久手市(16.4%)で、次いで、みよし市、高浜市の順となりました。 6 世帯数 愛知県の世帯数は 3,240,761世帯で、前年に比べて 46,945世帯増加しました。一世帯当たりの世帯人員は 2.33人で、前年に比べて 0.03人減少しました。 愛媛県の人口を市町別にみると、県下20市町のうち、松山市が514,865人と最も多く、県人口の37.2%を占めています。次いで今治市158,114人、新居浜市119,903人、西条市108,174人、四国中央市87,413人と続きます。 市町別人口を平成22年と比べると、松山市が初めて増加から減少に転じたことで、全 … Japan Data. çœŒã®äººå£ã¨ä¸–帯(令和2å¹´9月1日現在)(PDF:603KB) 市区町村別の詳細統計表をExcel形式で公表しております。ご利用ください。 注)「※」の付いた年次は実績年を示す。 3 東京都の高齢世帯(世帯 … 高齢者の独居問題. 単独世帯の割合は、約20年後の2040年には39.3%まで上昇するという推計もあります。単独世帯のかなりの割合が賃貸住宅に住むという傾向が今後も変わらなければ、人口が減り続けている状況下でも、賃貸住宅の需要は堅調に推移すると考えられます。 詳しくは、 ・『日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)』(2019年推計)(2019.4.19)→ こちら ・ 単独世帯 単独世帯とは、「家に一人でいる」世帯のことを指します。 国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、全世帯に占める単身世帯の割合は2010年に3割を超え、2040年には約4割に迫るとい … è¨ˆã€‘令和2年住民基本台帳人口・世帯数、令和元年人口動態(都道府県別) ステム」のデータを使っています。 グラフのデータ(pdf:143kb)(別ウィンドウで開きます) å‹™çœã®å›½å‹¢èª¿æŸ»2によると、一般世帯数に占め る割合は減少の一途をたどり、平成12年に約10.1%だったのが、平成27年には約5.67% となっている。 図表1 一般世帯数に占める三世代世帯数の割合 2019年現在、共働きで生活している家庭ってとても多くなっていると思いますが、実際にはどのくらい割合なのでしょうか? 厚生労働省が出している統計データで共働き世帯数の推移が公表されていますので、見てみたいと思います! 東京都の世帯数(2015å¹´ 669万世帯)は、2035年に724万世帯でピークを迎え、以後減 少し、2060年は643万世帯へ • 単独世帯の割合は2035年に初めて50%を超える見通し • 高齢世帯(世帯主が65歳以上の世帯)数は、2050年の265万世帯まで増加傾向で推移 - Excel(29KB) CSV(4KB) 第15-3表: 世帯主が65歳以上の区市町村別単独世帯数 -世帯主:女- Excel(29KB) CSV(4KB) 第16-1表 人口過密で孤独な大都会東京:23区は単身世帯が過半数 社会 家族・家庭 2018.12.14 ¥æ¥­ãŒæ‰€æœ‰ã™ã‚‹å„種データを多面的に分析し、土地活用、賃貸物件経営、不動産投資などを検討している皆様のお役にたてるような情報を提供してまいります。 世帯人員数別の世帯数の割合を見ても、2人 世帯はほぼ横ばいで 27・6%、3人以上の世帯は 35・9%で増加傾向となっています(図2)。この36・4%で減少傾向にあるのに対し、単独世帯は うち高齢者の単独世帯は 17万世帯で、単独世 単独世帯の割合は、平成47年(2035年)に50%を超え、平成52年(2040年)には51.2% (表1) 表1 東京都の家族類型別世帯割合の推移. 女別・各歳・年齢3区分・年齢4区分・年齢5歳階級別人口(エクセル:234KB) 国民生活基礎調査は、全国の世帯及び世帯員を対象に、保健、医療、福祉、年金、所得等国民生活の基礎的事項を調査し、厚生労働行政の企画及び運営に必要な基礎資料を得ることを目的として、昭和61年を初年として3年ごとに大規模な調査を実施し、中間の各年は簡易な調査を実施しています。 なぜ同県の持ち家率が高いのかの謎は、世帯や就業状況を見れば解き明かされるでしょう。 富山県には単独世帯の割合が少なく、全国44位という低さです。一方、三世代世帯の割合が多く、こちらは全国5位の高さになっています。 〇この推計では、世帯はどのように分類されているのですか? ⇒表Ⅰ-1 本推計と国勢調査の世帯の類型. ¥æ¥­ãŒæ‰€æœ‰ã™ã‚‹å„種データを多面的に分析し、土地活用、賃貸物件経営、不動産投資などを検討している皆様のお役にたてるような情報を提供してまいります。 高齢者世帯数に占める単独世帯数割合 31.3% 32.4% 33.4% 34.6% 36.2% 高齢者世帯数に占める夫婦のみ世帯数割合 25.3% 25.1% 25.3% 25.4% 25.2% 高齢者世帯数に占めるその他世帯数割合 43.4% 42.5% 41.3% 39.9% 38.6% 〇単独世帯数の年次推移はどこを見ればよいですか? ⇒表Ⅱ-3-1 都道府県別 家族類型別世帯数の推移 [単独世帯] åˆèª¿æŸ»ã¨åˆã‚ã›ãŸåˆ†æž (学生や単身赴任世帯など継続居住意向のない世帯の調整)を今後実施。 平成30年住宅・土地統計調査の 公開日:2019å¹´6月21日 10時00分 更新日:2019å¹´8月 1日 11時10分 ひとり暮らしの高齢者、高齢者夫婦の世帯数が増えており、高齢者の社会的孤立が問題視されています。 4 65歳以上の世帯主の割合は、2040年には45道府県で40%以上に 5 世帯主65歳以上の世帯における単独世帯の割合は、2040年には全都道府県で30%以上に. 国民生活基礎調査は、全国の世帯及び世帯員を対象に、保健、医療、福祉、年金、所得等国民生活の基礎的事項を調査し、厚生労働行政の企画及び運営に必要な基礎資料を得ることを目的として、昭和61年を初年として3年ごとに大規模な調査を実施し、中間の各年は簡易な調査を実施しています。