着物が表すものから、映画全体を見直すこともできるはずです。, 晴美さんの死直後の内的意識の描写のなかで、すずさんは、私の場所はどこだろう、というような言葉を口に出します。晴美さんの右に私がいればよかった、というようなセリフも見られました。, タイトルに引きつけていえば、このセリフは、「この世界」の中の、自分のあるべき場所がわからない、というすずさんの問いかけとして捉えられます。, すずさんが今いる場所は婚姻制度の中で偶然連れてこられた場所にすぎません。従って、そこにすずさんの場所がないのは当然です。, しかしそこを、自分のいるべき場所にするべく、すずさんは努力をしてきました。絵を描くことにより、世界に対し、自分なりの像を形作ろうとすることはその試みの一つです。例えば、配偶者の顔をスケッチするシーンは突然夫婦となるに至ってしまった配偶者を受けとめようとするすずさんの試みに数えられると思います。すずさんは、偶然置かれてしまった場所を、自分のいるべき場所として獲得しようとしてきました。, しかし、晴美さんの死で、すずさんにとって、自分のあるべき場所はあいまいになってしまっています。自分があるべき場所にいたら、晴美さんも右手も失わずに済んだはずだからです。自分がどこにあるべきなのか、という問いは、これまで結んできた世界に対する関係を問い直さなければならない切実さに駆られた問いです。, この直前に現れるのが序盤で縫い直された着物です。その着物はすずさんの内的意識のなかで、縫い直される過程をたどるように、ばらばらになります。, このあたりで思うのは、どうも、着物の縫い直しに、すずさんの世界との関係の組み替えというテーマが仮託されているということです。晴美さんと自分の右手との爆死=喪失をもとに世界との関係が決定的に変容してしまった、ということを、着物のシークエンスの挿入は象徴的に語っているのではないでしょうか。, このシーンは、戦争の悲惨さや、それに付随する悲しみを喚起するという性質のものではないのではないかと私は思っています。少なくとも、私は晴美さんの爆死直後、すずさんが現実世界において意識を取り戻すまでのシーンを悲しいとは感じませんでした。, ただ、怖かった。どう怖かったかというと、全く異なるルールの世界に入り込むような気がした、という意味で怖かったのです。子供の右で歩くか左で歩くかという通常は意識しないような瑣末な事柄が、最悪の暴力の享受につながってしまう。, このような、瑣末な決定が、すずさんと世界との関係を決定的に変化させている。そのことを示すために、着物がモンペに組みかえられていくことが、ここであらためて示されていたのだろうと思います。, 加えていえば、やはり身体欠損、四肢切断というテーマもここに重ねられているでしょう。着物がモンペという戦時体制下の服に組み替えられるように、すずさんの身体もまた、ふさわしい形に変えられ、必要のないものはもぎとられていく。右手がもぎとられたのが、絵を描くという行為の中にある体制にとっての危険を示しているととることはできます。すずさんの、絵を描くという行為は、憲兵から注視されていたものでした。交換可能な労働力として働くべき人間が、あるべき場所を模索したり、偶然置かれた場所と自己の意味を問うたりすることは、体制下では余計なことであるといわざるをえません。, それにしても、着物の組みかえの図式的な表現は、その抽象度の高さにおいて、戦争の中の個人の生という個別具体的かつ歴史的文脈から切り離せない物語の中に置かれると、どうも異質で、その異質さも怖さになっていました。この怖さが一番強かったかな。戦争体験を描いたアニメで一番怖かったかもしれない。戦争体験というのは強いナラティヴの支配のもとにありますが、それを抜け出ていた気がする。, ありえた異なる可能性への飛翔の際に危機が訪れるというのがこの作品のテンプレのようです。晴美さんは今彼女にとってある世界の外部へと行こうとし(石の壁のはずなのにすずさんの意識をたどる場面で木の柵になっていたのは、あれはなんだったんですか)、爆死する。すずさんは、飛び立つことのできる白い鳥を追って、呉でなく、広島の土地を想起し、空襲で死にかける。, 分岐点においては、様々な選択が可能ですが、いくつもの選択をとりうる場面は躊躇し、立ち止まることで、危険をよびよせもします。熟考し、必要ならば過去にありえた別の選択肢に途中から合流するといったことがゆるされない大きな流れの中で、翻弄される個人の姿が描かれます。立ち止まることはできないのです。そして、着物が縫い直されるように、分岐点に来るたびに、自分の決定により掴み取ったものではない選択を強いられた上で、決定的な認識の変容をせまられる。, いま書きながら、時限爆弾後のシーンで縫い直される着物のシークエンスが挿入されているのを見て、何が怖かったかといえば、それが不可避であるということだったかもしれない、と思いました。決して後戻りできない組み替えが、目の前で起きること。まだ左手も両足も残っている、というようなことを述べて、自分がまだまだ戦えることを主張する玉音放送時のすずさんは、前半ののんびりした天然ボケのすずさんと対照的ですが、この変化は、どうも着物がもんぺへと縫い直されるシーンと連関しているように思われます。苦労して築いてきた世界との関係が一挙にまた、ばらばらに切断され、戦時体制の身体へと組みかえられてしまうこと。それは、着物を裁断するように、無機的に行われるということ。, これを観た年の終わりにもう一度『この世界の片隅に』を観ました。大林宣彦監督の『この空の花』という映画とともに。二つの映画にまたがる形で、戦争を表象することについて以下に少し書きました。, やはり同じように戦争について描かれた映画として、それぞれ全く毛色は違うのですが、『スカイ・クロラ』と『風立ちぬ』について私は注目しています。, 就労しつつ人文系の大学院生をしているastro_cat_のブログです。勤め先は出版社の編集局。ご連絡は以下までどうぞ。 原作は、第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した、こうの史代の同名コミックを、『マイマイ新子と千年の魔法』の片渕須直監督がアニメ映画化。, 第2次世界大戦時の広島や呉を舞台に、どんな時も前向きに生きる主人公すずと、その周囲にいる人々の日常を描いた作品。主人公すず役をのん(本名・能年玲奈)が、はじめて声優に挑戦したことも大きな話題な作品です。, 広島国際映画祭2016では、ヒロシマ平和映画賞、第38回ヨコハマ映画祭では、作品賞と審査員特別賞(のん)が、ダブル受賞。, 幼い頃から叔母の家で座敷わらしに出会ったり、町に出ては人さらい(バケモノ)に出くわしたりと、日常と超現実の境で生きる不思議系少女。, 中学の時、幼馴染で憧れの水原哲の代わりに描いた海の風景が、(哲の名前)絵画コンクールで受賞したほどの腕前でした。, すずは、あれよあれよという間に、北條家へ嫁となりましたが、相変わらずおちょこちょい、マイペースの日々を過ごしてます。, そこに出戻りの小姑、周作の姉の径子が帰ってくると、おっとりしすぎのキツく当たってきました。, シンドイこともありますが夫の周作の優しさもあり、すずは持ち前の明るさで、北條家の嫁としての役割をこなしていきます。, 口の悪い径子の娘とは思えないほど可愛い晴美は、すずと一緒に遊んだり、絵を描いたりと過ごす楽しい毎日。, 事情を知った周作の母サンは、すずにヘソクリを与えると、呉の町場のヤミ市へ買いに行かせます。, リンとすずは、いっときの楽しい会話を過ごし、リンは、すずに帰り道を教え帰してくれました…。, やがて、ある日、すずは、軍法会議所での勤務が終わった周作と待ち合わせ、夫婦水入らずの時間を過ごします。, その際にすずは、周作から痩せたこと指摘され、妊娠の疑いから病院の検診に行きますが、結局は夏バテによる体調不良でした。, 航空機エンジニアとして働く義父の円太郎は、空襲で大ケガをして病院に入院。周作も実家を3ヶ月間離れることになります。, すずは、径子が汽車の切符を購入する待ち時間に、晴美を連れて円太郎の見舞いに出かけます。, その帰り道、晴美に軍艦を見に行きたいとせがまれ、そちらに向かったすずたちは、空襲に遭遇。, 径子は、すずに「人殺し」と呼ばれ、身も心も傷ついたすずは、持ち前の明るさも消えてしまい自暴自棄に落ちます。, 北條家に焼夷弾が落ちたり、至近距離から機銃掃射による空襲を受けるなど、すずや家族は命の危険にさらされます。, 広島の実家に帰ることを決めたすずに、径子はすずの髪をとかしながら、人殺しと非難したことを謝罪。, すずは径子と和解しますが、それもつかの間。これまでには体験したことのない地響きとキノコ雲を見上げ、不安になるすず…。, 8月15日終戦。一家そろって玉音放送をラジオで聞いた北條家。義母サンは、とっておきの白米を一家に振る舞います。, 終戦後は進駐軍が占領を開始すると、軍も解体され、円太郎と周作はそれまでの職を失い自宅へと帰ってきます。, 一方の浦野家では、原爆が落ちた日、街に買い物に出かけた母は即死、その後、父は10月に病死。, 生き延びたのは、妹のすみだけ…、里帰りしたすずに不安を漏らしたすみ。すみは、被爆し原爆症の症状が現れていました。, 年が明け焼け野原のバラックのベンチに座りすずと周作が食事をしていると、身寄りのない幼い少女ヨーコが近寄ってきました。, すずは、ヨーコに食べ物を与えます。結局、2人はヨーコを北條家に連れて帰ると、新しい家族として迎えられます。, まず、本作品は、多くの個人(3374人)支援者からクラウドファンディングを通じて、映画部門では国内最高金額を集め、制作されました。, このことは、企業が映画を作るのではなく、市民(ユーザー)が見たい映画を作る時代の幕開けを告げるものでした。, 今後作家性の強い映画監督は、観客と共に映画を作っていくというスタイルの確立は、これまでのいわば「収益」(動員数、売り上げ)といった今までの映画の価値を測る尺度ではない、映画の新しい価値を見せたと言えるのではないでしょうか。, 2つ目は、この作品を観た観客が、“感動に涙した思い”や“映画の興奮”を、TwitterなどのSNSで拡散させたことで、大きな動員の拡大を見せています。, しかし『この世界の片隅に』は、観た人が、鑑賞後の想いを周囲に話さずにはいられない映画であるため、その想いをそれぞれに発信しているように思われます。, なぜ発信するのか。それは個人だけでその“思い”を受け止めるのには耐え難いからだと思います。そのことは、“311の体験”にとても似ている何かと考えられますね。, あの時、失ってしまったのは、物や財産ではなく、日常という普通の日々の暮らし。絆ではなく、今できることを分け合う価値である。, このことに、触れた観客がその衝撃の大きさに堪えきれず周囲と共有する、そんな作品だからでしょう。, ちなみに、ラジオ放送では、映画評論家の町山智浩は「2016年の町山大賞」を与え、ライムスター宇多丸は、「5000億点」という評価もつけました。, 多くの人は、反戦争映画では説教臭い、暗い気持ちにさせられるなどといった偏見や倫理観を見る前に抱いてしまうのではないでしょうか。, この作品を見る前には、反戦の代表的な作品『はだしのゲン』や『火垂るの墓』の刷り込みがあったから、同じようなアニメ映画であると思い込んでしまうこともあるでしょう。, だからこそ、8月6日という原爆の日に向かう物語の進行と、すずの日常のサスペンスがあまりに巧みで、他に類を見たことがないのでしょう。, 原爆投下のシーンの描き方は、描かれる破壊性を見てみたいと観客が思う期待に、片渕須直は自制心を掛けます。, 日常とは豊かな連続に過ぎず、物語性の高揚感は刺激であると、普通のすずを見れると理解できるのではないでしょうか。, さて、この作品は、来年も上映館の拡大、そして世界各地での映画上映など広がりを見せていくでしょう。, 真木太郎プロデューサーの話によれば、イギリス、フランス、ドイツ、アメリカ、メキシコなどでの上映が決まっているようです。, さらに、未制作部分、すずと白木リンをめぐる約30分と言われているシーンはいつ完成するのか?, これに関しては、片渕須直監督はインタビューに述べているようで、完全版は監督の悲願のようです。, その前に、現在上映中の『この世界の片隅に』をまだ見ていない方に、ぜひ映画館で鑑賞していただきたい!, 例えば、すずと周作が出会った「人さらい」のバケモノのくだりは、後に、すずが死にゆく妹のすみに兄がバケモノになった夢物語を語ります。, さらに、すずと周作たちのヨーコの出会いは、「孤児を引きとる(“ある意味では、逆に人さらい”)」に繋がり、径子へとつなぎます。, これは、映画を簡単にドラマチックにするために二極化で描いてしまう陳腐さを見せてくれた一例だと思います。, そんなことが、全編に散りばめられた夢のような本当の話が、『この世界の片隅に』なのです。, 日曜日6時からフジテレビ系列で放送されている誰もが知っている「ちびまる子ちゃん」。 はまじや山田など、非常に個性的なキャラクターが揃っている「ちびまる子ちゃん」ですが、実は3度の映画化がなされています …, 映画『塔の上のラプンツェル』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【コロナ王国で“隔離”されたお姫様の運命とは】, 映画『塔の上のラプンツェル』は ディズニー初の「3Dで描かれるプリンセスストーリー」 映画『塔の上のラプンツェル』は、グリム童話の『ラプンツェル(髪長姫)』を映画化したもの。ウォルト・ディズニー・スタ …, 現在もロングラン上映中!DVDも好評発売中と、今だ人気と話題に衰えない片渕須直監督の『この世界の片隅に』。 6月は海外映画祭での上映も目白押しのようです。 今回は『この世界の片隅に」の海外映画祭と上映 …, 『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』いよいよ2017年6月17日公開! 来場者特典と舞台挨拶も決定しました‼︎ CONTENTS1.来場者特典第1弾 佐島勤先生書き下ろし小説「美少女魔法戦士プ …, 今週末に家族で何か映画を観たいあなたには、アニメ映画『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』がおすすめです! 1月13日(土)より新宿ピカデリーほか全国ロードショーされる作品で、これまでには見たことのない“ …, 以下、『この世界の片隅に』ネタバレ・結末の記載がございます。『この世界の片隅に』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。, 失ってしまったのは、物や財産ではなく、日常という普通の日々の暮らし。絆ではなく、今できることを分け合う価値, 映画『僕はイエス様が嫌い』あらすじと感想。研ぎ澄まされた映像とセリフで見せる少年と神の関係, 映画『娼年(しょうねん)』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【松坂桃李主演作品】, 韓国映画『ザ・コール』ネタバレ感想解説と結末までのあらすじ。パクシネとチョンジョンソの時空を超えた血みどろバトル|Netflix映画おすすめ7, 映画『ミッドサマー』あらすじネタバレと感想。「ヘレディタリー」を軽々と凌駕する狂気に満ちた夏祭り!, 『来る』ネタバレ感想と考察。ホラー映画に登場したアレの正体を解説【オムライスのくにへいってみたいの意味も】, 映画『罪の声』ネタバレあらすじと感想レビュー。実在の未解決事件の真相を解き明かすミステリー!, 映画『ジョゼと虎と魚たち』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【池脇千鶴の代表作】, 映画『サイレント・トーキョー』ネタバレあらすじ解説とキャストの配役評価。最後まで誰が生き残るのか⁈, 映画『AKIRA』あらすじネタバレと感想解説。アキラの正体と肉塊となった鉄雄を考察!. Vì chiến tranh mà chia ly. RT @makkiTOEFog: #映画で印象に残っている死 『この世界の片隅に』の晴美ちゃん あまりにもあっけなく、衝撃的で、それと同時に「日常と死が肉薄して隣合わせだった戦争と言う時代の作品」ということをを思い出させる場面でした。 のん主演『この世界の片隅に』の立役者 コトリンゴインタビュー ... とすごく細かくやり取りをさせてもらったことが印象に残っていたんですね 「印象に残る」は英語で leave an impression と言います。 なので、「一番印象にのこっているのは?」と聞きたいなら What left an impression the most と聞けます。 「一番印象に残っているのは です」は What most left an impression was というパターンが使えます。 46 Likes, 7 Comments - 又三郎 (@mata36) on Instagram: “映画「この世界の片隅に」で印象的だったシーンのひとつが、呉では広島の原爆がどういう風に見え、どの程度影響があったかがとてもリアルに表現されていたこと。この写真は正に呉から見た原爆のキノコ雲。 【画像】漫画史上最も印象に残った見開きシーン、これに決まる!!,芸能、今話題のトレンド、おもしろ記事などをまとめているまとめブログ、gossip速報(ゴシップ速報)です。 この映画は、大ヒット映画『この世界の片隅に』の単なる長尺版ではない。250カットを超える新エピソードによって、これまで目にしていたシーンや人物像が、まったく異なる印象で息づきはじめる。 のん『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』すずさんを映画秘宝で再現!未掲載カット公開. のん(本名・能年玲奈)細谷佳正、尾身美詞、稲葉菜月、牛山茂、新谷真弓、小野大輔、岩井七世、潘めぐみ、小山剛志、津田真澄、京田尚子、佐々木望、塩田朋子、瀬田ひろ美、たちばなことね、世弥きくよ、澁谷天外, 【作品概要】 2016年は日本映画が大豊作の年でした。庵野秀明総監督の『シン・ゴジラ』の人気に始まり、新海誠監督の『君の名は。』の興行成績を塗り替え爆進中と話題作が続きました。, 実は、その後をじわじわと追いかけている、スマッシュヒット作が『この世界の片隅に』。, 今後も広がりを見せること必至の片渕須直監督の名作『この世界の片隅に』をご紹介します。, 【キャスト】 ブログを報告する, ハクの名前が「コハクヌシ」になるまで:『千と千尋の神隠し』における「本当の名」の真実味について, どんな映画になるのかな。宮崎映画『君たちはどう生きるか』を『風立ちぬ』から予想する。. 『この世界の片隅に』の広島弁のベースにあるのは、この熱いお2人の、お芝居と故郷への深い愛! ドラマもラスト1話となりました。一言一言お聞き逃しのないように、じっくり楽しんでくださいね。

ウジエスーパー 中里 チラシ, エクセル 重複 統合, 夏目友人帳 なぜ 泣ける, Abcマート セール ナイキ, 京セラドーム イオン フードコート コロナ, 有 村 藍 理 メイク, 70代 一人暮らし 生活費, 有村架純 メイク 眉毛,