ングル「Mothers Talk」(全英14位)、同11月に … byティアーズフォーフィアーズ ... 低音のお声が好き(* ̄∇ ̄*) 以下、一部歌詞を抜粋 ... ティアーズフォーフィアーズ サックスの音の周りをシンセサウンドが彩るイントロに続いてパーカッションが加わり、再びサックスが響き渡ります。 ちょうど第2次ブリティッシュ・インヴェイジョン真っ盛りの時期でしたが、まさにその波に乗りアメリカの音楽市場を見事に侵略(インヴェイジョン)することができたのでした。, また再びダークで力強いサウンドに戻ります。 ンセと、ディレイ交じりのエレキのクリーンサウンドが、非常に気持 … そのころ出会った、 Ian Stanley(イアン・スタンリー)は自宅の8トラックのレコーディングスタジオを無料で開放し、ティアーズ・フォー・フィアーズの初期の楽曲制作にキーボードプレーヤーとして大きく貢献します。 途中から加わる、Marilyn Davisという女性ヴォーカルがいいアクセントになっています。 少しずつ盛り上がっていき、途中に次の曲であるHEAD OVER HEELS(ヘッド・オーヴァー・ヒールズ)のイントロのメロディが加わるところのアイディアはとてもいいです。 ングル・チャート入りを果たしたとき、それまでの彼らの本国イギリスでの成功はこのたったひとつの全米1位獲得曲にとってかわられた。 ダークな雰囲気にきれいなシンセサウンドで、ここでも浮遊感が心地よいです。 非常に静かで、暗めの曲ですが、ローランドのヴォーカルが非常にうまく歌い上げてます。 やはり、メロディが良いので、ポップアルバムとして非常に聴き易く、耳障りがよいのです。, あと、どうしても加えておきたい点ですが、ブライアン・イーノの影響によるものと思われますが、アンビエント・ミュージック(環境音楽)的な雰囲気がアルバム全体に漂ってますね。 ャウトが大ヒットしたティアーズ ... ティアーズフォーフィアーズがコメディアンのレジーワッツ. 売り上げはアメリカだけで500万枚を記録しています。, まさに第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンに乗った好例ともいえる素晴らしい成績を収めています。 前曲と全く異質な始まりを見せますが、歌メロが入る頃には、やはりティアーズ・フォー・フィアーズのサウンドになってるところがいいですね。 特に、ブライアン・イーノのアンビエント・ミュージック(環境音楽)の影響が、二人のアルバムのあの柔らかい広がり感を出したに違いないと感じられます。, そして彼らは自らバンドを結成し活動を始めます。 また、サビの“Shout,Shout,Let it all out♪”の部分の繰り返しは、一度聴いたら忘れられない強烈な印象を残します。, ギターソロもローランドによるものですが、小難しいテクニックなどない、シンプルなメロディを浮遊感たっぷりに奏であげています。 šã®å½¼æ–¹ã¸ 2 】  , このブログをリンクに追加する. この曲のギターソロは、ゲストミュージシャンによるものですが、なかなかかっこよく決めてます。 今更ですが80sシンセポップロックデュオ、ティアーズフォーフィアーズのベストアルバムがSHMスペック盤で出ています!『シャウト』もいいですが個人的に『ルールザワールド』『ウーマンインチェインズ』が超名曲です! シンセベースが16分のリズムを刻み、非常に勢いのある楽曲になっています。 イントロのシンセと、ディレイ交じりのエレキのクリーンサウンドが、非常に気持ちいいです。 ここに、聴いて心地よい秘密が隠されてるのではないかと僕は思っています。 また、同誌Dance Club Songsチャートと、同誌Dance/Electronic Singles SalesチャートでNo.1を記録。 また、ベースはシンセベースが用いられており、無機質な感じが曲に独特の雰囲気を与えています。 ティアーズ・フォー・フィアーズの「ヘッド・オーヴァー・ヒールズ」 をレコチョクでダウンロード。 (iPhone/Androidアプリ対応) このブラウザはサポートされていません。 頭痛の歴史、から、恐れのための涙、を意味する名前へ、って何かこの辺に病んでる感が漂いますね。, というのも、二人とも親の離婚を経験しており、心の傷を負って成長していったようですね。 ャウト」「ルール・ザ・ワールド」「ヘッド・オーヴァー・ヒールズ」などの世界的なメガヒット曲を収録し、全米no.1を記録したティアーズ・フォー・フィアーズのセカンド・アルバム。 イギリスでは4thシングルで、第12位を記録しています。, これは7分ほどに及ぶ大作になってます。 チャートに上がると当然のようにPVなども繰り返し見ることになります。 と思いきやすぐにTEARS FOR FEARS(ティアーズ・フォー・フィアーズ)に変更します。 子供の頃に受けた心の傷の癒しを、そうした療法に求めたことが、彼らの音楽性や歌詞の世界に大きな影響を与えることになりました。, そうして、二人はバンドメンバーを集めて活動を始めることにします。 Tears For Fears Island / Mercury 2001-03-13, 僕を形作った洋楽アルバムたちVol.125 DEF LEPPARD - ON THROUGH THE NIGHT, 僕を形作った洋楽アルバムたちVol.123 FOREIGNER - FOREIGNER(栄光の旅立ち), 僕を形作った洋楽アルバムたちVol.124 TEARS FOR FEARS - SONGS FROM THE BIG CHAIR(シャウト), 僕を形作った洋楽アルバムたち Vol.169 VAN HALEN - BALANCE. ティアーズフォーフィアーズのルールザワールド?って1985年頃の曲は当時、何かのcmに使われていましたっけか? 激しいドラムと、ベースの組み合わせにエレキサウンドが加わるイントロはとてもかっこいいです。 ティアーズ・フォー・フィアーズの周辺が活気づいているようですね; ティアーズ・フォー・フィアーズのライヴ映像公開! ロードがティアーズ・フォー・フィアーズのあの『ルール・ザ・ワールド』を; なんと久しぶり、ティアーズ・フォー・フィアーズ! 雰囲気で言えば、ヒューイ・ルイスのアルバムに入ってもおかしくないような陽気で心地よいサウンドになっていますね。, ところが、もともとローランドは当初、この曲はアルバムの他の曲の中で非常に軽すぎて、合わないと感じていたようです。 前述のように、見た目はイマイチ(失礼)な気がするのですが、この声は十分に魅力的ですね。 tvk「クルマでいこう!」より / ルール・ザ・ワールド(フル)(ルールザワールド)ティアーズ・フォー・フィアーズ(ティアーズフォーフィアーズ) | お得に楽曲ダウンロード!音楽配信サイト「着信★うた♪」 再びChris Hughes(クリス・ヒューズ)をプロデューサーに迎え、2ndアルバムの制作に取り掛かります。 ホットcp オススメ商品。ティアーズ・フォー・フィアーズ / ベスト・オブ・ティアーズ・フォー・フィアーズ(shm-cd) [cd] 頭痛の歴史って・・・。 そしてドラムが入ると、ゆったりのシャッフルビートで、心地よさ抜群です。, この曲のメインヴォーカルはカート・スミスの方です。 間奏部の切り裂くようなエレキのリフも非常にかっこよいですね。 歌が始まって間もなく再びヘッド・オーヴァー・ヒールズのメロディが始まり、次の曲へ入って行きます。, 7曲目は、HEAD OVER HEELS/BROKEN (Live)(ヘッド・オーヴァー・ヒールズ~ブロークン (ライヴ・ヴァージョン) )。, 短い前曲からのチェンジで、ゆったりしたポップロックが始まります。 暗い曲ですが、メロディがいいのでつい引きこまれます。 この二人が、当時のMTV全盛時代の割には、なんかイケテル感じがしなくって、普通の兄ちゃんたち、って感じがしてました。 結果として、アルバムの中では異彩を放ってはいるものの、またも80年代を代表するような優秀な作品が世に出ることになりました。, イギリスでは、この曲は3rdシングルとしてカットされ、第2位を記録し、世界中でも大ヒットを記録しています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); そして二人はセッションミュージシャンとして活動を始めます。, 二人のプロデビューは、ニューウェイヴ系のGraduate(グラデュエイト)というバンドで、1980年にActing My Ageというアルバムをリリースしています。 曲のメロディがいいのと、伴奏のピアノの重厚感とがあいまって、なかなかいい感じに仕上がっていると思います。 ルール・ザ・ワールド ティアーズ・フォー・フィアーズ - YouTube 【TSUTAYA音楽ダウンロード】ルール・ザ・ワールド(フル)/ティアーズ・フォー・フィアーズの歌詞・試聴が無料で楽しめる!おすすめのアルバムやランキング盛りだくさん♪さらに洋楽、アニメ、K-POP、ドラマ主題歌などが、スマホ・iPhone・パソコンで聞ける音楽ダウンロードサイト! この曲は2年ほど前から、ライヴでブロークンと共に切れ目なくつながった曲として発展してきた曲のようです。 この曲ではエレキギターが結構目立って楽曲を飾り立ててます。 当時イギリスからは第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンの波が世界に押し寄せていた中で、カルチャー・クラブ、デュラン・デュラン、ワム!など華々しいバンドが席巻している中で、この人たちは何て地味なんだろう、と僕は思ってたのです。(個人の感想です。), しかし、見た目の華はないのに、音楽は非常に強烈で忘れがたい楽曲、というギャップに惹かれた僕は、彼らのアルバムを聴く事になりました。 しかし、この曲はカート・スミスによると、アメリカでのヒット狙いという作りもあり、アメリカでは1stシングルとしてリリースされます。 ギターソロも、夏のビーチの感じがして、とっても気持ちよいサウンドになってます。 そして歓声と共に楽曲は終了。, この曲のヘッド・オーヴァー・ヒールズの部分がアメリカで3rdシングルとしてカットされ、シングルチャート第3位、Adult Contemporaryチャート第5位、Mainstream Rockチャートで第7位を記録しています。 そして、二人の活動の初期に出会っていたドラマーの Manny Elias(マニー・エリアス)も加わり、ティアーズ・フォー・フィアーズは4人組バンドとして1stアルバムを制作することになりました。, 1983年にリリースされた彼らのデビューアルバム、THE HURTING(ザ・ハーティング)はギターとシンセがサウンドの中心になっており、そこにローランドの苦い少年時代を反映した歌詞が乗る、コンセプトアルバムとなっています。 アメリカではビルボード誌のアルバムチャートで第73位にとどまりましたが、50万枚を売り上げ、ゴールドディスクに認定されています。, そして、1stアルバムと2ndアルバムのつなぎとして出したシングル、The Way You Are(ザ・ウェイ・ユー・アー)がイギリスで第24位、と思ったほどのヒットとなりません。 ヴォーカルはカートがメインを歌ってます。 シンセの音も、サックスのソロも、楽曲をいい感じに盛り上げて、良曲に仕上がってます。 アルバムの2曲目で、とても重たいのに、聴き苦しくはないという、彼らの独特の世界になっています。 この声、柔らかくも力強く、そして空中を漂うような情感たっぷりの声こそが彼らの最大の武器ではないかと僕は思います。 ャウト ルール・ザ・ワールド tears for fears 歌詞付 即決 8,300円 ウォッチ アーサー・ヤノフの原初療法とは、ジョン・レノンが患者となったこともあって非常に有名になった心理療法の一つのようです。 加えて、同誌Adult Contemporaryチャートと、同誌Mainstream Rockチャートで第2位を記録しています。 ティアーズ・フォー・フィアーズ Everybody Wants To Rule The … 今更ですが80sシンセポップロックデュオ、ティアーズフォーフィアーズのベストアルバムがSHMスペック盤で出ています!『シャウト』もいいですが個人的に『ルールザワールド』『ウーマンインチェインズ』が超名曲です! この曲でのパーカッション的な音は、ほぼLinnDrum(リンドラム)というドラムマシーンによるもののようです。 その辺が僕の感じた、カラフルな楽曲なのに華がない、という印象につながっているのかもしれません。 また、とりわけルール・ザ・ワールドのあの、美しい音響の空間処理は、楽曲の持つクオリティを1段も2段も上げていると思えます。, 最新の機材、美しいメロディ、柔らかくも芯のあるヴォーカル、そして浮遊感漂う美しい音響空間、これらの融合が極上のポップアルバムを作り上げたといえるのではないでしょうか。, まさに絶妙のタイミングでイギリスから世界に飛び出したこのアルバムは、やはり80年代洋楽を語る上で欠かすことができない名盤と言えると思います。, 2ndアルバム、SONGS FROM THE BIG CHAIR(邦題:シャウト), ビルボード誌アルバムチャートNo.1(連続ではない5週間) アメリカで500万枚のセールス, 1stシングル EVERYBODY WANTS TO RULE THE WORLD(ルール・ザ・ワールド) ビルボード誌シングルチャートで2週連続No.1、同誌Dance Club SongsチャートNo.1、同誌Dance/Electronic Singles SalesチャートNo.1、同誌Adult Contemporaryチャート第2位、同誌Mainstream Rockチャート第2位, 2ndシングル SHOUT(シャウト) シングルチャート3週連続No.1、Dance Club SongsチャートNo.1、Dance/Electronic Singles SalesチャートNo.1、Mainstream Rockチャート第6位, 3rdシングル HEAD OVER HEELS(ヘッド・オーヴァー・ヒールズ ) シングルチャート第3位、Adult Contemporaryチャート第5位、Mainstream Rockチャート第7位. この曲ではローランドがグランドピアノをプレイしています。 それはなかなか緻密でカラフルな、そして時には影のある、聴き応えある素敵なポップアルバムでした。, このローランドとカートの二人は、イギリス人でティーンエイジャーの頃からの幼馴染です。 Copyright (C) 2020 僕の体の半分は音楽で出来ている All Rights Reserved. 1stアルバムもそこそこのヒットを記録してはいますが、今回は大きく内容が変化してきています。 アルバムの中ではこれまた異質ではありますが、しっとりとしたいい曲で、いいアクセントになっています。, 前の静かな感じから、この曲の動への流れがとてもいいです。 加えて全編にシンセサウンドが80年代独特のキラキラ感をかもし出してもいます。, しかし、そうした独特の音世界が作られているものの、やはりヴォーカルがティアーズ・フォー・フィアーズの音楽を印象付けています。 そして、アルバム全部の作曲にローランドが関わってますが、彼のメロディメイカーとしての才能も見事に開花したと言えるのではないでしょうか。 ここまで、重厚なポップアルバムの様相を呈してお腹いっぱいになれます。, 3曲目は、EVERYBODY WANTS TO RULE THE WORLD(ルール・ザ・ワールド)。, もう、これは超絶に爽快な名曲になっています。 ャウト」「ルール・ザ・ワールド」他、彼らのヒット曲を収録した2001年発表のベスト盤。 アーティスト ティアーズ・フォー・フィアーズ ティアーズフォーフィアーズザ1975のおかげで子供の見る ... ティアーズフォーフィアーズ Everybody Wants To Rule The World 英語日本語歌詞. ティアーズ・フォー・フィアーズ (Tears for Fears)は、イギリスの2人組バンド。1980年代に数々のヒット曲を放った。 最新のシンセ、ドラムマシンなどを駆使して、非常に新鮮なアレンジがアルバムにあふれています。 ローランドの裏声もとても心地よく聞こえます。 なかなかハードでエッジの効いたロックテイストのある曲になってますね。, この曲はイギリスではアルバムリリースの約半年前に先行シングルとしてリリースされ、第14位を記録しています。 ところどころに挿入されるオーケストラヒットも、非常にかっこよく効果的に決まってます。 後半のシンガロングパートも、とても覚え易いですし、気持ちのよいメロディになっています。 今回は1stアルバムで見せた単なるシンセポップのくくりを脱し、よりソフィスティケイト(洗練)された音楽へと変貌を遂げることができました。, では今日は、1985年にリリースされた、TEARS FOR FEARS(ティアーズ・フォー・フィアーズ)の2ndアルバム、SONGS FROM THE BIG CHAIR(邦題:シャウト)をご紹介したいと思います。, イントロからいろんな音が楽曲全体を飾っています。 やはりこの時代まさにこうした機材が革命的に発達していた頃で、見事に使いこなして独特の楽曲を生み出していますね。 イントロのメロディも、とてもいいですね。 また、エレキギターの宙を舞うようなソロメロディもいい感じです。, 大きな盛り上がりがない曲ですが、7分の長さをあまり感じさせないほどの構成になっています。, 1985年リリースの、TEARS FOR FEARS(ティアーズ・フォー・フィアーズ)の2ndアルバム、SONGS FROM THE BIG CHAIR(邦題:シャウト)はビルボード誌アルバムチャートで5週間No.1の座に君臨しました。(5週連続ではありません。) ティアーズ・フォー・フィアーズ ¥ 1,400 (税込) 彼のほうが少し線が細く、柔らかいイメージがありますが、それがこの爽やかな楽曲にぴったりとはまっています。 やはりメロディがいいですし、裏声交じりのローランドのヴォーカルが非常にはまってます。 1984年に彼らの母国イギリスでシングルとしてリリースされたこの曲は非常に強烈で印象的な楽曲でした。 結局80年代が過ぎて、この時代の音楽を狂騒と軽薄の時代とくくって時代遅れと言ってたのも評論家たちですし、最近、再び当時の楽しい音楽を再評価してるのも彼らですから。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 僕を形作った洋楽アルバムたち Vol.138 DREAM THEATER - METROPOLIS PT.2 : SCENES FROM A MEMORY, バンドリ! Vol.18 Roselia 3rdシングル 熱色スターマイン, 僕を形作った洋楽アルバムたちvol.13  THE POLICE ー SYNCHRONICITY, 僕を形作った洋楽アルバムたち Vol.194 FALCO – FALCO 3(ロック・ミー・アマデウス), 僕を形作った洋楽アルバムたち Vol.193 JOURNEY – GENERATIONS. 4thシングル MOTHERS TALK(マザーズ・トーク) シングルチャート第27位 ャウト (ティアーズ・フォー・フィアーズのアルバム)とは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「僕を形作った洋楽アルバムたちVol.125 DEF LEPPARD - ON THROUGH THE NIGHT」, 「僕を形作った洋楽アルバムたちVol.123 FOREIGNER - FOREIGNER(栄光の旅立ち)」, 大好きなアルバムで傑作だと思うのですが、評論家筋には無視されていたようで、残念です。, 僕も、このアルバムは傑作の一つだと思います。 また、カナダやドイツ、オランダなどでもNo.1、本国イギリスでは第2位を記録し、世界的な大ヒット作品となりました。 それを見る限り、明るくポップな曲のあふれている時代に、なんか悲壮感漂うのにポップ、という非常に相反する要素がとても目立ったのを記憶しています。, 曲自体はカラフルなのに、二人のヴォーカルスタイルが何か影をもっている不思議な感じです。 楽器もヴォーカルも、浮遊感を感じる部分が非常に多く感じられます。 このバンドは、Roland Orzabal (ローランド・オーザバル)と Curt Smith(カート・スミス)という主に二人のユニット(一応このアルバムでは4人組のクレジットはされています。)です。 少し激し目のサウンドに戻って、ここでもエレキギターが目立ってます。 tvk「クルマでいこう!」より / ルール・ザ・ワールド / ティアーズ・フォー・フィアーズ(ティアーズフォーフィアーズ)の配信商品一覧 | お得に楽曲ダウンロード!音楽配信サイト「着信★うた♪」 マドンナ ¥ 2,800 (税込) ルール・ザ・ワールド. 確かにそんな雰囲気が感じられますね。 このバンドは、小さなヒット曲を出しましたが、1981年には解散しました。, 1981年までには、二人は当時流行っていた、Talking Heads(トーキング・ヘッズ)、Peter Gabriel(ピーター・ガブリエル)やBrian Eno(ブライアン・イーノ)などに大きく影響を受けることになります。 ローランドのヴォーカルがここでも、楽曲の中心で歌い上げられます。 また、二人もこの曲に関しては気に入っておらず、方向性を変える必要性を強く感じ、1年のブランクをおきます。, こうしてブランクの間、新たなティアーズ・フォー・フィアーズの音楽の方向性が定まっていきます。 このアルバムは本国イギリスではNo.1を獲得、3曲のシングルヒットを含んで幸先の良いスタートを切りました。 サックスの音も、途中から異質に感じなくなり、楽曲に溶け込んだ風に感じられるのが不思議です。, ダークな雰囲気の歌なのですが、歌のメロディがいいので、つい聴きいってしまいます。 確かにそんな歌詞だと、雰囲気ぶち壊しですよね。 この曲はローランドがリードヴォーカルを務めています。 ップなども好きです😊80年代ファンの方、他にもオススメの名曲ありま(新着順) アメリカでも2ndシングルとしてカットされ、ビルボード誌シングルチャートで3週連続No.1、同誌Dance Club SongsチャートでもNo.1、同誌Dance/Electronic Singles SalesチャートでもNo.1、同誌Mainstream Rockチャートで第6位を記録しました。, この曲はいきなりサクソフォンのソロから始まります。 ングル・ヒットした。①は、ひどい時代なんだから、不満をぶちまけよう、と歌った曲。 そしてアメリカでは、アルバムから3曲が大ヒットしたのを受けて、リミックスヴァージョンという形で4thシングルとしてカットされシングルチャートで第27位を記録しています。, ここで静かな静かなバラードがやってきます。 加えて、最初歌詞は “everybody wants to go to war”といったもので、パッとしなかったように感じられてました。 また、シャッフルビートもこれまでのティアーズ・フォー・フィアーズにはないリズムでしたし、シャウトの厳格な感じと比べると明らかに陽気で異質なものでした。, そのようにローランドはこの曲に対して消極的だったのですが、プロデューサーのクリス・ヒューズの説得によりレコーディングが進められます。 基本的にはニューウェイヴ、シンセポップに属する内容となってはいますが、その緻密さが格段に上がり洗練の度合いが増していると思われます。, まず、80年代ど真ん中だけに、当時の流行をしっかりと取り入れてますね。 80年代らしい雰囲気のつまった、好ポップアルバムではないでしょうか。, 評論家の意見なんて、あまり気にしない方がいいかもしれませんね。 ャウト (shm-cd) (解説歌詞対訳付/紙ジャケット) (初回限定盤)/uicy-76218 その裏のベースラインもとても快適な耳障りです。, そして再びブロークンへ。 ところで、このバンド名は、アメリカの心理学者アーサー・ヤノフの心理療法によってインスパイアされたものとなっています。 ャウト (SHM-CD) (解説歌詞対訳付/紙ジャケット) (初回限定盤) 楽曲全体は重厚で荘厳な雰囲気いっぱいなのに、ポップスとしても成立している、80年代を代表する1曲になりました。, この曲は、イギリスで2ndシングルとしてカットされNo.1になったのを初めとして世界中で大ヒットを記録しました。 この戦略は効を奏し、バカ売れして、ティアーズ・フォー・フィアーズはアメリカで大ブレイクを果たすことになりました。, アメリカで1stシングルとしてリリースされたこの曲はビルボード誌シングルチャートで2週連続No.1を記録します。 僕が初めて彼らの音に触れたのはSHOUT(シャウト)という楽曲だったと思います。 シンセの飾り方も80年代ど真ん中のキラキラ感があふれてます。 これもポップス的にとてもいい曲になっていますね。 ャウト」が全米1位に輝き、世界的な成功を収める。92年にスミスが脱退し、オーザバルのソロ・プロジェクトとなったが、2004年に再結成。 ャウト」「ルール・ザ・ワールド」「ヘッド・オーヴァー・ヒールズ」などの世界的なメガヒット曲を収録し、全米No.1を記録したティアーズ・フォー・フィアーズのセカンド・アルバム。 バンド名は、History of Headaches。 ティアーズ・フォー・フィアーズ ¥ 1,200 (税込) フーズ・ザット・ガール. ルール・ザ・ワールド . コーラスのカートとの掛け合いもとてもいいです。 カッティングストロークが心地よく楽曲を飾ってますね。 ところどころに登場するサックスも、目立ちすぎずちょうどいい具合に曲を盛りたててます。