制動装置(ブレーキ)不良自転車運転、酒酔い運転、安全運転義務違反 など 参考:自転車事故の損害賠償例と自転車事故に備えるための方法, 自転車事故でも、自分が事故の加害者となって2000万円を超えるような高額な損害賠償を請求される可能性もあります。近年の自転車事故の発生状況は、年々減少傾向にはありますが、2015年1月時点の統計データによると、事故件数は前年より5万4783件少ない57万3465件となり、ピーク時の平成16年(95万2709件)と比較すると約40%の減少がみられます。 当記事を監修頂いた弁護士法人プラム総合法律事務所の梅澤弁護士の見解は以下の通りです。, 本事故は歩道上に設置されたスロープを歩いて下った先で右から進行してきた自転車と衝突した事故のようです。, 道路の状況が不透明なので、なんともいえませんが、仮に歩道上ので出来事であれば、上記と同じく、歩行者と自転車の過失割合は0-100が基本です。仮に本事故で相手の自転車が歩道外から歩道に進入した場合でも結論は同じです。, したがって、本事故については歩行者と自転車の歩道上の事故と見る限り、歩行者側に過失は認め難いと考えます。もっとも、事故の状況や道路の状況がいまいちよくわからない事案であるため、確定的な判断は難しいと考えます。, 先日、歩道にて私(カッパ)、相手(傘)で正面から衝突しました。(半身ずつズレてた) 対向車同士の交通事故; 進路変更に伴う交通事故 ; 転回車と直進車との交通事故; 交差点以外における横断自転車の交通事故; 3 自転車と自動車・単車の過失割合 (1)基本の過失割合. こういった問題の解決は当事者同士では難しくなりますので、早い段階で弁護士に相談し、正しい過失割合などの算出をお願いしてみることを強くおすすめします。, 両手放しで運転していた場合は重大な過失と判断され、大幅に過失割合が加算される事になります。, 夜間は車が自転車を発見しにくい状況にあり、車が自転車を発見する事の方が難しいからとされています。 それと同様に、歩行者と自転車の場合は車両の扱いになる自転車のほうが過失割合はやはり高めになりますので、相手によって立場が変わるのが自転車のややこしいところと言えますね。, 自動車の方が悪いもしくは五分五分だった場合は、自動車の過失割合が高くなります。しかし、誰がどう見ても自転車の方が悪い場合でも自転車の扱いは少し違ってきます。, 上記でも例に出しましたが、どう考えても自転車の方が悪いと理解していても、自動車側にも過失が出るのは少し理不尽に感じるかもしれません。, しかし、優者危険負担の法則に則り、基本的には自動車の方が不利となりますので、車を運転するドライバーは安全運転に努める必要があるでしょう。 あなたは弁護士に相談すべきかを診断してみましょう。, 多くの保険会社では、被害者1名につき最大300万円までの弁護士費用を負担してくれます。特約があるか分からない方でも、お気軽にご相談ください。弁護士と一緒にご確認した上で依頼の有無を決めて頂けます。, 詳しくは以下の記事を読んで、正しい弁護士の選び方を理解した上で弁護士に相談しましょう。, 交通事故や自転車事故など、事故はいつ起きてしまうか分からないものです。弁護士費用を用意できず泣き寝入りとなってしまうケースも少なくありません。, 弁護士費用保険メルシーは、弁護士依頼で発生する着手金・報酬金を補填する保険です。交通事故だけでなく、自転車事故、労働問題、離婚/相続トラブルなど幅広い法的トラブルで利用することができます。, 補償対象となるトラブルや付帯サービスなど、より詳しい内容について知りたい方は資料を取り寄せてみましょう。, 過失割合が適正か判断したい、今後の対応を知りたいなら、弁護士へのご相談がオススメです。, 過失割合に関するコトを弁護士に相談することで、一部ではありますが以下のようなメリットがあります。, ・過失割合が適正かどうかわかる 自転車事故における過失割合について研究する前に、過失割合がもつ意味を知っておきましょう。, 交通事故では、怪我をした人が被害者で怪我を負わせた人が加害者、というように安易に決めることはできません。, 両者が事故によって発生した問題に対してどのように責任を果たすのかを過失割合では知ることができます。, 自転車事故など、事故はそれぞれ複雑ですが、ある程度事故を類型ごとに分類することができます。, 基準書には事故類型に対応する基本の過失割合が設定されており、さらに「修正要素」があるかどうかの検討がおこなわれます。, 自転車事故をはじめとした交通事故で過失割合がなぜ重要視されるのかというと、損害賠償の金額と深い関係にあるからといえます。, 被害者に少しでも過失があったのなら、その過失分は加害者に請求することはできません。, たとえば過失割合が7:3だった場合、総損害賠償額から3割減額されることになります。, また、自転車は車両であるにもかかわらず車両としての意識が低いため、被害感情が強くなりやすくなります。, 自転車 対 歩行者の事故の場合、歩行者側にも一定程度の過失があると認められやすい傾向にあります。, とはいえ、基本的には自転車のほうの過失が大きいと判断されることが多くなっています。, 保険会社が提示した過失割合をうのみにしていては、適正な損害賠償を受け取ることができない可能性が高まります。, 交通事故を専門とする保険会社と、ご自身のみでの交渉は、困難を極めることが予想されます。, 弁護士が代わりに示談交渉をおこなうことで、過失割合がくつがえる可能性を高めることができます。. 交通事故の過失割合が9対1というケースでは、1の過失が認められた被害者側は得られる賠償金の額が減ってしまうため、納得いかない方も多いでしょう。この記事では、交通... 交通事故で過失割合が10対0になるケースをご紹介します。過失割合が10対0になった場合、加入している保険会社に示談を代理してもらえないなどの注意点もあります。こ... 過失割合は弁護士を通し交渉することで大きく変わるでしょう。適切な過失割合にすることは、慰謝料増額にもつながります。この記事では、過失割合に納得できない人が弁護士... バック事故は事故の中では比較的珍しいため、『どちらが悪いのか』という点でトラブルになりがちです。この記事では、バック事故の過失割合の解説だけでなく、『過失割合』... 交通事故の過失割合は、事故状況に合う裁判例をもとに修正要素なども考慮しながら決めていきます。過失割合によって賠償額は大きく左右されますので、示談交渉時の大きなポ... 先頭の車に非がないことはなんとなく想像がつきますが、2台目、3台目の車に乗っていた運転手にはどういった過失割合が定められるのか、また、損害賠償は誰に請求すればい... 過失相殺を決める際、警察が行う現場検証の実況見分調書が最重要資料となります。この過失相殺について、その意義や過失相殺後の補償金に納得がいかない時、弁護士に相談す... アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。, 本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。. 「自転車同士の事故の過失割合、示談方法について」yahoo知恵袋, 本件のような歩道上での自転車の正面衝突の事例では、一方が事故直前に方向を大きく変えたり、路外から路内に進入してきたというような場合でない限り、基本的には50-50からの判断になろうかと思われます。, その上で、実際の事故状況・事故態様を踏まえ、いずれの当事者に過失を加算するべきかどうかが判断されるものと思われます。, 例えば、上記事故であれば、一方当事者は傘を指しながらの片手運転であったことが伺われ、これがハンドル操作を誤らせる一因となった可能性があります。もし当該事実が認定されれば、一方当事者に10~20程度の過失を加算することはあり得るように思われます。, したがって、本事故については、投稿者の過失を30~40、相手の過失を70~60と主張することに一定の合理性はあるかと思われます。, 自転車事故の過失割合の算定に関してご理解しただけたかと思いますが、実際に過失割合について交渉する際は専門的な知識が多く必要になりますので、当事者間でトラブルになっているようであれば、早急に弁護士などの専門家に相談されることを、強くおすすめします。, 弁護士に相談する以外にも様々な方法があります。 自転車特有の過失割合①-片手運転(携帯電話・傘さし等) 自転車との交通事故の場合、自転車特有の過失割合の要素が存在します。 ここでは、よく問題となりがちな以下の4つの事例のうち、1.片手運転自転車と過失割合について解説します。 駐車場内で発生した事故は道路交通法の適用を受けませんが、交通事故が発生し、任意保険を使う場合には、過失割合を算出する必要があります。 駐車場内で発生した事故の過失割合の算出方法で、公道で発生した事故と少し異なる点は、駐車場内で自動車同士の事故が生じた場合は、駐車スペースに入庫する自動車が優先され、駐車スペースに入庫する自動車の過失割合が低くなることです。 ドア開放事故とは、停車中の自動車がドアを開け、ドアを開放した自動車の左側または右側を通過しようとした他の自動車やバイク、自転車が開放された自動車のドアに接触する事故です。この場合の過失割合について、弁護士が解説いたします。 自転車事故の過失割合とは、事故の発生について、どちらの当事者に、どれだけの責任があるかを割合で示したものです。. 自動車保険の【チューリッヒ】公式サイト。出会い頭(であいがしら)の事故についてご説明。出会い頭の事故とは、異なった方向から進入してきた車両や自転車などが交差する際に衝突してしまう事故のことです。衝突事故の過失割合もご説明。 交通事故; 過失割合; 自転車同士の接触事故-過失割合- 公開日: 2012年10月15日 . しかし、通常は、過去の裁判例を熟知しているということはありませんので、事故類型ごとに過失割合を定型化した「自転車事故の過失割合|状況別の過失割合の例」を参考として頂ければと思います。 まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。. 自転車事故は、歩行者の事故とも自動車同士の事故とも異なる特性を持っています。事故に備えるためには、自転車保険に加入しておきましょう。自転車事故の場合、自動車よりも自転車の過失割合が小さくなります。自転車事故の被害に遭ったら、自転車保険や自動 しかし、当事者同士で話し合いが進まない、トラブルに発展している場合は、交通事故に詳しい弁護士などに相談されることで、スムーズな解決を行うこともできますので、検討されてみるのが良いかもしれませんね。, 自転車事故の当事者(被害者及び加害者)の力関係は、交通事故における自動車やバイク、自転車、歩行者の関係によって様々ですが、自動車と自転車の事故の場合はどうしても自転車の方が弱い立場になるため、一般的な過失割合はやはり自動車のほうが高くなってきます。 自動車同士の事故の場合、自動車とバイクの事故の場合、自動車と自転車の事故の場合、自動車と歩行者の事故の場合とに分けてそれぞれ説明していきます。 自動車同士の事故. 自転車同士の接触事故-過失割合- 2012年10月15 また、過去の裁判例も参考にしていきますので、正確な過失割合を算出する際は、自転車事故の状況に応じて割合を修正しながら決定していく流れを取るのが良いかと思います。 バイクに乗っていると、ふとした運転ミスで交通事故につながってしまうケースもありますが、バイクと車の交通事故の場合、明らかにバイクの方が弱い立場です。バイクが当事者となるバイク事故では、被害者と加害者の過失割合はどのくらいになるのでしょうか? 保険会社から示談案の提示があり、過失割合について見解が示されている場合、「別冊判例タイムズ38」のコピーが資料として添付されていることが多いと思われます。. お互い無保険で素人同士での示談となるため、分かりません。, 私の言い分は、歩道の左側を走行中、傘をさして走行していた相手が私のほうへ直前になって寄ってきた。, しかし、相手は寄っていない、道路の端(私の反対側)を走行していたと言い張ります。 自転車は幼児期においては保護者とともに遊び道具として使われ、その後成長に従って通学や通勤、買い物など多目的に利用され、さらには高齢者も利用できる手軽な移動手段として幅広く使われています。 自転車事故の過失割合(じてんしゃじこのかしつわりあい)とは、自転車事故の当事者間におけるお互いの不注意(過失)の程度を数値化したものです。, 自転車事故の発生件数は年々上昇傾向にあり、平成27年の交通事故発生状況(警察庁の統計)によれば、状態別の負傷者の構成比は、自転車搭乗中が19%になっていますし、兵庫県の自転車保険の義務化に伴い大阪府も自転車保険の加入を義務化にする動きが出てきています。, 自転車は、自動車やバイクのように免許が必要になる乗り物でもありませんし、自賠責保険といった強制加入の保険制度がまだまだ発展しているものでもありませんので、自転車事故の問題点などを踏まえて、今回は自転車事故と過失割合や損害賠償について解説していきます。, 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知, まずは自転車事故による事故の過失割合について見ていこうと思いますが、過失割を決める基準となるものは、基本的には当事者同士の話し合いになります。 交通事故の過失割合は、事故状況に合う裁判例をもとに修正要素なども考慮しながら決めていきます。過失割合によって賠償額は大きく左右されますので、示談交渉時の大きなポイントとなります。この記事では、事故状況別の過失割合や過失割合で揉めている際の対応などを解説します。 個別の事案によって過失割合は前後しますが、被害者側としては、0(自転車):100(ドア開放自動車)と主張していくべきです。事故の状況により過失割合が修正される余地があり、保険会社の提示する過失割合に疑問のある方は、弁護士にご相談ください。 ・弁護士が面倒な手続きなどを代行してくれる このような問題は、大阪府域全体の共通課題となっていることを踏まえ、自転車の安全で適正な利用を大阪府、府民、関係者が一丸となって促進するため、本条例が制定されました。 「自転車事故による高額な賠償請求の例」で詳しく解説していますが、小学生に9500万円もの請求が課せられた例もありますので、今後はますます自転車保険への加入に関心が高まるのではないでしょうか。, 上記のような問題を受けて、いち早く対応を開始したのが兵庫県と大阪府です。兵庫県は平成27年4月から、大阪府は平成28年4月から自転車保険への加入の義務化を開始しました。, 条例の背景 自転車事故の過失割合は、基本的には事故態様に基づいて当事者同士の協議で決めるのが通常です。このとき、過去の判例などをベースに話し合いを進めることが最も適切といえます。 ただ、過失割合の修正には気をつけてください。過失割合の本などもアマゾンなどで購入できますので、実際の事故状況をよく確認して近いケースを当てはめればある程度は分かるでしょう。 ・もし通常よりも不利な数字であればそれを是正してくれる 友人(女性)が自転車同士の事故の加害者になりました。幹線道路の歩道を走行中、すれ違いざまにぶつかり、友人は無傷。相手の女性は全治1か月の骨折しました。友人は感情的には被害者にできるだけのことはしてあげたいと言っているので 自動車やバイクが関係する交通事故や、自転車と歩行者との交通事故の過失相殺については、以下のものを用いられています。 具体的には、実際に起こった交通事故を上記に載っている事故類型に当てはめ、そこに記載された基本の過失割合を参考に、具体的な過失割合を話し合い、決定します。 過失割合とは事故当事者双方の過失の大きさを割合であらわしたもので、「今回の事故は10:0だった」とか「8:2だった」という使い方をするものです。 ところが、判例タイムズや赤い本、青い本には自転車同 … 当記事を監修頂いた弁護士法人プラム総合法律事務所の梅澤弁護士の見解は以下の通りです。, 自転車が歩道を走行することは特に珍しいことではありませんが、やはり歩道上は歩行者が優先であり、歩行者と自転車の接触に伴う基本的な過失割合は歩行者0、自転車100です。そのため、本事故のようなケースでも、基本的に自転車側が歩行者側に何らかの責任を追及することは難しい場合が多いと思われます。, なお、本事故のように歩行者が急に飛び出してきたような場合には、当該飛び出し行為に5%程度の過失を認める余地がないではありません。, しかし、本事故のように飛び出してきた相手が幼児であるような場合には、当該過失が認められるかどうか極めて微妙であり、結論としては、相手方に何らか責任を追及することは、やはり難しいように思われます。, 私はスローブ(結構勾配が急です)を自転車を押しながら(自転車が右側、私が左側)下りたところを右から来た相手とぶつかりました。私は、救急車に運ばれ、結局前歯が1本折れる、打撲、切り傷(小さいけれど顔の一部に傷跡が残る)等を負いましたが、相手は無傷です。自転車は後輪の泥よけが壊れてしまいました。 目撃者もなく、物証もありません。 交通事故に遭った時には「過失割合」が非常に重要です。過失相殺により、加害者に対して請求できる賠償金の金額が減額されてしまうからです。特に自転車運転中に四輪車やバイクとの事故に遭ったときは、過失相殺による影響が大きくなりやすいので注意が必要です。 また、自転車乗用中による死傷者数は12万529人と交通事故全体の死傷者数に占める割合は15.3%と高い数値を示しており、このうちの約2割を高齢者、4割を若者と子どもで占めています。, 自転車事故の大きな問題は、自賠責保険などの強制保険への加入がまだ義務付けられていない点があります。自動車なら必ずある保険が自転車にはないという事は、事故が起きた際に誰も助けてくれる人がいなければ、保証も何もないということになります。 今回は、夜間における車と自転車の交通事故の過失割合について、例を挙げて解説します。 【ご注意!】 ここで紹介する過失割合は、あくまでも一般的な基本の割合です。事故や事故当時の状況によって過失割合は異なります。あくまでもご参考とお考えください。 【事例】一方に一時停止の ・そもそも何から始めて良いかわからない場合のアドバイスをもらえる 【自転車による危険な違法行為の例】, 信号無視、通行禁止違反、歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)、通行区分違反、路側帯通行時の歩行者の通行妨害、遮断踏切立入り、交差点安全進行義務違反、交差点優先車妨害等、環状交差点安全進行義務違反、指定場所一時不停止、歩道通行時の通行方法違反、 当サイト『交通事故弁護士ナビ』は交通事故を得意とする弁護士を掲載しており、事務所への電話は【通話料無料】、電話相談や面談相談が無料の事務所や、着手金が必要ない事務所もあります。 車道を逆走していた自転車と、正面から走行してきた自動車の交通事故での過失割合を解説しています。逆走自転車と自動車の衝突事故では、両方に過失がつき、自動車の過失が重いケースが多いです。一方通行の逆走は、自転車も一方通行が適用されるかどうかで過失が大きく変わります。 そのため、自転車対歩行者の事故の場合、自転車にはより強い注意義務が課されることになり、同じケースの自転車同士の事故よりも自転車の過失割合は高くなります。 自転車と歩行者の事故の過失割合が、8対2もしくは2対8になるケースをみてみましょう。 ・保険会社の真意が探れる 自転車同士の事故では類型化された過失割合がそれほどないため、修正要素という言葉を使うのが適切かは分かりませんが、自動車事故のように一定程度共通して過失として考慮されているような要素があるかどうかを検討するのは意味のあることだと思います。 自転車同士の事故で相手が怪我をしても、ご自身に過失がなければ損害賠償責任を負う必要はありません。少しでも過失があるのであればその分の責任は果たさなければなりませんが、相手の過失割合に応じて自身の損害を請求することができます。 一方、県下の交通事故件数は、自転車関係事故の件数も含めて年々減少傾向にあるものの、歩行者と自転車の事故については、平成16年から平成25年までの10年間で1.9倍に増加しており、自転車側に対して、高額な損害賠償事例も見られる状況にあるなど、自転車の安全な利用への対策が喫緊の課題となっていました。 この事故の過失割合は、自転車35%車65%です。 その④は、優先道路があるt路字で、優先道路を直進する車と、非優先道路から右左折で交差点に進入する自転車との事故の場合です。この事故の過失割合は自転車40%車60%です。 なお、自転車が照明を点灯させずに走行していたような場合も一定の加算がされます。, 下記は一例ですが、自転車事故における過失割合が修正される要素をご紹介していきます。下記の表を見て頂くと、過失割合の修正値に多少の幅が持たされていますが、これは過失の程度に寄って差が生まれるからです。 下記は「(財)日弁連交通事故相談センター」から発行されている「交通事故損害額算定基準」に掲載があったものを参考にした過失割合の数値になります。, 自転車同士の過失割合は自動車同士の事故と同じですので、詳しくは「四輪車同士の事故 | 追突事故の過失割合」をご覧いただければと思います。, 上記の項目によって、過失割合がきまっていきます。自転車同士の事故は四輪車と同じ考えが当てはまりますので、基本的には5:5が自転車同士の接触事故の原則になります。ただ、それはお互いにルールを守っていた上での条件ですので、交通規則を守っていない場合は、必然的に過失割合が高くなっていきます。, 自転車事故の過失割合は、基本的には事故態様に基づいて当事者同士の協議で決めるのが通常です。このとき、過去の判例などをベースに話し合いを進めることが最も適切といえます。 交通事故と言っても、自動車によるものだけではなく自転車事故も非常に多く起きています。自転車であっても重大な事故になるケースもあります。今回は意外と知られていない自転車事故の過失割合や損害賠償、について詳しく解説しています。 自転車事故での過失割合 車と自転車との事故では、過失割合などの点において車同士の事故とは異なる部分もあります。 車体のサイズが小さい自転車のほうが被害も大きくなってしまう傾向にあるため、ドライバー側は事故後の対応について流れをきちんと押さえておく必要があるでしょう。 今回は一時停止を無視して交差点に進入したバイクや自転車、車と接触した事故の過失割合をご紹介します。 一時停止を無視した「自転車と車」の過失割合 まずは一時停止を無視した自転車と車の過失割合です。 事故状況はこちら。 一時・・・ 私の子供(19歳)の自転車対自転車事故の過失割合についての質問です。 片側2車線歩道あり(自転車通行可)の道路上の事故です。歩道に乗り上げる形でトラックが駐車していたため、子供はそれまで歩道を走ってましたが車道に出たところ 7人の弁護士がこの記事に回答しています。自転車事故の過失割合は判例で研究!過失割合はどう決まる?過失割合の意味は?判例から過失割合が分かる?過失割合を交渉したいときはどうする?交通事故を幅広くあつかうアトムの弁護士が回答します。 こうした状況を踏まえ、県では自転車の交通安全対策の強化を図るため、有識者などで構成する「自転車の安全な利用等に関する検討委員会」を設置し、交通ルール・マナーや、事故への備えなどの課題について検討されました。平成27年1月に提言がとりまとめられ、委員会からの提言を踏まえ、県では、「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」を制定されました。 主に以下の点などですね, さらに、自転車でも危険な違反行為を2回以上摘発された場合、公安委員会の命令を受けてから3ヵ月以内の指定された期間内に講習を受ける必要も出てきました。 自動車同士の事故であれば、それぞれの車両に同程度の不注意があったら、「過失割合」も同程度となります。. そこで、自転車側に10%の過失が加算され、 自動車と自転車の過失割合は7対3 となります。 自転車に酒酔い運転、脇見運転、二人乗り、制動装置不良、夜間の無灯火運転といった著しい過失があった場合には、やはり自転車側に10%の過失が加算され、 自動車と自転車の過失割合は7対3 となりま … しかし、自転車と自動車が接触した交通事故の場合には、自転車の方が弱い立場になるために、過失割合が修正され、自転車の過失割合が低めになるケースが多いです( 弱者救済の論理 )。. 【ソニー損保公式】交通事故に遭ったとき、保険会社の担当者が話し合い過失割合を決定します。自動車同士の接触事故を起こした場合は? 自転車で事故を起こした場合は? 実際の裁判例を基準に交通事故の過失割合をご紹介。 結構急なスローブなので、左右確認をして出ましたが、相手は見えていませんでした。, このような場合、過失割合は何対何が妥当なのでしょうか。 引用元:兵庫県|自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例, 大阪府内では、平成27年の自転車事故の死者数は50人に達し、平成26年に比べて16人の大幅増となりました。特に死者数の約5割が高齢者で、その死因の約8割が頭部損傷によるものでした。また、自転車が加害者となる交通事故によって、死者や重篤な後遺障害が生じ、高額な賠償請求事例も発生しています。 依頼するしないは別として、ご自身の場合、弁護士に依頼するとどのようなメリットがあるのかを具体的に相談してみることをオススメします。 引用元:大阪府/大阪府自転車条例, 自転車事故の増加に伴う対応としていち早く対応を開始した2つの県と府の動向をうけ、今後は全国的に加速していくのではないかと思います。ただ、現状はまだそこまで浸透してはいないため、現状の対策としては下記の二つの記事を参考にして頂ければと思います。, (向かって左側から)、お孫さんをお迎えにきたおばあちゃんが、お孫さんとならんで歩いてこられたので右側に迂回しようとしたところ、お孫さんが突然こっちに飛び出してきたので、慌ててハンドルを切り転倒してしまいました。, 病院へ行ったところ、息子が顔と耳に外傷を負い、私は打撲捻挫をし、自転車は破損しました。, このような場合、歩行者側に過失割合は発生するのでしょうか。 この修正値が最大になるのは、幾つかの要素が重複した場合だとお考えいただくのが良いかと思いますが、詳しい内容は弁護士などに相談いただくのが良いでしょう。, では、実際に自転車事故が起こった場合に、過失割合の妥当性を判断する方法と、損害賠償請求をする場合の手順などを確認しておきましょう。, 自転車事故で損害賠償を請求する場合の手順は自動車による交通事故の場合と一緒になります。, 物損事故は被害者に怪我がない場合の事故になりますので、自転車の修理代や再取得の際の費用を基本的には請求していくことになるでしょう。, 人身事故の場合は治療費や入院費用、休業損害、逸失利益、後遺症が残れば後遺障害慰謝料などの請求をしていくことになります。また、怪我をしたのに物損事故扱いになっていると慰謝料系は全て請求できなくなってしまいますので、「物損事故から人身事故に切り替える作業」も発生しますので、覚えておくと良いでしょう。, もし自転車保険に加入していた場合は、早急に保険会社に連絡をして示談代行などを頼むことをおすすめします。保険は基本的に加害者となった場合に頼るものですが、場合によっては保証をしてくれる可能性もありますし、過失割合についてもめているようであれば相談をすることもできます。, 最も安心なのは、弁護士に相談するという手段です。弁護士は100%あなたの味方となってくれる存在ですので、弁護士に依頼することであなたの有利になるように計らってくれます。, 弁護士費用が少々高いというデメリットはありますが、弁護士特約が付随していれば、保険を使って弁護士費用を賄うことができますし、交渉を委任することで、精神的な負担などから開放されるという面は、大きなメリットと考えられます。, 近年、道路交通法は改正が何度かあり、平成27年6月1日施行の改正において、自転車の運転による交通の危険を防止に関する規定の整備が行われています。