ここでは WHO(世界保健機関)が過去に発表した2010年~2017年版の World Health Statistics(世界保健統計)に掲載されている世界各国の総人口のデータを記す。最新版は2018年版をご覧ください。 「版」は世界保健統計が発表された年で、それに掲載されている人口の統計は基本的にそれより過去のもので、表の見出しに年数を記した。1年前だったり2年前だったり、特に決まりがない。統計はWHO加盟国194(過去は193)の国と地域を対象としていて、毎年5月頃発表されている。人口データがなかった … 2050年の「世界で最も人口が多い国」トップ10 (かっこ内は2017年の推計) 1位: インド/ 16億6000万人(13億4000万人) 2位: 中国/ 13億6000万人(14億1000万人) 3位: ナイジェリア/ 4億1064万人(1億9089万人) タンザニアが2030年に19位、2050年には1 … 報告書では、2019年に77億人と見積もられている世界の総人口について、増加速度は低下しつつあるものの、増え続けていると指摘。国連の予測によると、2050年には世界の総人口は約97億人に、今世紀末までには約110億人に達するという。 PwCのレポートによると2014年以降の主要国のGDP(購買力評価ベース)推移は次の通りです。 2050年は中国がアメリカを引き離して世界第一位になることが分かります。 次いでインド、アメリカ、インドネシア、ブラジルの順です。 日本は世界第七位まで順位を落とします。 次に2014年の各国のGDPを1.0としたときの2050年のGDPの値を見てみます。 こうすることで各国のGDPがどれだけ伸びているかを見ることが出来ます。 グラフにしてみます。 インド、インドネシア、メキシコ、中国は2050年 … 2018年現在、世界の人口は約76億人にのぼり、 毎年1.1%(約8300万人)づつ増えています。 国連の世界人口推計によると、2030年までに80億人を超え、2050年には98億人になる予想がされてます。 とうとう100億人も目の前です。 ・Pew Research Center 「The Future of World Religions: Population Growth Projections, 2010-2050」, と増大していくと考えられていますが、人口予測はとても困難であり、実際には増加が止まる可能性も指摘されています。, 東南アジアは、ベトナム、タイ、インドネシア、フィリピン、マレーシア、シンガポール等を含む地域です。, サブプライムローン破綻を予測して巨万の富を手にした ジョン・ポールソン氏 名言、経歴、講演動画. 海外の機関が予測した2050年のgdp世界ランキング 2050年のgdpランキングは、海外でも発表されている。その中で最もよく知られている4つ機関によるランキングと、その中で示された日本の順位を見てみ … ※単位:百万人、出所:国連 ※2030年・2050年は国連予測データ 1. 2045年市町村将来推計人口ランキング. 2100年の世界人口は112億人、国連予測 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト ︎ 今こんなことやってます。 - LIFEEEEE! Why published populations for major world urban areas vary so greatly" より上位20都市圏の2003年年央推定値を掲載するが、その後推定人口の改訂が行われていないため、『世界の主要都市圏の人口比較表(人口200万人以上)』では比較掲載を見送る。 Amazonでダリル・ブリッカー, ジョン・イビットソン, 河合雅司(解説), 倉田幸信の2050年 世界人口大減少。アマゾンならポイント還元本が多数。ダリル・ブリッカー, ジョン・イビットソン, 河合雅司(解説), 倉田幸信作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。 スプートニク日本. 2016年→2030年→2050年の世界gdp予測ランキングと人口構成ピラミッドを各国で比較して老後資産に最適な国を予想した ナイジェリア、ベトナム、フィリピンは、2050年まで年平均でおよそ4.5~5.5%と比較的高い成長率が予想されているため、長期的にみると世界gdp順位が著しく上昇します。 マレーシアも2050年まで年平均で4%程度のペースで成長すると予想されています。 ョナーが劣化したので、再び同じ材料を貼った症例. 2050年の世界、中国減速もgdpは1位に 日本は成長最下位で7位 米国は ... 川口盛之助氏インタビュー 「世界人口が100 ... アクセス総合ランキング. 2050年には世界の人口は90億人を超えると言われております。 また現在の日本の人口は1億2650万人で世界で11番目の人口となっています。 2011年に世界の人口はついに70億人を突破しました。 増加率は地域によって異なり、さらに多くの国で人口が減少. https://population.un.org/wpp/Download/Standard/Population/ 前回ご紹介した調査(2015年)では、2050年の推計は97億人で一緒でしたが、2100年時点の人口は113億人という数字でした。最新版の予測では、人口増加が少し穏やかになっています。 人口減少を経験する … 2017年に国連が発表した「世界人口予測2017年改定版」によると、2017年の世界の総人口は76億人から、約30年後の2050年には29%も増加し98億人に到達するそうです。 あまりにも数字が大きいので実感が湧きませんが・・・、 今後30年間で3割以上も新たな人類が生まれ、2050年という次の時代を作っていくわけです。 まあ、どうなっているかわかりませんが、もし今のように、自分の保身だけの政治家が国を食いつぶしていた … ニューヨーク、6月17日 – 本日発表された国連の新たな報告書によると、世界人口は現在の77億人から2050年の97億人へと、今後30年で20億人の増加となる見込みです。. 2019年の世界の人口 国際比較統計・ランキングです。各国の総人口と国別順位を掲載しています。国連統計ベース。時系列データは1990-2019年まで収録。 2050年時点での世界の都市別人口数ランキング 上記のグラフからも分かる通り、世界の人口は1960年頃を期に大幅に拡大している。 20世紀までは先進国を中心に都市の発展が進んでいったが、21世紀ごろから発展途上国における人口増加がめざましい。 1. 2050年の世界の地域別人口と、宗教人口についてランキング形式で紹介します。人口規模をもとにしたトップ10について、それぞれの特徴や現在からの増加率や減少率についてまとめました。未来の世界情勢や世界環境を考察する上で参考になる情報です。アジアに加えて、アフリカの人口が大きく増加すると推計されています。, 2015年の約74億人から約32%増加する考えられています。1950年の約25億人に比べると、1987年には2倍の約50億人を超え、2015年には約3倍の約74億人、2050年には約4倍近くとなります。2100年にも約112億人と増大していくと考えられていますが、人口予測はとても困難であり、実際には増加が止まる可能性も指摘されています。, キリスト教は、紀元前1世紀よりイエス・キリストおよび弟子たちによって広められた宗教です。2012年の21.7億人から約35%増加することになります。, イスラム教は、7世紀頃にムハンマドが唯一神から啓示を受け、その教えを広めた宗教です。教えには宗教的な側面だけでなく、国家や社会全体に関わることを定めていることから、「教」という日本語は正しくないと指摘されており、「イスラーム」と記述されることがあります。2012年の約16億人から約73%増加することになります。, 南アジアとは、アフガニスタン、バングラデッシュ、ブータン、インド、イラン、モルディブ、ネパール、パキスタン、スリランカの国々が含まれています。インドが約16.6億人と地域人口の7割を占め、パキスタンが約3.1億人、バングラデッシュが約2億人になります。地域人口は2015年の18.2億人から約31%増加することになります。, ヒンドゥー教は、キリスト教やイスラム教徒は異なり、特定の教祖が広めたものではなく、紀元前20世紀以上前のインド地域の信仰が時代によって変化してきたものだと考えられています。主にインドの人口増加に従い、ヒンドゥー教の人口も増えると考えられています。2012年の約10.3億人から約34%増加することになります。, 東アジアには、日本、韓国、北朝鮮、中国、モンゴルの国々が含まれています。中国が約13.6億人と8.6割を占め、日本が約1.1億人、韓国が約0.5億人です。地域人口は2015年の約16.4億人から約3%減少することになります。, 特定の宗教に関係しない人口も考慮すべき点です。現在では地域別にはアジアに多いと考えられています。一方で、宗教的に関係しない人々の多くは、何らかの慣習や信念を持つ人々も多く、また、冠婚葬祭における宗教的慣習や行事にも従事している人々も多く存在します。2015年の約11.3億人から約9%増加することになります。, 東アフリカは、エチオピア、タンザニア、ウガンダ、ケニアなどの国々が含まれます。エチオピアが約1.9億人、タンザニアが約1.4億人、ウガンダが約1.1億人、ケニアが約1億人と予想されています。地域人口は2015年の約4億人から2倍以上に増加することになります。, 西アフリカは、ナイジェリア、コートジボワール、ガーナ、ニジェールなどの国々が含まれます。ナイジェリアが約4.1億人と地域人口の半数以上を占めると予想されています。地域人口は2015年の約3.5億人から2倍以上に増加することになります。, 東南アジアは、ベトナム、タイ、インドネシア、フィリピン、マレーシア、シンガポール等を含む地域です。インドネシアが約3.2億人、フィリピンが約1.5億人、ベトナムが約1.1億人です。地域人口は2015年の約6.3億人から約26%増加することになります。, 地域別には、ブラジルやベネゼエラなどが含まれる南アメリカで約5億人、メキシコなどが含まれる中央アメリカで約2.3億人、キューバやハイチなどが含まれるカリビアン諸国で約0.5億人です。地域人口は2015年の約6.3億人から23%増加することになります。. 1950年 の 約25億人 に比べると、 1987年 には2倍の 約50億人 を超え、 2015年 には約3倍の約74億人 、 2050年 には約4倍近くとなります。 報告書では、世界の人口を今年7月時点で71億6212万人と推計、以降、2050年に95億5094万人、2100年には108億5385万人に達するとの見通しが示された。 アフリカやアジアなど出生率の高い発展途上国での増加が著しく、100億人突破は2062年と予測されている。 国立社会保障・人口問題研究所の『日本の地域別将来推計人口(平成30(2018)年3月推計)』のデータを使用して、2045年の市町村の人口ランキングを作ってみました。 2015年から2045年の人口増減率によって色を付けています。 PwCによる「2050年の世界レポート」の2017版が発表され、新興国経済が予想以上の速度で急成長を遂げると予測されていることなどが判明しました。 2050年のGDP世界ランキングと推移 - 各機関の予測一覧 世界ランキング統計局. ナイジェリアが2030年に5位、2050年には米国を抜きインド・中国についで世界第3位の人口となる。2015年~2030年の15年間で約8,000万人、2030年~2050年の20年間で約1.3億人の人口増加となる。(ナイジェリアについての詳しい内容はこちらを参照:ナイジェリアの高い成長ポテンシャル/ETFか投信を設定してほしい) 3. 現在、 wBuyBuy というグローバル EC をやっています。 2018年の人口ランキングトップ10の中では唯一アフリカ大陸に位置する国。 2019年になり人口も大台の2億人を突破しました。 2050年には現在の2倍以上の4億人に達すると予測されている、アフリカの人口 … PwCは、「2050年の世界」をテーマにした調査レポート「長期的な経済展望:世界の経済秩序は2050年までにどう変化するのか?(The long view: how will the global economic order change by 2050?)」を発表しました。世界の経済力が、先進国から新興国へとシフトする長期的な動きは、2050年まで続く見 … 2050年、日本は世界の中に埋もれるのか。36年後の世界を統計データから読み解く 「ジャパン・アズ・ナンバー1」といわれ、 かつて世界から称賛された日本経済。 しかし今やgdpで中国に抜かれ、かつての勢いもなく… これから日本はどうなっていくのか。 その後2050年にかけては、米中経済がともに世界のgdpシェアを落とし2割台へ低下する一方、インド経済の台頭・拡大が本格化する。その結果、米中印で世界の半分のgdpを占めるが、いずれも絶対的な覇権国になり切れない状況が続くであろう。 ・国連人口部の推計人口統計(2017年) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 地域別には、ロシア、ウクライナ、ポーランドなどが含まれる東ヨーロッパで約2.6億人、フランスやドイツなどが含まれる西ヨーロッパで約2億人、イタリアやスペインなどが含まれる南ヨーロッパで約1.4億人、イギリスやスウェーデンなどが含まれる北ヨーロッパで約1.2億人です。だだし、周辺地域による移民等により予想が難しい地域でもあります。地域人口は2015年の約7.4億人から3%減少することになります。, 仏教は日本でも馴染み深い宗教であり、ブッタを開祖とし、アジアを中心に広がった宗教です。主に大乗仏教、密教などに分けられ、それぞれから様々な宗派が存在します。半数以上は大乗仏教の教徒だと考えられています。教徒数は2012年からほぼ変わらないことになります, 世界の地域と宗教別人口について、トップ10まで見てきました。アジアに加えて、アフリカの人口が大きく増加し、アフリカとアジアだけで約78億人になると推計されています。ちなみにアメリカ・カナダなどの北アメリカは約4.3億人(約22%増加)、オーストラリアやニュージーランド、太平洋諸島の国々が含まれるオセアニア地域は約0.6億人(約44%増加)になります。, 【参考資料・出典】 2050年の世界人口ランキングはインドが1位で、2位が中国、3位はナイジェリアとなっています。 「BRICs」の国々は成長著しいです。 ブラジル、ロシア、インド、中国の4か国すべてが順位を上げていま … 2050年、世界の人口はほぼ100億人になるという最新予測を国連が発表した。現在の77億人から約30%増える計算だ。それだけの人口が健康に暮らせる食料を供給することは可能なのか。 そうした学者に言わせれば、世界人口は2040年から2060年の間に90億人となり、その後は減少に転じる可能性が高い。今世紀末には、世界人口が現在と同水準にまで戻り、その後は二度と増えることなく減少を続けるという。 世界の人口は2018年現在、約74億人です。 私がまだ小学生くらいだった30年前、世界の人口は60億人だと学びました。 気がつけば、15億人ほど増えています。すごい速いペースですね。日本は少子化で人口は減っているのに、世 … 以上、2050年のgdpランキング予想。世界の勢力図はどう変わる?…という話題でした。 参考リンク: 過去を振り返ることで見えることもあります。117年の歴史で世界の株式市場はこのように変わっていま … インドは2022年~2025年頃に中国を追い抜き世界1位となる見通し 2. それでも、現状と比べてインドに抜かれて3位になる予測だそうです。 2050年時点で人口5000万人以上の国のGDPランキングは以下の通りです。