アフリカが植民地にされていた理由は? アフリカ史を勉強する上で、避けては通れないのが植民地支配の歴史です。 19世紀後半、植民地拡大の為ヨーロッパ列強(スペイン,イタリア,フランス,イギリス,ドイツ,ポルトガル,ベルギー)はこぞってアフリカに進出し、植民地獲得競争を繰り広げました。 北メリカ植民地のイギリス系住民も独立に必要な資金を蓄えた。 西インド諸島はヨーロッパ人が必要とする品物だけを作らされたので偏った経済になった。 アフリカ諸国は人口が減少し、国力が低下した。 %PDF-1.3 %���� 国内に多数のエスニック集団を 抱える人工的な植民地において、宗主国は自国の 言語を公用語として教育や行政に利用した。. まずは、ヨーロッパの植民地支配の歴史を復習したいと思いますが、一言でいえば、当時のヨーロッパ人は非人道的です。しかし、その当時は植民地支配が常識だった時代ですから、今、その国やその国の人々を非難することは出来ないものとして簡単に振り返りたいと思います。 アフリカ分割から始まったヨーロッパによるアフリカの植民地化は、アフリカの発展や開発へ大きな影響を与えました。 植民地化により、政治、経済、文化面で多大な影響を受け、金、ダイヤモンド、天然ゴムなどの天然資源が減少した結果、 アフリカは政治的、そして社会的にも荒廃していき … アフリカ住民を奴隷としてアメリカに売込んだ近代ヨーロッパの貿易形態。 16世紀以来新大陸の植民地化が進むにつれて,アフリカ黒人を捕獲して植民地の労働力として売ることが始った。 アフリカ西岸を基地としてポルトガル,スペインがこの貿易に乗出し,17世紀からオランダが割込んだ。 "D�N�R���A@�>�>�E�a�"���"�v.^H~��ggf��6 �'��95V��Pp�����. 1880年代から1912年にかけて、ヨーロッパの列強によってくり広げられたアフリカ各地域の支配権をめぐる一連の動きを「アフリカ分割」といいます。 アフリカ分割(アフリカぶんかつ)とは、1880年代から第一次世界大戦前の1912年までにかけて、ヨーロッパの帝国主義列強によって激しく争われたアフリカ諸地域の支配権争奪と植民地化の過程のこと。 25 0 obj << /Linearized 1 /O 27 /H [ 1902 342 ] /L 419646 /E 222893 /N 3 /T 419028 >> endobj xref 25 72 0000000016 00000 n 0000001787 00000 n 0000002244 00000 n 0000002773 00000 n 0000002802 00000 n 0000002831 00000 n 0000002966 00000 n 0000002995 00000 n 0000003134 00000 n 0000003267 00000 n 0000003296 00000 n 0000003432 00000 n 0000003461 00000 n 0000003599 00000 n 0000003620 00000 n 0000003757 00000 n 0000003786 00000 n 0000004633 00000 n 0000004654 00000 n 0000005353 00000 n 0000005374 00000 n 0000006050 00000 n 0000006071 00000 n 0000006701 00000 n 0000006722 00000 n 0000006858 00000 n 0000006887 00000 n 0000007562 00000 n 0000007583 00000 n 0000008241 00000 n 0000008262 00000 n 0000008936 00000 n 0000008957 00000 n 0000009033 00000 n 0000009055 00000 n 0000009076 00000 n 0000009152 00000 n 0000009380 00000 n 0000009550 00000 n 0000015747 00000 n 0000016684 00000 n 0000019419 00000 n 0000019441 00000 n 0000019517 00000 n 0000019686 00000 n 0000019913 00000 n 0000020068 00000 n 0000020300 00000 n 0000020528 00000 n 0000020742 00000 n 0000020973 00000 n 0000020996 00000 n 0000033681 00000 n 0000033757 00000 n 0000033909 00000 n 0000034137 00000 n 0000034158 00000 n 0000034884 00000 n 0000034960 00000 n 0000035250 00000 n 0000035326 00000 n 0000035350 00000 n 0000219986 00000 n 0000220062 00000 n 0000220216 00000 n 0000220447 00000 n 0000220469 00000 n 0000221666 00000 n 0000222265 00000 n 0000222345 00000 n 0000001902 00000 n 0000002223 00000 n trailer << /Size 97 /Info 23 0 R /Root 26 0 R /Prev 419018 /ID[<20d213053b989e6e5e832653683032fd><66d83da2f497f59c3e1ee4748a9f5ca1>] >> startxref 0 %%EOF 26 0 obj << /Type /Catalog /Pages 22 0 R /Metadata 24 0 R /ViewerPreferences << /Direction /L2R >> >> endobj 95 0 obj << /S 53 /T 239 /Filter /FlateDecode /Length 96 0 R >> stream アフリカは産業革命後の工業化を進める欧州諸国にとって、豊富な資源供給先となり、アフリカの植民地化は次第に加熱していきました。. 大航海時代について、 アフリカ、アメリカ、アジアはヨーロッパにボコボコにされて植民地にされたと習いましたが、この色んな国を植民地にしまくったのを世界の一体化と言うのですか?もし違うなら世界の一体化とはバカでもわかるぐらいわかりやすく簡単に教えて下さい! 支配した国. アフリカの植民地を考える上では、ヨーロッパがどのように植民地支配を進めていったのかを考えると簡単に理解できると思います。 17世紀ごろまで、アフリカは未知の土地ということで「暗黒大陸」と呼ばれていました。 アフリカ分割とは。分割会議や植民地にならなかった国など概要を解説. (ベルリン会議:wikiより) 16世紀から18世紀にかけて、ヨーロッパ人たちは西アフリカやギニア湾沿岸の黒人王国と奴隷貿易を行っていました。19世紀に入り奴隷が禁止されつつある中、欧米列強はアフリカ諸国を植民地化していきます。 イギリスはアフリカ南端のケープ植民地と北アフリカのエジプトを拠点として南北から植民地化をすすめます(縦断政策)。フランスは西アフリカからマダガスカル島を目指して植民地化しました(横断政策)。 アフリカの植民地化が激しくなるきっかけとなるのが1884年に … アフリカ植民地とは、18世紀後半から第一次大戦前にかけて、ヨーロッパ諸国が帝国主義のもとアフリカ諸国を植民地にしていったものです。. 20世紀のはじめには、アフリカ大陸の国のうちエチオピアとリベリア以外の国すべてが イギリス 、 イタリア 、 スペイン 、 ドイツ 、 フランス 、 ベルギー ポルトガル の7カ国の支配下におかれました。. 植民地だった国. 近代ヨーロッパ諸列強のアフリカ大陸に対する進出と植民地化をいう。 1870年代のいわゆる帝国主義時代の幕開けは,科学技術の発達や医学の進歩と相まって,新たな原料供給地や商品・労働市場としてのアフリカに,列強の大きな関心を集めることとなった。 16世紀以降、ヨーロッパ諸国は植民地を獲得するために、海外へと進出し領土を増やしていきました。. 植民地支配. 19世紀までにヨーロッパ列強によるアフリカ分割が進み、植民地とされていたアフリカ各地で、第二次世界大戦後に独立運動が活発になり、1960年前後に一斉に独立を達成した。 19世紀末 にヨーロッパ諸国は恣意的なアフリカ分割を行っ たが、それによって成立した植民地国家が、サハ ラ以南アフリカでは事実上最初の制度化された国 家統治となった。. アフリカ諸国の独立/アフリカの年/1960年. やがて大航海時代の延長上にある植民地時代がやってきました。 船乗りたちは実入りのいい土地や航海の拠点として便利な土地を占領し、ヨーロッパという一大消費地域でウケのいい商品を大量生産し、貿易船に載せて運びこみ、巨万の富を得ようとします。 王侯貴族や特権階級と結びつくこ� アフリカの歴史を知ろう。ヨーロッパによる植民地分割 アフリカ 2020.4.15 日本人のイメージとアフリカ人が語る「リアル」との違い アフリカ 2020.4.12 アフリカ 「目次」 ② アフリカ 2016.5.5 想像を絶する過酷な西アフリカ旅行:セネガル~ガーナ アフリカに残るヨーロッパによる植民地支配の影響は? 現在は独立したといっても、かなりの期間支配されていたので、多くのアフリカ諸国は現在でも旧宗主国の影響を強く受けています。 特にイギリス領の13植民地では、アフリカ人奴隷に加えて貧しいヨーロッパ人が年季奉公として多く連れてこられた 。 脚注 ^ American Indian Epidemics Archived 2015年2月14日, at the Wayback Machine . アフリカ分割(アフリカぶんかつ)とは、1880年代から第一次世界大戦前の1912年までにかけて、ヨーロッパの帝国主義列強によって激しく争われたアフリカ諸地域の支配権争奪と植民地化の過程のこと。, 1912年にイタリアがリビアを獲得したことによって、リベリアとエチオピアを除くアフリカの全土がヨーロッパのわずか7か国によって分割支配された[1]。, ヨーロッパ勢力のアフリカ進出は、15世紀のポルトガル・スペインの進出以来、ムスリム(イスラム教徒)やその他の様々な現地の王国との対立抗争をはらみつつ行われてきたが、いずれもアフリカ大陸の沿岸部に限られており、しかも多くの場合、沿岸の港湾を点として支配するのみであった[2]。支配が内陸部まで及ばなかったのは、アフリカにヨーロッパ人が求めたのは奴隷や若干の物産に過ぎず、沿岸の拠点地を通じて内陸部を支配する王国から購入すれば充分事足り、支配を広げるコストに見合う利益がアフリカには見当たらなかったためである[2]。, しかし19世紀に入ると産業革命が進み、それに伴って奴隷貿易が禁止された[3]。この結果、アフリカを奴隷や象牙などの珍品の供給地としてではなく、工業のための原料の供給地とし、さらに工業製品の市場として囲い込む植民地とするほうが経済的に見合うと判断されるようになり、列強は全面的な植民地支配を目指す政策へと大きく転換する[4]。, 当時のヨーロッパの人々は、奴隷貿易の廃絶を求めるなど、アフリカの人々に人間としての権利を認めるようになっていた。しかし一方で、アフリカの人々は自分達より人種的・文明的に劣等であるという意識を強烈に持つようになっていた[2]。こうした考えを抱いたヨーロッパの人々にとって、アフリカ現地の人々を支配下に組み込み、ヨーロッパ式の宗教、政治制度、言語、文化を「与える」ことは、未開な人々を文明化する行為である(altruism)とみなされ、植民地獲得は文明の名のもとに正当化された。, 18世紀の末頃から、ヨーロッパはアフリカの内陸部に対する興味を深め、探検隊を派遣してこれまで「暗黒大陸」と呼ばれてきたアフリカの実像を明らかにしようとするようになった[4]。19世紀半ばにはデイヴィッド・リヴィングストン、ヘンリー・スタンリーら偉大な探検家が現われ、内陸部の探検を進める[4]。これらの探検隊は、宗教的、あるいは政治的な目的を帯びており、探検の目的は奥地へのキリスト教の布教や、奥地の首長との政治関係樹立を行っていった[5]。, また、奴隷貿易の対象ではなく宗教上のライバルであった北アフリカのイスラム諸国は、19世紀には宗主国オスマン帝国の影響力が衰え、また自立した群小政権もヨーロッパ勢力の経済的・軍事的な発展に対してほとんど為す術がないほど弱体化していた。ここに入り込もうとしたのが当時の植民地大国であるイギリスとフランスであり、両国はナポレオン戦争時代からエジプトの支配権を巡って対立関係にあった。1869年、フランスはエジプトと協力してスエズ運河を完成させたが、この建設はエジプト財政に対する過大な負担に跳ね返り、1875年になってスエズ運河会社の株を購入したイギリスがかわってエジプトの支配権を手に入れた。1882年、イギリスはついにエジプトを保護国化し、さらに南のスーダンへと侵攻する。, イギリスは、エジプトとは別に、1815年のウィーン議定書でオランダから手に入れたアフリカ南端のケープ植民地領を拡大し、南アフリカの内陸部に植民地を広げつつあった。イギリスはエジプトと南アフリカの南北ふたつの拠点から大陸を南北に貫くよう植民地の拡大に向かっていったので、これを大陸縦断政策という。, 一方、フランスはモロッコを影響下におくとともに、1830年にアルジェリア、1881年にチュニジアを保護国とした。フランスは北アフリカ西部のマグリブからサハラ砂漠を越えて大陸の中央部を西は大西洋から東は紅海、インド洋にいたる東西に広がった植民地の拡大を目指す大陸横断政策を推進した。1881年には東アフリカのアフリカの角西部にジブチ植民地を建設して大陸横断の東の終点とする。, この2政策が交錯したため、1898年に現スーダンのファショダでファショダ事件が勃発した。この事件においてフランスがイギリスに譲歩したため、大きな軋轢は生まれなかった。, 19世紀後半に入ると、ヨーロッパの新興工業国であるイタリア、ドイツ、ベルギーなどがアフリカへの進出を試み始め、イギリス・フランスや古くからの進出国であるポルトガル・スペインなど、列強の間で植民地の境界を巡る衝突と対立が起こった。特に、ベルギーの国王レオポルド2世が王家の私的な領地としてアフリカに植民地を持つことを目指し、探検家スタンリーを中部アフリカに派遣してコンゴ川流域の領有化をはかると、ベルギーの国内外を巻き込んだ大きな問題となった。また、西アフリカの大河川ニジェール川流域には北のサハラ側からフランス、南の大西洋側からイギリスの勢力がのび、対立が明らかとなる。, これに対しドイツのビスマルク首相はコンゴとニジェールの問題の協議をつうじてアフリカ植民地化の列強の利害を調整する会議の開催を提唱し、1884年にベルリン会議が開かれた[6]。14か国が参加したこの会議によってコンゴ川およびニジェール川の航行の自由が定められ、ベルギー王領コンゴはコンゴ自由国として形式的に独立し、ベルギー王の領有が認められる。加えて、沿岸部を新規に領有した国は、その後背地の領有を国際的に認められること、新規に領土を得た国は他の列強にその事実を通告することなどを定めた植民地化の原則が合意された[7]。, 当然、これらの一連の協定はアフリカ現地の人々の意向はまったく考慮に入れないものであった。そのため、アフリカではヨーロッパ列強の支配が及んでくるのに対し、さまざまな抵抗運動が起こった[8]。すなわち、スーダンにおけるマフディー運動、西アフリカのトゥクロール帝国(英語版)(1848年–1890年)および後継国家のサモリ帝国(英語版)(1878年–1898年)のジハード政権、タンザニアのマジ・マジ反乱などであるが、これらはいずれも圧倒的に進歩したヨーロッパ列強の軍事技術の前に敗れ去り、滅びた。, また、ヨーロッパが到来する以前から、アフリカ現地には様々な土着の王国が既に存在していたが、これらも同様に武力で制圧され、20世紀の初頭までに消滅したり、植民地に内包された保護領になっていった[7]。わずかな例外は、1896年に侵攻してきたイタリア軍を撃退し、独立を保ったエチオピア帝国である[9]。もうひとつの独立を保ったリベリアは、1847年にアメリカ合衆国から送り込まれた解放奴隷たちが立てた国で、英語を話しキリスト教を信仰するアメリカ帰りの黒人たちによる土着黒人を支配したその体制は、周辺諸国の植民地支配と実のところ大差ないものであり、しかも政治的にアメリカの強い影響下にあった[10]。, ベルリン会議を成功させたドイツのビスマルクは、1885年にタンガニーカ(現在のタンザニア)にドイツ領東アフリカ植民地を建設し、カメルーン、トーゴランド、西南アフリカ(ナミビア)を次々に獲得した。さらに、縦断政策により本来この地方の領有をねらっていたイギリスと東アフリカ分割協定を結び、ケニアおよびウガンダをイギリスに譲って過度な植民地拡大による外国との衝突を避けた。, しかし列強の角逐はやまず、1898年にはマフディー戦争によってイギリスの勢力が後退したスーダンにフランスが進軍し、イギリスとフランスの間で武力衝突の危機となったファショダ事件が起こった。スーダンはイギリスの縦断政策とフランスの横断政策の交点であったためであるが、結局はフランスが先にスーダンに進出していたイギリスを尊重して譲歩し、衝突は回避された。, 1904年、イギリスとフランスは最終的な妥協を行い、英仏協商を結んで同盟する。このときまでに西アフリカには広大な仏領西アフリカ植民地が形成され、アルジェリア・チュニジアと仏領コンゴ、ジブチ、そしてマダガスカルがフランス植民地として確定した。一方、イギリスはエジプト・スーダン・ケニア・ウガンダに加え、ニジェール川下流域のナイジェリアを植民地化し、さらにブーア戦争に勝利して南部アフリカに広大な植民地を獲得していた。, 一方、1890年に即位したドイツのヴィルヘルム2世は、ビスマルクを退けて植民地獲得に積極的に取り組み、英仏と対立した。1905年には、英仏協商によって帰属未確定のモロッコがフランスの勢力圏に定められたことに対抗し、第一次モロッコ事件を起こして圧力をかける。しかし、この問題の解決のために開かれたアルヘシラス会議ではスペインとイギリスがフランスの側につき、モロッコはフランスとスペインの勢力圏と定められた。1911年、ドイツはモロッコに軍艦を派遣し、再びフランスを牽制した(第二次モロッコ事件)が、結局フランスに譲歩せざるを得なくなり、モロッコをフランスの保護国とすることを認めた。, 同じ1912年、イタリアがイタリア・トルコ戦争に勝利してオスマン帝国から北アフリカのトリポリ・キレナイカを獲得し、イタリア領リビアを成立させた。リビアとモロッコの帰属確定により、リベリアとエチオピアを除くアフリカの全土はヨーロッパの列強によって悉く分割し尽くされ、植民地と成っていった。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アフリカ分割&oldid=78665749. 前回の記事で、「世界でもっとも安全なはずのヨーロッパ で ... それに対して、仏領西アフリカや仏領赤道アフリカが「植民地問題」で旧宗主国� また、19世紀になるとイギリス、フランスなどヨーロッパ諸国が東南アジア、アフリカを植民地化します。2 20世紀中ごろになると、植民地は相次いで独立しました。 セネガル共和国|ヤッサ セネガルは、隣国のマリなどと同様、フランスの植民地だった時代が長い国。そのため料理もフランスの影響を受けて、マスタードやブイヨンなどヨーロッパの調味料がよく使われ … H�L��JA����w��M��`! ヨーロッパ人がアメリカやアフリカに到達したのは 西暦1500年頃でほぼ同時期です アフリカでは1513年に奴隷貿易が始まってますが アメリカで最初の植民地は1607年頃でした

14歳の母 ネタバレ 最終回, 羽生結弦 雑誌 最新, ギター 指の腹 当たる, Osmo Mobile 3 スポーツモード, イトーヨーカドー ネットスーパー 開店時間, 三菱 シーケンサ Wand命令, マイクロ ドローン 購入, 沖縄 レストラン ランキング, 山田孝之 ドラクエ 映画,