アメリカ紀伊國屋書店ニューヨーク本店の2階に設置された英訳漫画『Demon Slayer(鬼滅の刃)』の専用棚の前で、同作品の米国での人気ぶりを語る高野耕太郎店長 ただ、米国を含む海外では、配信サービスなどでアニメを見てから漫画を買い始める傾向が強い。 DCコミックス(ディーシー コミックス、DC Comics) は、アメリカの漫画出版社である。マーベル・コミックと並ぶ二大アメコミ出版社のひとつ。設立当初の商品はコミックのみであったが、現在ではメディアミックス路線でも作品を売り出している。, 1938年に誕生したスーパーマンの人気を受け、39年のバットマン、40年のジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ(JSA)、41年のワンダーウーマンなどヒーローコミックの企画が次々に登場した。, なお、この時期のJSAは資本提携している二社にまたがるヒーローチームであった。創立時はナショナル社より、魔法使いドクター・フェイト(Doctor Fate)、超高速の能力を持つアワーマン(Hour-Man)、復讐の精霊スペクター(Spectre)、催眠ガスの使い手サンドマン(Sandman)が参加。オールアメリカン社からはアトム、フラッシュ、グリーンランタン、ホークマンが選ばれた。, 1954年、フォーセットコミック社(Fawcett Comics)を訴える。1939年誕生の同社キャラクター、キャプテン・マーベル(Captain Marvel)がスーパーマンの著作権侵害に当たるというものである。初のコミックの著作権裁判として注目された。翌年フォーセットが賠償金を払う形で和解。なお、1972年に当時の作者C.C.ベックも再起用され、キャプテン・マーベルの製作は再開された。だが1967年にコミック出版社マーベル・コミックが誕生していたためにタイトルは「Shazam!」に変更された。, 1940年代後期はSF、西部劇、ユーモア、ロマンスものなども出版。だが1950年代中頃より、コミックの犯罪、恐怖描写に対し、抗議行動などが始まり、若干の路線変更も余儀なくされた。, 1950年代中盤、当時の編集長アーウィン・ドネンフェルドと発行人リーボウィッツは、編集者ジュリアス・スチュワートに試験誌「Showcase」の担当と、過去のキャラクターであるフラッシュのリメイクを命じる。スチュワートはライターのロバート・カニンガー、下絵作画のカーマイン・インファンティーノ、ペン入れ担当のジョー・キュバートらのチームで、新たなフラッシュを誕生させた。1956年「ShowCase」4号で登場した新生フラッシュは人気を得て、同様のSFキャラ、グリーンランタンの再生に繋がっていく。, JLA(Justice League of America)の誕生も1960年である。過去のJSAにヒントを得た、人気ヒーロー達によるチーム活動を描いたコミックであり、同様に現在まで続くシリーズである。スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、グリーンランタンに加え、41年「More Fun」誌から続くマイナーキャラだったアクアマン(Aquaman)、1955年から登場の火星人戦士マーシャン・マンハンター(The Martian Manhunter)が創立メンバー。後にグリーンアロー(Green Arrow:41年「MoreFun」初出)、新生アトム(Atom:61年「ShowCase」初出)、ホークマン、ブラックキャナリー(Black Canary:47年オールアメリカン社)、キャプテン・マーベル、プラスチックマン(Plastic Man:1941年初出、1956年にクオリティコミック社(QualityComics)から買い取ったヒーロー)、ザターナ(Zatanna:1964年、ホークマンに登場)など、マイナー、メジャー問わず様々なヒーローが加入。再生装置としての役割も果たす掲載紙となった。, こうしたキャラクター改革は看板作品にも及ぶ。スーパーマンでは、編集者モート・ウェイジンガーが、現在も登場するスーパーガール、ビザロ、ブレイニアックなどのキャラクターを投入した。, バットマンには編集者ジャック・スキッフがバットウーマン、バットガール、バットマイトなどの新キャラクターや、SF要素を取り入れたのだが、余り成功はせず、後任のスチュワートはインファンティーノと共に探偵の側面を強調することとなった。1960年代の実写バットマンの人気により盛り返すこととなる。, 1967年、編集長となったインファンティーノは、業績を伸ばすマーベル・コミック社に対抗すべく人材補充に乗り出した。作画面ではスパイダーマン製作に携わったスティーブ・ディッコ、新人ながら後々までバットマンに携わることになるニール・アダムスなど。また編集にも、バットマンやグリーンランタンを担当したデニス・オニールなど新たな才能を補充した。だが一方で息切れしてしまうタイトルも多かった。, 1969年、ワーナー・ブラザースの子会社となる。親会社のスティーブ・ロス会長は音楽、映像が好きで活字とコミックに興味なかったので、会議では滅多に発言しなかった。, 1970年、マーベル・コミック社からアーティスト、ジャック・カービーが離脱。DCはすぐさま彼と契約した。カービイはX-メン、ハルク、ファンタスティック・フォーなど多くのマーベルの人気シリーズを、編集兼脚本家のスタン・リーと共に製作した大物であった。彼はDC移籍後、「The Fourth World」なる異次元世界を描いた作品を生み出す。その多くは後にスーパーマンの中に取り入れられていった(大物悪役ダークサイドなど)。他にもデーモン(The Damon)などを手がけた。, 1976年1月、インファンティーノに変わり、子供向け雑誌の発行者だったジェネット・カーンが編集長となる。ここから「DC Explosion」と呼ばれる出版拡大計画が図られ、多くのタイトルが生み出された。ファイアストーム、シェイドなど新たなヒーローものに限らず、非ヒーローものも多かった。, だが計画は失敗。親会社ワーナー・ブラザース社によってその大部分がリストラされた。「DC Implosion」とも揶揄される結果に終わった。, カーンら新体制は、抜本的改革を行うことになった。その一つが著作権使用権を作家にも認めることである。それまで作品は買取で権利は会社が独占していたのだが、それを作家にも分け与えようというものである。これは新興インディーズ出版社などを真似たものである。またTV放映を見習って、柔軟なコンセプトの元に作品作りを始める。, 成功例の一つは「The New Teen Titans」(バットマンの助手、ロビン率いるティーンエイジャーヒーローズ)である。脚本のマーフ・ウルフマン、作画のジョージ・ペレッツが手がけたこの作品は、X-メンに似たコンセプトを指摘されながらも売り上げを伸ばし、製作体制の安定化に貢献した。彼らはスピンオフも利用した。作品からキャラクターをフィーチャーし、新たな作品を作る手法である。「Tales of the New Teen Titans」なるスピンオフ作品では、キャラクターの出自などを描いた。これはメインの物語の連載を中断することなく、時期をずらすことで労働量を増やさずに済んだのである。, ウルフマン、ペレッツのコンビは大きな改革にも参加した。1985年の「Crisis on Infinite Earths」シリーズである。これは大胆な設定変更を伴った一大イベントであった。, 長年連載の続く中で、DCのコミック世界には様々なパラレルワールドが派生。たとえばそれらのなかにはゴールデンエイジのヒーローたちの世界「アース2」や、従来のヒーローと悪役によく似ているが同時にそれぞれの正邪が反転したキャラクターたちが集う世界「アース3」など、別次元の重要な物語世界もある。また、幾度もの他社買収により、キャラクターが増えるにつれて、その他社の歴史と、DC社側の歴史が食い違うため、それらも別次元「アースX」などとして扱っていた。こうした増えすぎたキャラクターと世界観を統合するために、次元間の争いを設定。全ての次元を滅ぼそうとする巨悪との戦いを描き、その末に、矛盾した設定は複数の次元世界の収束と共に統合されたものとしたのである。上記のバットマンの設定なども消滅、新規な設定に再生された。, またイギリスのアーティストであるアラン・ムーアのアメコミ参加も大きな出来事だった。シリアスな作風の彼は、植物化した人間スワンプシングの設定を一気に無理なく描き替えた。のちに多くのイギリスのアーティストがアメコミ製作に参加するようになった契機となったのである。そうした作風の才能の流入は、規制にとらわれず作品を掲載するための新レーベル「Vertigo」の発足に繋がった。, そして、1986年。フランク・ミラーの『バットマン: ダークナイト・リターンズ』とアラン・ムーアの『ウォッチメン』により、コミックの作風自体が変わっていくこととなる。, こうした、大人も読める質の高いコミックの誕生は、1989年からのハードカバー版「DC Archive Editions」レーベルの出版へと繋がった。, スーパーマンの死亡(後に蘇生)、バットマンの引退と後継者の登場(後に復帰)などのエピソードでブームを作るも、出版業界全体の不興もあり、一時的なものに終わった。, 多角的な戦略を組み、美術を重視した「Piranha Press」、資料本などの大型本を扱う「Paradox Press」などのレーベル立ち上げや、アフリカ系ヒーローを扱うマイルストーンメディア社 (Milestone Media) と出版協定を結ぶなどする。この協定は後にアニメ『Static Shock』に繋がる。これは1989年に開始された『バットマン (アニメ)』、その後の『スーパーマン・アニメシリーズ』、『バットマン・ザ・フューチャー』、『ジャスティス・リーグ』の一連のシリーズの後継として用意されたものである。, スポーンで有名なトッド・マクファーレンと組んでいたジム・リーの個人会社ワイルドストームコミック社(Wildstorm Comics)を購入し、会社名もそのままに存続させた。またアラン・ムーアの会社アメリカズ・ベスト・コミック社(America's Best Comics)も買収し、ワイルドストームに併合させている。, 2003年、長きに渡り描き続けられてきたファンタジーコミックシリーズ「エルフクエスト(Elfquest)」の出版権を得る。, 2004年、漫画を翻訳再版するCMXなる子会社を立ち上げ。欧州の「2000 AD」、「Humanoids」社の北米出版権も一時的に得る。また子供向けブランド「Johnny DC」も開始。, 同年、「Infinite Crisis」シリーズを始める。これは再びの設定変更期で、その終了後、それぞれの作品は1年飛んだ世界が描かれることとなった。その失われた一年間は「New52」シリーズとして発売される。, 2005年、「All-Star」シリーズ開始。入り組んだ歴史などを扱わない、簡素なシリーズで「All-Star Batman & Robin the Boy Wonder」、「All-Star Superman」、「All-Star Wonder Woman」など。, 同年、ワーナー・ブラザースが『バットマン ビギンズ』を製作。翌年には『スーパーマン リターンズ』が公開。, DCコミックス社の子会社、ワイルドストーム(英語版)(Wildstorm)社は、2002年にロボテックの漫画の販売を始めた。, アメリカ東部夏時間2010年9月21日、DCコミックスの報道担当は、近い将来に予定される西海岸のロサンゼルスへの移転に伴い、子会社(いわゆる「インプリント」"imprint" レーベル)のジム・リー主宰の「ワイルドストーム」を閉じると発表した[1]。, これは、ワイルドストームの一事業部門で2004年に設立され、日本漫画の翻訳出版を業務としていたCMXが2008年以降、日本漫画の英訳市場の大半を占めていたVIZ メディアやTOKYOPOPにおける日本漫画の英語圏市場そのものにおける人気の凋落(ちょうらく)や淑女・紳士協定[2] 破りのスキャンレーションなどによる、日本漫画の翻訳出版業界自体の業績の悪化、本社DCコミックス自身の支援・宣伝不足や、天上天下の翻訳出版時における修正問題[3][4][5][6][7]などでレイティングが厳しくなり、(マーベル・コミックのMAX: EXPLICIT CONTENT - 18歳以上対象に相当。)で対象読者層が利用する一般書店での流通不足による不振により2010年7月1日に閉鎖された決定を受けてのものである。, この流れを受けてDCコミックス本社は、日本流儀(スタイル)の最初から日本語以外の言語(英語、スペイン語など)で書かれたOELマンガ(Original English-language)部門からも撤退することを決定した[8]。, このため、ロボテック・シリーズの同社におけるグラフィックノベルの刊行は「発祥本国であるにも関わらず、志半ばで中断」し、皮肉にも中国の「シンファ・ウィンシェア」(中文: 新華文軒出版伝媒、英文: Xinhua Winshare Publishing and Media Co. Ltd)で全レーベルのグラフィックノベル化が実現することとなった。, グリーンランタン - リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン - サンドマン - ジャスティス・リーグ (カテゴリ) - ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ - ジョナ・ヘックス - スワンプシング - ウォッチメン - Vフォー・ヴェンデッタ - アウトサイダーズ - バーズ・オブ・プレイ - スーサイド・スクワッド - ティーン・タイタンズ - ゴッサム・シティ・サイレンズ - プロメテア, アメリカン・コミックス - DCコミックス - スーパーヒーロー - アトランティス, グリーンアロー - バットマン: ダークナイト・リターンズ - バットマン: ダークナイト・ストライクス・アゲイン - ジャスティス, インベージョン! アメリカン・コミックス(アメリカン・コミック)は、アメリカの漫画作品の総称である。アメコミとも略される。アメリカン・コミックスという名称は、アメリカの漫画と他国の漫画を区別するための呼び方であり、アメリカ国内では「コミック・ブック(Comic book)」あるいは単純に「コミック(Comic)」と呼ばれる。, 通常の場合、アメリカン・コミックスは薄い逐次刊行物の形式で月ごとに発行される(他の作品が混載される雑誌ではない)。「コミック(滑稽)」という英語での呼び名に反し、扱われる主題は必ずしもユーモラスな物であるとは限らない。実際は、ドラマティックでシリアスな作品がアメリカン・コミックの多くを占めている。, アメリカン・コミックスの特徴とされるのがスーパーヒーローものである。1960年代以前には、大小取り混ぜた無数の出版社により、ファニーアニマル・コミックや西部劇漫画、恋愛漫画、恐怖漫画、戦記漫画、犯罪漫画など、グリッター・ジャンル(スーパーヒーロー以外の多数のジャンル)で有名なアメリカン・コミックが存在した。二つの要因から、この多様性は1950年代に急速に失われてしまった。, 一番目の要因は、極めて規制的なコミックコード委員会の設立へと結びついた、「有害な」子供向け漫画に対する一連の公的キャンペーンの高まりであった。この規制は厳しい制約が有るがスーパーヒーロー漫画は認可し、一方で、グリッター・ジャンルを完全に禁止した。結果として、多くのグリッター・ジャンルを扱う弱小出版社の作品は一掃されてしまったが、スーパーヒーロー物を扱う大手出版社は無傷なままに残された。, 二番目の要因は、1950年代後半から1960年代前半にかけて、テレビがライトな購読者層の多くを引き寄せたことである。出版社がコミックコードから離れてライトな購読層向け以外のグリッター・ジャンル作品を制作するようになるまでの間、テレビや映画の方が遥かに高い収益を得られた。しかしながらアメリカン・コミックは、スーパーヒーロー物のようなアクション志向の強い異世界での冒険を、特撮に金をかけることなく、映画産業より高度なボリュームで描くことができたのである。, 日本の漫画に多いスポーツ漫画はアメリカではグリッター・ジャンルに分類されるため、アメリカン・コミックスでは非常に少ない[1]。, レギュラー・シリーズと呼ばれるほとんどのアメリカン・コミックは、中綴じ製本による32ページの薄い月刊の逐次刊行物(英語ではコミック・ブック、日本ではリーフと呼ばれる)として発行される。リーフ1冊の価格は1ドルから2ドル強である。1冊のリーフには1タイトルのみが22ページ前後で、広告、読者欄と共に掲載される。日本の漫画のように最新タイトルが複数の連載作品として1冊の雑誌に併載されることはない。一部の人気エピソードはトレード・ペーパーバックの形で1冊の本にまとめられることもあるが、日本の単行本のように全てのエピソードが発行される訳では無い。, 大手出版社によるアメリカン・コミックのほとんどはフルカラー印刷である。初期のアメリカンコミックは、黒インクの輪郭線と赤・黄・青3色の100%・50%・20%の3階調の重ね塗りによる単純な彩色が施されていたが、現在はコンピューターによる無階調の彩色が導入されている。作画においては、下絵を描くペンシラー、ペンを入れるインカー、彩色を行うカラーリスト、文字を書き込むレタラーによる分業体制が取り入れられている。, 作品やキャラクターの著作権は慣例として出版社に帰属する。このシステムは、特定のキャラクターの物語を複数のアーティストが描き継ぐことにより、何十年も同じキャラクターを使いまわせたり、異なる作品に登場するキャラクターのクロスオーバーが容易に行えるという利点をもたらした。その一方で、本来はアーティストが得られるべき権利が損なわれたり、作品の作家性が失われる欠点があった。特に有名なのは、『スーパーマン』の作者ジョー・シャスターとジェリー・シーゲルの例である。1947年に、DCコミックスに対する利益配分を求める裁判を起こして解雇された二人は、1975年に全米漫画家協会(英語版)の支援によりDCとの示談を成立させるまでの30年間、『スーパーマン』に対する権利を主張できなかった。1992年には、マーベル・コミックの看板作家7人が独立し、アーティスト本人に作品の著作権が帰属するイメージ・コミックを設立した。, アメリカで最初に出版された漫画本は、近代コマ漫画の創始者として知られるスイスの漫画家ロドルフ・テプフェール(1799年~1846年)による『ヴィユボワ氏の恋愛(fr:Les Amours de monsieur Vieux Bois)』(1837年出版)の海賊翻訳版『オバディア・オールドバック氏の冒険(The Adventures of Mr. Obadiah Oldbuck)』(1842年)であると考えられている。, アメリカにおけるコミック・ブックは、19世紀後半の新聞紙上に掲載された初期のコミック・ストリップ(コマ漫画)から発展した。1920年代から1930年代にかけて、新聞既掲載のコミック・ストリップをパルプ・マガジンに収録した初期のコミック・ブックが出現した。この頃のコミック・ストリップは主にユーモラスな性質を備えていたために、「コミック・ストリップ」から採られた「コミック・ブック」という呼び名が適用された。「コミック・ブック」という用語が、扱っている出版物の内容ではなく出版媒体を示すようになった時に、この呼称は混乱をもたらした。, 1933年にマックス・ゲインズ(英語版)により出版された「Funnies on Parade(マンガ大行進)」が、今日知られている形式での最初のアメリカン・コミックであると、多くの人々から認識されている。 ゲインズは、漫画が印刷された9インチ×12インチの広告紙を折り重ねた8ページからなる漫画本を出版した。別の人々は、それ以前の10年間でアメリカン・コミックは出現したと主張している。1931年には、既にベルギーの漫画『タンタンコンゴへ(原題:Tintin au Congo)』が発表されていた。, 1935年2月に、ナショナル・ピリオディカル・パブリケーションズ(DCコミックス)は、オリジナルなキャラクターと物語による「New Fun Comics」シリーズを発表した。このシリーズはパルプ・マガジンから強い影響を受けた冒険物と探偵物から成り立っていた。, アメリカン・コミック史上最も重大な出来事は、1938年にナショナルの「Action Comics」第1号で生じた。ジェリー・シーゲルおよびジョー・シャスター(英語版)による世界最初のスーパーヒーローである『スーパーマン』が、この号で登場したのである。パルプ・マガジンの諸作品や、プラハのゴーレム伝説、フィリップ・ワイリーのSF小説『闘士』などに影響されたスーパーマンは、超人的な腕力と素早さ、その他の超能力を持っており、サーカスの怪力男を彷彿とさせる鮮やかな衣装に身を包んで犯罪者と戦い、優男の新聞記者クラーク・ケントとして秘密の正体を隠し、日々の生活を送っている。アメリカン・コミックス界に『スーパーマン』が与えた衝撃はあまりにも大きく、その後の2年間でほとんどのアメリカン・コミック出版社がスーパーヒーロー物のシリーズを発表することとなり、スーパーマンは世界で最も有名なキャラクターのひとりとなった。, 1930年から1951年までの期間は、アメリカン・コミックの黄金時代(Golden Age of comic books)として知られている。この期間のアメリカン・コミックは、大量印刷と(第二次世界大戦中のコミック・ブックは、安価かつ人気のある娯楽であった)、安定しないストーリーと作画および印刷の質、そして低賃金かつ搾取労働ではあるものの、アメリカの複数の人種に跨って仕事を与えた数少ない業界である事によって特徴付けられる。しかしながら、この期間のアメリカン・コミックは主に子供向けのジャンルであったことから、多くの成人は愛情に満ちた無批判な態度で、この時代を古き良き黄金時代として回顧している。, 戦後、新たなジャンルが加えられ、古いジャンルは拡張された。アーチー・コミックに代表されるティーン・ユーモア、ウォルト・ディズニーのキャラクターが活躍するファニーアニマル・コミック(動物漫画)、サイエンス・フィクション、西部劇物、ロマンス、風刺ユーモア漫画などが、各々の居場所を見出した。長期連載されていたオリジナル3作品『スーパーマン』『バットマン』『ワンダーウーマン』を除いて、1952年までにスーパーヒーロー物はほぼ一掃されていた。, 1940年代後半から1950年代前半にかけて、多数の暴力表現と流血沙汰を含んだ作品で悪名高いECコミックの大きな成功に伴い、恐怖漫画や実録犯罪漫画が台頭した。これらの漫画や他の漫画を標的にして、政治家と規制活動家は犯罪や少年非行、薬物使用、学力低下の原因として漫画を非難した。スーパーヒーロー物の根底にはサディズムと同性愛嗜好があるという考えに取り付かれた精神科医フレデリック・ワーサムの著書『無垢への誘惑(英語版)』が漫画に対する懸念を取り上げ、同書は少年非行に関する上院小委員会に漫画への関心を抱かせた。それらの結果としてモラル・パニックが発生し、学校および保護者のグループによる公的な漫画の出版禁止運動が行われ、いくつかの市では漫画本の焚書が行われた。アメリカにおける漫画業界は急速に衰退した。, 上の出来事により、ナショナルやアーチーに代表される多くのアメリカン・コミック出版社は、1954年にコミックス倫理規定委員会を設立し、「現存するコミュニケーション・メディアの中で最も厳格な規制」を目標としたコミックス・コード(Comics Code)の試案を起草した。コミックス・コードの認可シールは、販売店に運ばれる実質上すべての漫画の上に速やかに現れた。ECコミックは、大して論争にもならなかった数冊の漫画本における試行錯誤の後に、風刺雑誌『MAD』に専念するために漫画の出版ラインを廃止した。この『MAD』は、規制を逃れるため、雑誌形式に変更された漫画本であった。, 1950年代中頃、連続テレビシリーズ『スーパーマン(原題:The Adventures of Superman)』が人気を博した後に、各出版社は再びスーパーヒーロー物の出版を試みた。「Showcase」の第4号(ナショナル、1956年)は、過去のヒーローであるザ・フラッシュを復活させた。『ザ・フラッシュ』の復活から、アメリカン・コミックの白銀時代(Silver Age of comic books)として知られる第二次スーパーヒーローブームが始まった。ナショナルはその後の6年間にわたってスーパーヒーロー物の出版ラインを拡大し、『グリーンランタン』や『ザ・アトム(英語版)』、『ホークマン』、その他のスーパーヒーロー達の新たなバージョンを紹介した。, 1961年、原作者兼編集者のスタン・リーと作画家兼共同原作者のジャック・カービーは、マーベル・コミック用に『ファンタスティック・フォー』を製作した。『ファンタスティック・フォー』の第1話では、人間的な欠点や恐怖心、内なる悪の心を備え、口げんかをしたり借金などの心配をするスーパーヒーロー達の自然なスタイルが導入され、アメリカン・コミック業界の変遷を示す記念碑となった。当時確立されていた堅物の社会改良家たちであるスーパーヒーロー像と一線を画するこれらのキャラクターは、業界に革命をもたらした。カービーやスティーブ・ディッコ、ドン・ヘック(英語版)、その他の作画家らによるダイナミックなアートワークに補われた、リーの多彩にして魅力的な脚本によるこの新しいスタイルは、スーパーヒーローを愛する子供達から、作品の深いテーマを楽しむ大学生の間にまで読者を見出した。最初はマーベルの競争相手であるナショナルにより本が配給されていたため、マーベルが生産可能な本のタイトル数は制限されていた。この状況は1960年代の終わりまで改善されなかった。, ナショナル(DCコミックス)、マーベル、アーチーが、1960年代におけるアメリカン・コミックの代表選手であった。その他の注目に値する出版社としては、ディック・ジョルダーノ(英語版)を初めとする大勢のプロ作家の出発点となった低予算ブランドのチャールトン・コミック(英語版)、デル・コミック(英語版)、ゴールドキー・コミック(英語版)、『おばけのキャスパー』や『リッチー・リッチ』のハーヴェイ・コミック(英語版)、『T.H.U.N.D.E.R. 特に日本の漫画は評判であり、「manga」は外国でも通じる言葉になっている。 しかし、世の中で漫画を出しているのは日本だけではない。 アメリカでもアメコミを出しているし、フランスでもバンド・デシネ(フランス漫画のこと)が19世紀頃から存在する。 アメリカのAmazonのサイト(amazon.com)で、Kindle版のライトノベルや漫画の発売停止が相次いでいる。 記事公開時点で発売停止が確認されているタイトルは以下の通り。 Amazon.comでの発売停止タイトル一覧(日本語表記) 出版社:J-Novel Club 『ありふれた職業で世界最強』 -(ライトノベル) 『 … カルフォルニア州、アメリカ:男性 IRCでお気に入りの漫画のZipをダウンロードしてた頃を思い出すよ。今じゃ何でもストリームだもんな。 それにしてもグーグルで”ワンピース”を検索するとFunimationやvizの前にOneMangaが出てくるのは真剣に問題だと思うよ。 DCコミックス(ディーシー コミックス、DC Comics) は、アメリカの漫画出版社である。マーベル・コミックと並ぶ二大アメコミ出版社のひとつ。設立当初の商品はコミックのみであったが、現在ではメディアミックス路線でも作品を売り出している。 アメリカで最初に出版された日本の漫画(翻訳版)は何かご存知でしょうか? ... そのうち大手出版社からは1ページにつき500ドル(約6万800円)もらうようになったけれどね。 アメリカの漫画を翻訳出版している出版社は、どこでしょうか? 小学館プロダクションがたくさん出してます。バットマンやらヘルボーイやら、大手どころが多いですよ。 Agents(英語版)』で知られる 2.シリコンのようにしなやかなアメリカの出版社の対応 ... テルマエ・ロマエの次作が、よくは知らないジョブズの漫画になったワケ|Mac; 何となくアメリカでコミックを出版している会社を適当に紹介してみようかなーと。DC Comics アメリカを代表するコミック出版社の一つ。1934年設立。現在はワーナー・ブラザーズ傘下にある。代表的なキャラはスーパーマン、バットマン、ワンダーウーマン、グリーンランタン、フラッシュなど。 今や、日本文化の代表ともなった「漫画」。だが、世界各国では様々な漫画文化があることをご存知だろうか。 2012年11月18日に、東京ビッグサイトで行われた「海外マンガ … アメリカの大手出版社DCコミックスが、2021年に始動する新シリーズで活躍する新たなバットマンが、黒人のティム・フォックスであることを発表した。 舞台はヒーロー活動が禁止された未来、新たなバットマンの戦い DCコミックスは、かねてより2021年に、近未来から世界の終りまで様々な … アニメや漫画は私たちの生活の中に多く存在している。テレビをつけるとアニメを気軽に見る ことができ、本屋にも漫画が多く並んでいる。また、日本のアニメ・漫画は現在外国人からも受 け入れられ、世界各国に広まっている現状である。 『出版年鑑2006版』によると、2003年の最終売上規模で224億2,357万ドル(前年比4.6%増)、04年の中間予測規模は237億1,541万ドル(前年比1.3%増)となっている(図1参照;出所『出版年鑑2001年~2006年版』(1)。 なお、このグラフによると、03年からは売上げが下がったように見えるが、これは03年から統計アイテムが変化し、「ブッククラブと通信教育のカテゴリーの統合、予約制参考図書のカテゴリーの廃止」などがあり、02年までとの連続性はない(商務省統計「センサス」の数字をアメ … アメリカで大人気の日本漫画. - パワーパフガールズ - ヤング・ジャスティス - ジャスティス・リーグ Crisis On Two Earths - DCスーパーヒーロー・ガールズ - ジャスティス・リーグ・アクション, キャプテン・マーベル - ザターナ - ブラックキャナリー - ネロン - プラスチックマン - リバティベル - ジェイソン・ウッドルー - ジョン・コンスタンティン - ホークマン - ホークガール - ブラックライトニング, CNN - CNNインターナショナル - CNNエスパニョール - HLN - TBS - TNT - TruTV - カートゥーン ネットワーク - BOOMERANG - ターナージャパン(旅チャンネル・タビテレ・MONDO TV・MONDO麻雀TV・旧JIC), ワーナー・ブラザース映画 - キャッスル・ロック・エンターテインメント - ニュー・ライン・シネマ - ワーナー・インディペンデント・ピクチャーズ, DCコミックス - Monolith Productions - ワーナー ブラザース ジャパン - ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント, ジェームズ・ルセーノ(James Luceno)と故ブライアン・デイリー(Brian Daley)の共同筆名。, https://www.ign.com/articles/2010/09/22/the-wild-storm-of-dc-entertainment, https://www.animenewsnetwork.com/news/2006-07-10/cmx-on-tenjho-tenge-edits-again, https://www.animenewsnetwork.com/news/2005-03-03/tenjho-tenge-manga-heavily-edited, https://web.archive.org/web/20071102062658/http://www.publishersweekly.com/article/CA6457071.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=DCコミックス&oldid=80221526, インビッド(Invid)に敗北した地球からジョナサン・ウルフ(Jonathan Wolfe)大佐の用意した、マラソン(Marathon)級 遠距離高速輸送艦に乗船しての緊急撤退前、ダーナ(Dana)はボゥイ(Bowie)に父母の昔の話を始める・・・。, ウォルトリップ兄弟が執筆。「ロボテック II:センチネルズ」のジャック・マッキーニ(Jack McKinney), 1944年 - ゲインズ、リーボウィッツに権利を売却、よりシリアスな内容を取り扱う. ――日本と比べて、海外で漫画はどのぐらい人気なんですか? ライツ・メディアビジネス局 国際ライツ事業部 森本達也 森本: 市場の規模を金額で見てみますと、日本は約4,400億円、海外は合算して約1,000億円弱ではないでしょうか。もっとも大きいアメリカでも約250億円ほどです。 ※ 講談社推定 日本のほうが圧倒的に売り上げは大きいですね。 ――「日本の漫画は世界に広まっている」とはよく耳にしますが、成長率はど … ▲Ki-oonのロゴ。社名の由来は「胸がキューン」の「キューン」だそうです。 フランスは欧米最大の漫画市場です。去年は1500点以上の新刊が出版され、コミック市場の4割が日本の漫画です(残りの6割がフランスのコミック・バンドデシネとアメリカのコミック)。「ONE PIECE」や「NARUTO」など、ヒット作品の発行部数は10万部を超え、老若男女を問わずフランス人を魅了しています。 Ki-oonはそんなフランスの漫画市場内でもトップ5に入る規模の出版社です。創立時点の2003年から日本の漫画 … タワー・コミック(英語版)がある。, 1960年代後半から1970年代前半にかけて、アンダーグラウンド・コミックスの波が生じた。これらのアングラ漫画は確立されたアメリカン・コミック出版社とは無関係に出版され、その大部分が若者による当時のカウンター・カルチャーとドラッグ・カルチャーを反映していた。それ以前の漫画には見られなかった自由闊達で無礼千万なスタイルにより、その多くは注目に値する。アングラ漫画のムーブメントは1968年に、アングラ漫画の巨匠ロバート・クラムによる『Zap Comix(英語版)』創刊号の出版により始まったのであると考えられている。クラムはフリッツ・ザ・キャットの生みの親でもある。, ブロンズ・エイジ(青銅時代)という用語は、1970年前後に(特にDCとマーベルに関して)起こったアメリカン・コミックの変化が集中した時期に始まる、アメリカのメインストリーム・コミックでの歴史区分に対して一般的に用いられる。ゴールデン・エイジからシルバー・エイジにかけての変遷とは異なり、シルバー・エイジからブロンズ・エイジの変遷は多くの継続して出版されていた作品に関わっており、それほど急激なものではない。すべての作品が同時にブロンズ・エイジを迎えたとは言えない。, シルバー・エイジからブロンズ・エイジへの変遷を示すと考えられる変化は、以下の通りである。, 1970年代における書店買い取り形式による直販制度(ダイレクト・マーケット)は、コミック専門店の登場によって北アメリカ全土で同時に発生した。これらの専門店は社会の偏見の声からの避難所であったが、同時にコミックを衆目から覆い隠すことになった。より多くの号を読者に購入させるために、連載されるコミックのストーリーは更に長く複雑になっていった。1970年から1990年の間に、複数の原因(全国的な紙不足、出版社数の増加、雑誌に対するコミックの商品単価の低さによる販売店の利益率の低さなど)から、コミックの価格が高騰した。アメリカにおけるコミック人気の凋落について考える際に、これらの要素はしばしば指摘される。, 1980年代半ばから後半にかけて、DCコミックスより出版された二つのコミック・シリーズ『バットマン: ダークナイト・リターンズ』(フランク・ミラー)と『ウォッチメン』(アラン・ムーア&デイブ・ギボンズ(英語版))は、アメリカン・コミック業界に重大な衝撃をもたらした。この2シリーズの驚異的な人気は、メジャー系出版社(DCとマーベル)に彼らのタイトルをよりリアリスティックな、暗い雰囲気のものへと変化させた。これらの作風はしばしば冷笑的に「グリム・アンド・グリッティ(grim-and-gritty)」と呼ばれる。この変化は『パニッシャー』『ウルヴァリン』『スポーン』などのアンチヒーロー人気の拡大や、ファースト・コミックやダークホースコミックスなど多くのインディペンデント系出版社の「暗い」雰囲気によっても強調された。数年間にわたり、メインストリーム・アメリカン・コミックの誌上は、血みどろのミュータントと闇の復讐者によって占められていた。この暗闇とニヒリズムへの志向は、DCの看板漫画であるバットマンシリーズの「A Death in the Family」や、同様にマーベルの看板漫画『X-メン』シリーズの「Mutant Massacre」や「Acts of Vengeance」によっても促進された。, 1990年代前半の投機ブームは、一時的に専門店での販売を増加させたが、これらのブームはコレクターズアイテムの供給過剰によって終焉を迎えた。そしてコミックの販売は1990年代半ばから急速に減少しつつあり、数百の専門店が閉店した。今日、北アメリカで販売されているアメリカン・コミックの部数は、出版史上最低のものである。マーベルやDCのようなスーパーヒーロー系の大手出版社は、今でも「メインストリーム」と呼ばれているが、もはや過去の数十年間のような大型メディアではない。, プレスティージ形式によるコミックは、標準的なアメリカン・コミックが数枚の広告紙を折り重ねた単純な製本であるのに対し、それより厚い48ページから72ページの長さで光沢紙に印刷され、背表紙とカバーを備えている。プレスティージ形式の単行本は、DCコミックスによるフランク・ミラーのバットマン作品『ダークナイト・リターンズ』において初めて使用された。この作品の成功はプレスティージ形式の確立につながり、現在この形式はビッグネーム作家が手掛けた作品の披露や、重要なストーリーにスポットを当てるのに使用されている。, プレスティージ形式で発表されるストーリーは、一連のシリーズの一部であるか、独立作品のいずれかである。独立作品が発表される場合は、アラン・ムーアの『バットマン: キリングジョーク』のように、グラフィックノベルやグラフィックノヴェラとして発表される。, コミック専門店の存在は、1970年代後半より始まったインディペンデント系コミックの数回にわたる波を活気付けた。これらの波の最初の作品は、一般にはインディペンデント・コミックあるいはオルタナティヴ・コミックと呼ばれた。これらのある物は、アンダーグラウンド・コミックの伝統を汲むものであった。別の物は、形式やジャンルにおいてメインストリーム出版社の出版物に類似していたが、より小規模なアーティスト本人が所有するベンチャー会社か、アーティスト個人により出版されたものであった。さらに別の少数は、コミックをファインアートの世界に持ち込もうとする実験的な試みの産物であった(特筆すべき例として、アート・スピーゲルマンとフランソワーズ・モーリー(英語版)によるアンソロジー雑誌『RAW』が挙げられる)。, アメリカン・コミックの形式や流通を、より一般書籍に近づけようと変化させていった1990年代の小規模出版社によって、この「スモールプレス(小規模出版)」のシーンは拡大し多様化し続けた。自費出版による極めて非公式なバージョンである「ミニコミック」形式は1980年代に発生し、スモール・プレスと比べても限定された読者の元にしか届かないにも関わらず、1990年代のアーティスト達の間で人気を得た。「アートコミック」は、アメリカン・コミックの伝統的なメインストリームの外部で活動を続けるオルタナティヴ・コミックやスモールプレス、ミニコミックを示す一般的な用語として、時おり使用された。これらの形式において活動を続ける出版社やアーティストは、コミックを一つの芸術形式としてより洗練させたいという願望を持っていた。, いくつかのアメリカン・コミックは社会的に認知されており、ピューリッツァー賞を受賞したアート・スピーゲルマンの『マウス』や世界幻想文学大賞の短編部門を受賞したニール・ゲイマンの『サンドマン』など、作者にはジャンル外からの賞が与えられている。それ自体はアメリカン・コミックではないが、アメリカン・コミックを題材にしたマイケル・シェイボンの『カヴァリエ&クレイの驚くべき冒険(英語版)』は、2001年のピューリッツァー賞フィクション部門を受賞した。, 大衆によるスーパーヒーロー物への関心は、『X-メン』(2000年)や『スパイダーマン』(2002年)のような特撮映画の成功によって増加した。この関心を利用するため、出版社は2002年5月5日から始まったFree Comic Book Day(コミックの無料配布サービス)のような宣伝活動を始めた。加えて、『ゴーストワールド』『ロード・トゥ・パーディション』『アメリカン・スプレンダー』のような非スーパーヒーロー作品の映画化が、コミックメディアのイメージ改善に繋がるのではないかと期待されている。, 2000年代前半、小売店でのグラフィックノベル販売数の増加に伴って、22~30ページ版の月刊連載されるアメリカン・コミックの売り上げは減少し続けた。コミック出版社のグラフィックノベルへの路線変更に加えて、パンテオンのような一般書籍出版社が、知名度の低いコミック出版社から販売されていた作品を含む、無数のグラフィックノベルをこの十年間に販売した。, アメリカン・コミック業界の関係者達は、業界を席捲するグラフィックノベルの出版により、月刊連載されるアメリカン・コミックの時代は終焉を迎えつつあるのかもしれないと、公的に意見を述べた。多くの出版社が、連載形式のストーリーをグラフィックノベルに適用するための計画を立てている。, しかし、危惧されていた月刊連載されるアメリカン・コミックの売り上げは2001年以降年々増加しており、それに伴いコミック市場も1990年代の倍以上に成長している。, アメリカに野球マンガはない? ベースボール大国の気になるコミック事情 | 文春オンライン, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アメリカン・コミックス&oldid=79702628, オリジナル版に近い「よりダーク」にされたバットマンや、職業がテレビレポーターになりクリプトナイトの設定を取り除かれたスーパーマン、一時的に常人となったワンダーウーマンなど、幾人かの人気キャラクターの設定改変。数年後の新. 日本のマンガ市場については、映画やアニメ、舞台など多様なメディアで展開された人気作をはじめ、現代の趣味の多様化にあわせて様々なテーマのマンガが刊行された。 数年前までは紙コミックが主流であったが、スマートフォンの普及や各出版社が提供するマンガアプリの影響で電子コミックが急速に注目を集め、新作マンガだけでなく過去作品の再販などで、電子コミックの利用者が増加。近年の日本のマンガ市場は紙コミ… 最強ヒーロー外伝 - クライシス・オン・アースX 最強ヒーロー外伝 - エルスワールド 最強ヒーロー外伝, ジャスティス・リーグ・アンリミテッド - ヤング・ジャスティス - バットマン:ブレイブ&ボールド - ジャスティス・リーグ・アクション, グリーンアロー - アルテミス - シャドウ - スピーディ - ブラックキャナリー, デッドショット - キャプテン・ブーメラン - デスストローク - ファイアフライ, クライシス・オン・インフィニット・アース - インフィニット・クライシス - ファイナル・クライシス - フラッシュポイント - シネストロ・コァ・ウォー - キングダム・カム - World's Funnest, リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い - キャットウーマン - コンスタンティン - ヒストリー・オブ・バイオレンス - Vフォー・ヴェンデッタ - スターダスト - ザ・スピリット - ウォッチメン - ルーザーズ - ジョナ・ヘックス - グリーン・ランタン - 怪人スワンプ・シング 影のヒーロー, ジャスティス・リーグ - ジャスティス・リーグ・アンリミテッド - ティーン・タイタンズ - ティーン・タイタンズGO! 大原ケイ氏に、アメリカの書籍出版産業の過去10年と、これからの10年について解説いただきました。3日間連続更新の第2回は、「大きくなって交渉力をつけるか、小さくやってニッチを突くか」と「アメリカ出版業界の海賊版対策」です。第1回はこちら。 ハジマタ\(^o^)/「アメリカの出版社がスキャンレーションと協力するかも」に海外の腐女子大歓喜 2010-11-14 : 海外アニメ、漫画事情 : アメリカで静かに影響力を拡大しつつあるアマゾンの出版社. ここで「漫画レーベル」とは、漫画作品の単行本を出版している出版社が、各単行本の内容、掲載誌、判型、その他の特徴を基準に単行本を分類し、その分類ごとに付与した名称のことをいう。 アメリカでも周囲の人々から「お薦めの新刊」を尋ねられることが多いのだが、こちらもその機会を利用して彼らから「最近のお気に入り」の情報を得るようにしている。 漫画は文化的独自性が強いため、アメコミしか知らない米国人にとっては異質なものです。そこで漫画市場の発展を追う前に、アメリカで売られている日本産漫画の特徴を5点に分けて説明したいと思います。 (1) 漫画スタイル 海外の有名な出版社のサイトをご紹介(主に英語圏)。ちなみに日本の出版社も世界規模で見た場合でも上位に入っているところが多いです。講談社とか集英社とか小学館などなど、有名処は世界規模で見ても上位の出版社になっています。これは漫画? アメリカン・コミックス(アメリカン・コミック)は、アメリカの漫画作品の総称である。アメコミとも略される。アメリカン・コミックスという名称は、アメリカの漫画と他国の漫画を区別するための呼び方であり、アメリカ国内では「コミック・ブック(Comic book)」あるいは単純に「コミック(Comic)」と呼ばれる。 アメリカの出版業界情報誌「 パブリッシャーズ・ウィークリー (Publishers Weekly)」は7月19日、世界の出版社ランキングの上位60社を発表した。これは2012年の各社の売上高をもとにランキング化したもので、下の表では上位30社を掲載した。 漫画レーベル一覧(まんがレーベルいちらん)は、漫画 レーベルの出版社別一覧である。. またアメリカの本屋では日本の委託と異なる買取制度や再販制度に守られないためのディスカウント合戦などが繰り広げられていて、本を書く方も、出す方も、また売る方も儲からないという構図になってしまっていたのです。

ひぐらし 羽入 嫌い, 幹 栄 2, 石原さとみ 夫 モデル, ドローンスクールジャパン 中 目黒, 泉南 スイーツ バイキング, ひぐらし 羽入 嫌い, 肺がん ステージ4 免疫療法,